FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

妙義 金鶏山
妙義 金鶏山

2012年 11月 10日(土)

西側から見た金鶏山の山頂、右のスカイラインを登る
P1040341.jpg

昭文社の山と高原地図には登山禁止となっている星穴岳と金鶏山
コンプライアンスプログラムに抵触するか否かは審議の対象となるところだが
現にプロガイドなども御客を引きつれて登山に来ている.



要は自己責任のもと
危険回避能力と技術を持つ者だけが
足を踏み入れることで暗黙の了解としているのだろうか

見晴らし駐車場から西へ向かって車道を歩き出すと
200m先の右カーブ手前に登山道の階段がある

入山ご遠慮くださいとの標識がある登山口
P1040319.jpg

のっけから、ふくらはぎが引きつりそうな急登が続く

P1040321.jpg

真南からの尾根が合流すると
出ました、溶岩の岩稜帯
ホールドもスタンスも問題ないが
傾斜はきつい

P1040322.jpg

P1040323.jpg

上部へ行くほど斜度が強くなり
トイ状とでも言うべき溶岩の流れた跡が滑り台のよう

ここのトイ状の中はザックが引っかかった
体型が太めの方は通るの厳しいかも

P1040324.jpg

用心のためにロープ確保で上部へ抜ける

P1040325.jpg

山頂直下は切れたナイフが続く
山頂は複数の石碑が鎮座している

1_20121113230827.jpg


山頂からの妙義金洞山

P1040331.jpg

P1040329.jpg


松ノ木ピークを越えるところは慎重なルートファインディングを要する
その後、コルから西側をトラーバースする核心部

P1040334.jpg

ここもロープ通過した

この後、メインイベントの筆頭岩の登攀があったが
ここまでに予想以上の体力と時間を使ってしまい
お腹も一杯になっていたので
またの機会に登ることにして一本杉に下山した

筆頭岩西側を巻くトラバース道から下を覗く

P1040337.jpg


下には直近に車道が通っていて
我々登山者が起こした落石はダイレクトに
アスファルトに落ちていく

間違っても落石だけは避けなければならず
慎重な足運びが要求される

登山禁止の所以もこういった
デンジャラスなルートであることが要因となっているのだと思う

さくらの里から見た筆頭岩のスカイライン

P1040338.jpg


車道上にあるビュースポット
P1040339.jpg
左が金洞山、右のピークが筆頭岩(写真をクリックしてね!)

タイム:見晴らし駐車場8:20~金鶏山10:00~一本杉13:00
参加者:てくてくA てくてくB
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

群馬(岩) | 12:40:03 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
今日はありがとうございました♪

FC2ブログランキングに登録してね~
2012-11-15 木 19:15:07 | URL | ショコラ [編集]
Re: タイトルなし
> 今日はありがとうございました♪
>
> FC2ブログランキングに登録してね~
こちらこそ、ありがとうございます!
これからも、よろしくね!
2012-11-15 木 22:37:48 | URL | tekutekudoujin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する