FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
297位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

巣神山~小法師岳
ツツジはどんな具合?&ここにも、撤去族が襲来か?

2015年5月17日(日)

昨年のちょうど今頃訪れた、袈裟丸山へと繋がる二子山への県境尾根が ツツジのトンネルの素晴らしい尾根だった。
恐らく、この周辺の尾根は 同じような植生だろうからという事で地形図を見ていると 良さげな山があるじゃないの。

0001_2015051823365762c.jpg



庚申ダムの駐車場にて支度をして、少し戻り滝沢を渡りお墓の裏の尾根にあがる。
0002_201505182336569f0.jpg

ネット情報だと、踏み跡があるようなのだが それ程はっきりしたものは見つけられず、とりあえず急な林の中をひたすら登っていった。テープ等は、ほぼ無かったが、尾根を外さなければ良いだけなので問題ない。
0003_201505182336551b5.jpg

はっきりした尾根を行く。
0004_20150518233654620.jpg

地形図上の登山道と合流してからは、良さげな尾根になっていく。
0005_20150518233654ae1.jpg

新緑とツツジと芝とお饅頭のような岩。
やはり二子尾根と似たような景観だ。
0006_201505182336530d7.jpg

下の方では散っていたヤマツツジが、それ程標高差があると思えないのに 登るにつれて満開となっている。
0007_20150518233730743.jpg

巣神山の山頂。林の中なので、展望は無い。
三角点があるので確認できたが、山名プレートは無かった。かつて括ってあったと思われる紐のみ存在。
0030_20150519224305438.jpg

巣神山から、笹がだんだんと多くなる。
0009_20150518233729871.jpg

鹿のフンを踏みながら笹の中の踏み跡をたどる。
0010_20150518233728a0c.jpg

笹尾根の両側には、しだいに ミツバツツジ、シロヤシオが出てくる。
0011_20150518233727c50.jpg

木々の間から、小法師岳の頂上方面が見えてくる。
0012_20150518233727fed.jpg

一旦、下って・・・
0013_20150518233806d5a.jpg

時折、歩きにくい膝くらいまでの笹の中を歩いたりしながら登り返すと右手からの尾根とぶつかるところに標識が付いていた。とても明るい場所で、テントで泊まったら気持ち良さそう。
0014_201505182338065ea.jpg

笹の中を軽く下ってから、踏み跡を登っていく。
0015_20150518233805bf7.jpg

笹原を登っていくと、小法師岳のプレートがあった。
0016_201505182338052bc.jpg

ひとまず、もう一投足先の三角点まで行ってみた。
ここには、何一つ山名を示すプレートは無かった(数年前の写真には、複数のプレートがあったが・・・)
先程の、プレートのある場所の方が景色が見えるので戻りましょう。
0017_20150518233804f1f.jpg

日光白根の先っぽ。
0018_20150518233804d29.jpg

皇海山と手前の鋸尾根。
0019_201505182338593d6.jpg

この小法師のプレートも、半分にちぎれて下に落ちていた。
金属のプレートを何度も折り曲げてちぎった感がある。
個人的プレート撤去族が、ここにもお出ましか?
0020_2015051823385939d.jpg

頂上でしばらくランチ休憩をとるが、結構風が強く、すっかり汗も引いて涼しいくらいになってきたので来た道を戻りましょう。
0021_201505182338583d9.jpg

途中、ツツジの木々の間から 男体山とその手前の社山が見えた。
0022_20150518233857c15.jpg

太陽光が上から射すようになってくると、グリーンシャワーが注ぐようになってきて とても気持ち良い。
0023_201505182338574d5.jpg

頂上から1時間強で、再度 巣神山で休憩。
周りの斜面を見てみると、ありましたよ。山名プレート。
この折れ曲がり具合は、明らかに 引っ剥がして足で踏んで曲げてある。
いったい、こういう事やるのは誰なんだろう??
プレートが気に入らず撤去するなら、何故持ち帰らずその辺に投げ捨てるのか?理解に苦しむ。

プレートが取り付けてあったらしい紐に再度括りつけておく。
ちょうど、タイミングよく団体さんがやって来て そのプレートの前で記念撮影をしていた。
0024_20150518233856d57.jpg

団体さんは、巣神山ピストンらしいので 一足先に我々は下山。
来る時には気が付かなかった「草刈スキー場跡」の標識があった。
0025_201505182339162e1.jpg

登りの時より 気のせいかヤマツツジがたくさん咲いているような。
そんな中を気持ちよく歩く。0026_20150518233915e20.jpg


が、登山道から尾根に入り 踏み跡も不明瞭な最後の急降下では 右手を使えない不自由さで、Aが非常にもたもた下るので すっかり時間がかかってしまった。
最後は、お墓の中を「ごめんなさい!」と言いながら 通らせてもらいましたよ。

時期的なせいか、植生のせいか 二子尾根よりこちらの方がツツジは少なかったようですね。

それにしても、マムシ岳の時のように 今回もまたもや「看板撤去族」の行いには 異常さを感じざるを得ない。
個人的な看板設置を複数するのもどうかとは思うが、それを許せない、そんなものはゴミだ!という主義があるのなら、何故壊したりちぎったりして そのままそこに捨てるのだろう?
撤去するなら、何故持ち帰らない?
悪意で凝り固まってしまっているのだろうか?

こんな、ひとけの少ない山に来る人は、心から静かな山が好きな人だと思いたいのに。
またしてもこのような個人的主義主張を悪意を持って貫きたい攻撃的な人間が来ている証拠を目にしてしまうとは。とても残念だ。
こんな静かな自然の中に身を置いて、心が洗われない人もいるなんて 悲しいなあ。

タイム:駐車場6:55-巣神山9:00~9:15-小法師岳10:55~11:35-巣神山12:45~13:00-駐車場14:25
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 23:46:39 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
何か拘りを持った方の仕業でしょうか。
山の持ち主とかが勝手なことをするな!という意味合いで
やっておられるようにも見えませんね。

誰にも自分の思い入れの強い場所というものはあると思いますが
行政ならともかく一個人が勝手に設置したものは許せないのでしょうか。

折り曲げて捨てていくというのは悪意を感じます。
撤去するなら当初から
そこには何も無かったというような
スマートな持ち去り方をされたら
その方の哲学を感じられるのに。
2015-05-21 木 08:32:12 | URL | 爺親 [編集]
同じ日でしたか・・・
原向駅辺りからでしたか、ここは私は登った事がありませんが、
銀山平付近からも登れそうですね。この界隈の山では、銅親水
公園からの中倉山や沢入山が好きで時々登ります。草原のよう
な尾根で1本のブナの木が良い景色です、同じく松木渓谷から
大平山や社山なども面白い所です。
2015-05-21 木 08:55:40 | URL | インレッド [編集]
爺親さん、こんばんは。
マムシ岳の時に知ったのですが、個人プレートを設置する人と撤去する人の対立があるようです。
どちらの主義があるにせよ、それを山に持ち込んだりするのもどうかと思うし、ゴミだ!と思うならそこに捨てっぱなしにするのは矛盾していると思うのですよね。
静かな山で、そういう対立は見たく無いと思うのですが・・・
2015-05-21 木 22:30:24 | URL | てくてくA [編集]
インレッドさん、こんばんは。
昨年、中倉山に行きましたが とても不思議な光景ですね!沢入山までは、行かなかったので今度行ってみたいです。
そうそう、大平山、社山のグルリップも行ってみたいと思っていたのですよね。足尾周辺は、藪も薄かったりして良い尾根が多いですね。
2015-05-21 木 22:35:02 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ