FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

奥久慈男体山~月居山~生瀬富士
低山ながらも侮れないアップダウンと美瀑を上から見る

2014年11月15日(土)

一年ぶりくらいに、奥久慈はどう?ってことで まだ歩いていないコースをピックアップ。
奥久慈男体山と生瀬富士を繋いでみようじゃないの。
紅葉の滝を上から見てみたいし、天気も良さそうだしね。

0036_2014111900015675d.jpg
有名な滝を上から見る


計画では、上小川駅に車を停めて袋田駅まで一駅列車に乗り 生瀬富士から男体山経由で上小川駅に戻る予定だったのだが、下り列車の始発7:35より1時間近くも前に着いてしまった。
寒い中待っていてもしょうがない。 じゃあ、逆コースで周ろう という事に。
0001_20141118235734eb2.jpg
(上小川駅舎)

寒い時期にしか、奥久慈の山に来ていないが 今日もとっても寒いですなあ。
駅を出発し、国道のガードをくぐり 学校方面へは道が右へカーブする手前を左に入っていく。
学校沿いに進み、右手に入っていくと標識が出てきた。
ひとまず、長福山方面の道を行くと林道を横断した。
0002_2014111823573334c.jpg

やけに奥行の無い石段を上がり、観世音堂にお参りをする。
先も長いので、長福山の頂上はパスしましたよ。
0003_20141118235732f7c.jpg

一旦、林道に出て 標識に従って行くと、男体山駐車場。この奥から再び登山道に入る。
0004_20141118235732e8a.jpg

こちら側から男体山に登るのは、初めてだな。
0005_2014111823573105f.jpg

火事場跡を抜けて縦走路と合流し、そこから15分程で男体山頂上。
さすがに、人がたくさんいましたよ。
0006_20141118235731d10.jpg

海も見えた。
0007_201411182359037d1.jpg

先程の分岐に戻り、先に進むとなかなかイイ感じ
0008_2014111823590312a.jpg

白木山への分岐を90度左折で下っていく。
0009_20141118235902683.jpg

イイ感じの紅葉の中、ところどころ落ち葉で滑りやすいところもあったり、鎖が付いたところがあったり
0010_20141118235901689.jpg

トラバースしたりアップダウンしていると「第二展望台」があった。
0011_20141119000812bff.jpg

その先、紅葉の美しいところを抜け 岩壁の上が・・・
0012_20141118235900bea.jpg

「第一展望台」だった。
今日は、一日中晴れだと思っていたがこの頃、パラパラと雨に降られた。
以前、男体山に来た時もそうだったが、この辺りはちょうど雲が湧くのか 南の方は晴れているのに頭上には雲、というパターンが多いのかも。きっと雨雲の通り道なんでしょうね。
0013_20141118235939f34.jpg

さらに月居トンネルの上を岩場経由で越え、月居山への急登をゼーゼーと登る
0014_20141118235939363.jpg

城跡だけに山頂は、小広い場所だった。
0015_20141118235938697.jpg

一旦、鐘楼のところまで下る。
お堂の横の階段を、またもやゼーゼーと登る。この辺りには観光客も結構きてますね。
0016_201411182359382d0.jpg

ピークを越え、コンクリートの階段を下っていく
すでに、結構膝に来てるんだな~(泣)
0017_201411182359373de.jpg

生瀬富士が良く見えますよ。
って、この段階で 一旦川床まで下って あそこまで登り返しか~いと 弱気な精神が頭もたげて来てたのよねー
疲れてきたし、膝痛いし。ま~川床まで行ってから 進退決めましょ。
0018_20141118235936e98.jpg

生瀬滝の上にある一軒家の横から浅瀬を渡り
最後は狭い流れのとこを選んで飛び越えましたよ。
一休みしていると、ここで帰っちゃうのももったいなくなって来た。
疲れてきちゃってるけど、やっぱGO-!!でしょ。
0019_20141119000021e77.jpg

尾根を上がっていくと・・・・ありましたよ!袋田の滝を上から望める場所が!
例の、有料トンネルくぐって行く観瀑台から見える滝の上流って 多段の滑滝だったんですねえ。
0020_20141119000020bce.jpg

へ~!こんな深い釜も持っていたんだな~
0021_20141119000019356.jpg




その先進むと、紅葉もあったり
0022_20141119000019a24.jpg

なるほど。観光客はこの道から上がって来るんですね。
0023_20141119000018a00.jpg

トラロープのある急登があったり、こんなところもあったり
0024_201411190000176d0.jpg

「かずま」から25分ほどのところで、再度 滝のビューポイントがありましたよ。
0025_20141119000113524.jpg

最後の急登か~?と思って登ってみたら 立神山でした
ひゃ~、生瀬富士は あの先のピークだわ
0026_2014111900011237f.jpg

下ったら、登り返さなくては・・
0027_20141119000111565.jpg

やっと着きましたよ。生瀬富士
冷たい風が急に吹いてきましたよ。
0028_201411190001112f0.jpg

男体山方面
0029_20141119000110a44.jpg

これから下る方面。林道は真中の削れたとこだな、きっと。
0030_20141119000109c11.jpg

下り始めは、かなり急で ロープがついているところも。
0031_201411190001582b5.jpg

先程頂上から見えた 林道のところに出た。
0032_201411190001580e6.jpg

振り返ると山頂が。
そのまま林道を下り、再度登山道に入り 薄暗い道を行く。
0033_2014111900015739e.jpg

山頂から40分程で車道に出た。
月居山方面を望む。
0034_20141119000157689.jpg

観光客の渋滞の車列を横目に、無人駅の袋田駅まで歩き 40分待ち。
たったひと駅だけど 今回密かに楽しみにしていたディーゼル車に乗って上小川駅に戻った。
0035_201411190001560c6.jpg
(袋田駅舎)

タイム:上小川駅6:50-観世音堂8:05~8:25-男体山9:30~9:45-第一展望台11:50~12:00-渡渉点13:15~13:25-生瀬富士14:45~15:00-袋田駅16:05

いや~アップダウンもあるし、距離もそこそこ長いし 低山とはいうものの結構疲れましたよ。
生瀬富士をパスしちゃおうかなと考えが頭をよぎってしまうなんて、私も根性なくなったなー。
膝痛ばかりか、精神まで老化してきちゃったのかな~と感じた山行でした。
心身ともに、スタミナつけなきゃな。

トレックルート(click please)
今回歩いた全体軌跡
月居山jpeg

地形図上にトレースの無い部分(生瀬滝上渡渉点~生瀬富士)
生瀬富士jpeg2
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

茨城 | 10:31:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは。

これまたロングルートですね。
昨年てくてく隊の記録を参考に男体山に登りましたが
私は大円地からのピストンでも結構疲れました。
このルート地形図で見ると
15~16kmくらいはありますでしょうか。
2014-11-22 土 08:47:28 | URL | 爺親 [編集]
爺親サマ
男体山に、行かれたのですか。
このコース、距離もさることながら登り下りが多いのでついつい エスケープしちゃおうか~という気持ちになりやすかもです。
紅葉は、ちょっと早めだったかもしれません。
2014-11-22 土 21:56:51 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する