FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
220位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

日白山(にっぱくさん)
春が足踏みをしていますね

2015年4月12日(日)

0004d.jpg
こんなにも天候の安定しない4月というのも珍しい
天気図を見ると梅雨前線のような停滞前線が列島の南岸に居座ってたりする

晴れが約束された日曜日を活かして晩春(内容は早春)の雪山へ繰り出しましょうか


前夜に国道17号で三国峠越をして
二居集落にある国道管理事務所の除雪ステーションにて仮泊
ここにはトイレがあります

翌朝は-2度と冷え込んだ
ここから、ものの1分で集落へ分け入る生活道路へ分岐
この分岐にある「宿場の湯」の前の駐車スペースへ車を置き身支度をする
R0000257 (540x358)
続々と到着する登山者で
アッという間にスペースは満杯状態になりました

集落から二居峠に向けて歩き出す
集会所らしき建物の中で、地方選挙の準備委員の方々が投票準備に追われていました
ご苦労様です

ここより旧三国街道(右)へ分け入る
R0000258 (540x358)

直ぐに神社の鳥居横を抜けて尾根にとりつく
峠までは傾斜が緩いのでツボ足で歩いたが、結構凍っていました
R0000260 (540x358)

30分で東屋のある二居峠へ到着。
R0000261 (540x358)

峠から眼下を見下ろす
中央の谷筋は国道17号
R0000262 (540x358)


ここでアイゼンを装着、ザクザク音を響かせて東谷(ひがしたん)山へ足を進めます
0003c.jpg

尾根上は雪が切れ切れでかろうじて雪庇の付け根が残っている感じ
踏み抜かないように雪と藪のコンタクトラインに足を置く
0002b.jpg

一汗かくころに送電線(たぶん南新潟幹線)の鉄塔下をくぐる
R0000271 (540x358)
鉄塔をくぐり振り返ると苗場山が見えた

尾根は広がったり痩せたりしながら一定の斜度で高度を上げる
R0000274 (530x800)

中央の白い三角山頂はタケノコ山、左下には苗場スキー場が見えている
R0000270 (540x358)

周りはダケカンバとブナの混成林
秋だったら黄色がさぞかし奇麗なことだろう
R0000275 (540x358)

大きな斜面を登りきると
やっとこさ東谷山の山頂に着いた
R0000282 (540x358)
山頂からは360度展望の御褒美が待っていた
大きな平標と仙ノ倉がどっしりと横たわっている

広い山頂の一角にビバーク時のテン場跡があった
その横に見事な金塊と、黄金色の模様をあしらったペーパーの山が…
登山者にあっては、できればこういうデリカシーの無い行為は慎んでいただきたい
というのが本音です

生理現象自体を否定はしませんが(我々もやりますから)
せめて傍から見えないような処置をすべきと常々思います

金塊には土や雪をかけて見えないようにして、ペーパーは焼く
これだけでも他者を不快な気分にさせないで済みますよね
偉そうなことは言えませんが、我々も自然に対してはローインパクトを心がけていきたいです

東谷山頂にて山座同定中のA
R0000284 (540x358)

西側、苗場山方面のパノラマ
0007g.jpg

で、目指す日白山はというと
まだあんなに遠い
小さいのも入れると4つ先のピークです
R0000283 (540x358)

気を取りなおして先に進みましょう!
100m降下します
R0000287 (540x358)

お日様が燦々と降り注いで暑いです
雪も腐りだしてグズグズ

1590mのピーク手前の急傾斜をジグザグを切りながら
ふくらはぎパンパンで登り
ここが頂上直下の最後のスロープ
R0000295 (540x358)

兎のトレース
R0000293 (540x358)
前足と後足が判りますか?
どちらに進んでいるか判りますか?

到着した時は山頂には誰もいませんでした
パノラマです
手前の尾根はタカマタギに続きます
中央の低いのは飯士山、右奥に八海山と越後駒も見えてます
0008h.jpg

パノラマ
右から平票、仙ノ倉、万太郎へと続く国境稜線
0009i.jpg

頂上からの360度の展望


山頂には40分ほど居ました
休んでいた時に地王堂川沿いを上がってきた御仁に会いました
状況を聞いたら特段危険はなさそうなので
帰りの登り返しは嫌だということで沢ルートで下ることに

平票へ至るルートに入り尾根を一気に下降します
1500mのコルから日白山を振り返る
R0000302 (540x358)

ここから西側の谷に向けてルートを読む
こんな感じの急傾斜
R0000303 (540x358)
スリップすると100mは流されるので
傾斜が緩むまで慎重に下ります

斜面から日白山
R0000305 (540x358)

で、緩傾斜帯になると
R0000306 (540x358)
ぐ~んとスピードが上がります

地王堂川を右岸に渡ったところから林道になります
このルートは高度下げるのは早いのだけど
林道歩きがちと長いかな
でも帰りの時間短縮にはなりますよ

宿場の湯6:30-峠7:10~8:22-8:15~8:22-東谷山9:07~9:17-
日白山10:00~10:40-11:30~11:37-舗装道路12:10~12:18-宿場の湯12:30
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

新潟(雪) | 15:51:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ああ、やっぱりこの辺りの春山はいいですね!
できれば、もう一度いってみたいです。
2015-04-22 水 21:15:25 | URL | さち [編集]
さち 様

おはようございます!
上越の雪深い山々は春が良いですよね。
登山道の整備されていない山
積雪期のみ踏み入れることのできる山
第一級の難ルートを抱える山より
こういった山々に魅力を感じます。
最近は…
2015-04-23 木 08:58:22 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する