FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
282位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

真昼岳(赤倉コース)
暑いのなんのって~

2015年5月3日(日)

GWの天気予報に、計画が二転三転いやいや四転五転してしまい 最後は現地判断と言う事で乗り込んだ東北。
4日の予報がすぐれないので、第一希望は、あえなく却下となりちょっと興味のあった真昼岳のピストンでもしてみますか。

0030_20150512215447963.jpg



朝から晴天で、昨日同様暑くなりそうな予感。
ダートの林道を行き赤倉登山口に駐車場する。既に2台の先行車がある。

(写真は駐車スペースから 林道方面と登山口)
0001_20150512215120c60.jpg

登山道に入ると、すぐに小沢を渡るが橋の上にカエルがうじゃじゃ・・・・とてもじゃないが、進めない。
Bに露払いをしてもらい、「絶対にこっちに来るな!!」と叫ぶしかなかった(泣)
Aにとっては、この場所が今回の核心部分だった(泣)
0002_201505122151194f4.jpg

登山道は、小沢沿いに何度も渡り返しながら進む。途中、残雪の上を越えたりして 正面に滑滝が見えてくる辺りから沢を離れ、左手の斜面を登っていく。
0003_2015051221511989a.jpg

「石台」と書いてある標識があったが、石台って何だろう??
0004_20150512215118725.jpg

太くは無いが、ブナの林が広がってくる。残雪とブナのこの組み合わせって、この時期ならではの美しさですね。
こういう景色って、心の底から素晴らしいと感じる。
自然保護員とやらの腕章を付けた旗竿を持った男性が降りてきた。
残雪による道迷いが無いように、マーキングをしているようだ。
0005_20150512215117fd4.jpg

0006_20150512215117b81.jpg

「真昼ブナ林」の標識。
そうか~、ここはブナ林が有名な訳なんだな~
ブナの新緑って、どうしてこんなにも見ているだけで気持ちが和むんだろうな・・・・
0007_20150512215333a37.jpg

それこそ、空気が緑色って感じですよ。
あまりの気持ちよさに、しばしの休憩。緑の空気の中でうっとりとしてしまいました。
0008_20150512215332f3a.jpg

ブナ林の動画(鳥のさえずりが これまた花を添える~)


地形図の登山道と違って、ピークを巻くように道は付いていてるが、その道を登っていくと尾根に飛び出る。そこに「やせづる尾根」の標識があった。
0009_2015051221533275a.jpg

ここに出てくるまで、それ程残雪が無かったが この尾根上にはまだ残っていた。
和賀岳が見えてくる。
0010_20150512215331c26.jpg

真昼岳の頂上もよく見える。
0011_201505122153317a2.jpg

尾根上に残る雪に乗ったり、藪があったりと この尾根上は結構歩きにくかった。
それに、風もなく日ざしも強く とにかく暑い~
0012_20150512215330439.jpg

ゼーゼー言いながら稜線に飛び出る。
0029_201505122249188ec.jpg

小屋も見えてきましたよ。気持ちの良い尾根を頂上に向かうんだけど、風もなくとにかく暑い・・・
0013_2015051221541528d.jpg

やっと、頂上に着きましたよ。先行者2名がいました。
0014_20150512215414e5e.jpg

とてもじゃないけど、暑すぎて外でランチする気が起きないので「三輪神社」の祀ってある山頂小屋の中で休憩させてもらいましょう。
0015_20150512215414668.jpg

パノラマです(和賀方面)
0016_20150512215413a3a.jpg

パノラマです(焼石方面)
0017_20150512215413a91.jpg

パノラマです(横手方面)
今日も、白ちゃけちゃって 鳥海山の影も形も見えません。
0018_20150512215412323.jpg

和賀岳。夏に行った時 暑かったな~・・・・
0019_20150512215449b66.jpg

登って来た尾根。後ろは美郷町
0020_2015051221544871e.jpg

さーて、また暑い中下りましょう。
和賀を見ながらの 分岐までの道は、なかなか気持ちの良いところですね。
0021_2015051221544895d.jpg

下ってきたら、風が出てきて少し涼しくなってきた。登りでもう少し風が吹いてくれていたらなー。
帰りも、ブナ林の中で休憩をして、またもやウットリしてしまいましたよ。

そして、最後の核心!行きよりももっと沢山のカエルが橋の上に乗っていたので またもやBに追っ払ってもらったのは言うまでもありません(泣)
何で、こんなにカエルが怖いんだろう?もしかして 前世が蠅だったのかも・・・・

とにかく、滅茶苦茶汗をかいたので千畑温泉ハイアールというところでさっぱりとしましたよ。

今年は、本当に雪解けが早いようですね。もう少し残雪を期待していたのだけど1000Mちょっとの標高で、前日横手が29度とか言っているのだから溶けて当たり前ですね。
とっても暑い登山だったけど、やはり秋田の山はブナが素晴らしいですね。

タイム:駐車場9:30-真昼岳頂上12:30~13:10-駐車場15:10
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田 | 23:38:52 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
笑えますね。
カエルが苦手でしたか。
蛇と違って直接的な危害は無いと思われますが意外でした。

私は大きな羽音を立てて近づいてくる昆虫が嫌です。
大方は蜂や虻の仲間でしょうけど。
耳元でブ~ン!なんて来ると鳥肌もんですよ。
2015-05-13 水 13:38:07 | URL | 爺親 [編集]
爺親さま
蛇は大丈夫なんですが・・・
動かないようでいて、突然ピョン!と飛んでこられた事があってそれ以来恐怖です。
アマガエルのような小さいのは大丈夫なのですが、あのイボイボや黄土色のを見るとすくんでしまいます(泣)
誰にでも、苦手なものはありますよね。。。
2015-05-14 木 00:17:36 | URL | てくてくA [編集]
名前は・・・
名前だけは知っている山ですが、東北の山は数えるほどしか登った事がありません。登りたい山は沢山有るのですが・・・。カエルは我が家の中にも時々入りこんで来て、私の横で寝ています。
2015-05-14 木 09:04:02 | URL | インレッド [編集]
インレッドさま
お越しくださり、ありがとうございます。
今回の新緑もそうですが、昨年行った、森吉付近の黄葉といい 秋田のブナ林の美しさには圧倒されます。
え~!カエルと添い寝ですか!
夜中に目覚めて、横にカエルが寝ていたら 私ならそのまま気を失うでしょう・・・
2015-05-14 木 10:09:25 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ