FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
220位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

四阿山(浦倉山~茨木山周遊コース)
もうすっかり秋なんだ~

2014年9月27日(土)

0030.jpg
(渋峠方面が、よく見えますよ)

今年は、8月の天候が悪かった反動か 9月の週末は天気に恵まれている。
随分前に、長野側からは登っている四阿山を 群馬側からのグルリップで行ってみましたよ。


パルコール嬬恋スキー場の駐車場。
この時期、ホテルも営業をしていないようでガランとしていた。
0001_20140928182247429.jpg

野地平へ向けて、ゲレンデ横から歩き始める。
0002_20140928182248256.jpg

秋めいた静かな林の中を40分程行くと、野地平への分岐に出る。
0003_20140928182250ef0.jpg

青空も広がってきて、色づき始めた道を浦倉山へ向けて歩く。
あ~すっかり秋だな~
空気もひんやりとして、なんて気持ちが良いんだろう!
P1060986 (560x373)

道端に、やたらと竜胆があった。踏まないように歩くのが大変。
0005_20140928182424966.jpg

P1060985 (560x373)


マツムシソウですよね?
0006_20140928182423b9b.jpg

この気持ちの良い道の先、樹林帯に入ると笹が結構茂っていて 朝露で結構ビショビショになってしまった。
途中、後ろからトレランの男性に抜かされた。
0007_20140928182422f98.jpg

野地平から1時間強で浦倉山。
爽やかな晴天の元、しばし休息。
0008_20140928182422be4.jpg

ケーブル山頂駅に向けて歩き出すと、いきなりまたもやの笹薮。
0009_201409281824211c2.jpg

ゲレンデトップと思われるところの「愛妻の鐘」なるものがあったので鳴らしてみましたよ。
向こう側は雲海です。
0010_2014092818242191a.jpg

アップダウンを繰り返していくと、右手に根子岳の稜線が見えてきた。
赤い色づきが緑の中にあり、何ともイイ感じ~
0011_20140928182453d33.jpg

左手後方には、志賀高原方面が見える。
渋峠やら草津白根が良く見えた。
0012.jpg

こんな感じの、静かな林の中を進んでいく。
0013.jpg

茨木山への分岐を過ぎ、頂上への道
0014.jpg

ちょっとした岩場がありました。
0015.jpg

あの先っちょが頂上。人がいるのが見える。
0016.jpg

山頂には、たくさんの人がいましたよ。
ちょうどこの頃、御嶽山が爆発していたなんて・・・・まったく気が付かなかった。
0017.jpg

以前来たときは、ガスガスで何も見えなかったけど 今日は大展望です。
(パノラマ写真なので、くりっくしてね。根子岳方面)
0028.jpg

歩いてきた浦倉山方面とその奥の志賀高原方面
(パノラマ写真なので、クリックしてね)
0029.jpg

根子岳
P1070009 (560x373)


40分程頂上でランチ休憩をした後、分岐に戻り茨木山方面へ
0018.jpg

分岐の後、かなり足元の悪い急下降を過ぎると 頂上から見えたザレの場所に出る。
雲海の上に、浅間山方面が見えている。
0019.jpg

写真のように、オレンジ色に染まってしまいそうなところを抜けていくと・・・
0020.jpg

すっかり秋の装い
P1070021 (560x373)

P1070019 (560x373)

鬼岩との表示がある先にあった岩場。
まるで、人口の石垣のようだった。
0021.jpg

茨木山への道は、笹薮が生い茂り 足元が全然見えない。しばらく刈り払いをしていないのかも。
足先で探りながら歩くので 結構神経を使う。
0022.jpg

やっと茨木山に到着。看板等は無く、木に巻いてあるテープに茨木山と書いてあるだけ。
ここから道は90度に折れ、沢に向けて下降する。
膝痛に悩まされている身にとっては、随分と長い下りに感じる。
0023.jpg

一つ目の沢には、腐って朽ちた橋の横に、濡れて滑りそうな丸太橋がかかっている。
0024.jpg

二つ目の沢には、立派なつり橋がかかっていた。
0025.jpg

茨木山から50分程で車道にでた。
ここから駐車場まで戻るのに、40分程の登りが 疲れた足には結構な負担だったなあ。
ヒッチハイクしたい気分でしたよ。
まあ、通りかかる車は若いカップルみたいな人達だから 汗臭いおばさんを乗せてくれるわけないけど。
0026.jpg

タイム:駐車場8:00-野地平分岐8:40~8:50-浦倉山9:55~10:15-四阿山山頂11:55~12:30-茨木山14:30~14:40-駐車場16:20

浦倉山への登りも茨木山への道も、笹薮の刈り払いがあまり行われていないようで 道はわかるけど足元が見えないところが多かったです。
膝痛のせいもあるのかもしれないけど、地図のコースタイムが結構いい加減な感じがしましたね。
下りが非常に長く感じました。六林班峠を思い出しちゃいました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 22:43:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する