FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

須川岳(栗駒山)
2014年 8月 12日
岩手側から登ると須川岳?

IMGP3240 (540x360)

ひねくれたタイトルになってしまったが
岩手側では須川岳と呼称されてるらしい


本来天候が安定する、お盆時期になんと台風が通過。
その台風が太平洋高気圧の張り出しを弱めてしまったために
日本列島の真上に停滞前線が居座る形となった夏休み。
(梅雨が復活したような気圧配置)

てくてく隊は北秋田の秘境を沢で繋ぐ山旅を企画していたが
なんなく断念。

今更転進もできないや!ということで東北には出かけてみたが
日本海側は降雨続きで良いことなし。
Aが無積雪期の栗駒山に登ったことがないというので
須川高原温泉をベースにしてたった半日の晴れを生かして山頂を踏んできました。

登り口は須川高原温泉の鉱泉地の脇にあります。
IMGP3210 (540x360)

ここのお湯は良い湯でっせ!
白濁の硫黄泉で水素イオン濃度は2・2
強酸性の湯はちょっとした皮膚疾患をケロッと治してしまいます。

駐車場の奥には未だ雪を残した鳥海山を望むことができました。
石段をスタコラと歩いて賽の河原へ向かう。
IMGP3213 (540x360)

かつて火山だった山様はいたるところに奇岩を残す。
IMGP3212 (540x360)

IMGP3215 (540x360)

20分も歩くと最初の目的地、賽の河原へ到着。
IMGP3219 (540x360)
地図にはゆげ山と書いてある

IMGP3216 (540x360)
東へ舵を切って

名残ヶ原へ出てゼッタ沢沿いのコースを進む。
IMGP3221 (540x360)
ここは硫化水素ガスが充満するところで、危険と書いてある看板がある。

この先で硫黄のゼッタ沢を渡渉すると
昭和湖の畔に出ます。
IMGP3222 (540x360)
多分硫黄湖なんでしょう、白く濁ってます。

昭和湖周辺の動画(バイオトイレがありましたよ!)


ここからは傾斜の増した低木帯の樹林の中を登り
天馬尾根に合流する天狗平に着く。
IMGP3225 (540x360)
そしてここからは展望が開けます。
宮城側の景観
IMGP3232 (540x360)

IMGP3229 (540x360)

IMGP3226 (540x360)

残念ながら西側にある虎毛山や神室山方面はガスがかかり展望はありませんでした。
山頂方面
IMGP3228 (540x360)

ここを登ると一踏足で栗駒山山頂です。

IMGP3235 (540x360)

山頂は東西に長く宮城側の登路は石段と舗装道路のようなコース整備がされています。
ガスで湯を沸かしてスープを作って塩分補給を済ませると
笊森へ下るルートで下山開始です。

そうそう!
山頂には地元の民と思われる白ヘルメットにガイド腕章を付けた御仁がいました。
この人に北側にある山塊のことを聞きました。
A   「北側に見えている山々は何山ですか?」
御仁 「・・・・・?? えっと!栗駒国定公園の山です」
A   「和賀岳とかですか?」
御仁 「和賀岳は見えてない・・・ん? 栗駒国定公・・・・ん? や、や、焼石かな?」
B   「地図で見ると焼石連邦のようですね」

百名山ハンターの多い山頂では早池峰や岩手山を聞く人が多いらしく
その辺の解答は方位や距離など詳しい説明をされていましたが
地元の山には疎いようでした(灯台下暗しですな)

たおやかな尾根を見下ろしながらAが「スキーで滑ったら良いよ、この尾根!!」
あ~で、こ~でとシュミレーションしている。

見えますかね?写真の中央に見えるピンク色の建物が笊森避難小屋です。
IMGP3237 (540x360)
右のピークが笊森です。

この後、産沼を経て名残ヶ原へ戻り
温泉へ下山しました。

高原温泉の建屋と奥に見えているのは鳥海山。
IMGP3211 (540x360)

晴れていれば暑さ全開の登山でしたが適度に曇っていたために
それほど汗をかかずに済みましたよ。

タイム:グルッと回って4時間ちょっと













関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

岩手 | 15:54:39 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
お~栗駒山ですね!
昨年登った時 山頂は雨でしたので
展望を楽しませて頂きました<(_ _)>

栗駒山荘の露天風呂に入りましたか?
2014-08-20 水 16:10:40 | URL | ショコラ [編集]
ショコラさま
そうですよね~
昨年行かれましたよね。天気悪かったのね?
晴れてはいなかったけど、降られずにすみました。
温泉は、栗駒山荘ではなく 須川荘で入りましたよ。
とっても温泉らしい かけ流しのイイお湯でしたよ。
東北は良いですよね!大好き!(あの旅行がきっかけかも)
2014-08-20 水 22:47:51 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する