FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
223位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

軍刀利沢
2009年6月20日(土)

梅雨の中休み、土曜は天気が良さそうだという事で 急遽、N君の沢デビューとなった。
数年前に行った事のある、軍刀利沢が 割と好印象だったので そこに決定。

人気の沢だけに、最近の記録をいくつか見てみると 林道の入り口に駐車し 出合まで歩いている。林道歩くの嫌だなあ。
一応、管理事務所に電話をしてみると 矢沢林道終点から1.5キロのところまで 車で入れるとの事。ラッキー!
右手に小屋のあるところまで 車で入れた。その先、一部林道が崩落していた。
ここで、身支度を整える。
0001_20150611222011974.jpg



小屋から、10分弱で 沢の出合だ。右手の降り口に馬鹿丁寧に、赤テープには「軍刀利沢」と書かれている。
8時に入渓。
0004_2015061122200838a.jpg

初めて沢靴を履くN君は、フエルトが滑らない事に感激している。
しばらく行くと、二条4Mの滝がある。なかなか綺麗だ。簡単に登れる。
0002_20150611222010d16.jpg

初めて沢に来たN君も 軽快に登る。
0003_201506112220107c1.jpg

二段10Mの滝は、右側の高巻きをする。
0006_20150611222006828.jpg

巻き道には、残置ロープがあり バンドになっている。
0005_2015061122200730e.jpg

核心の、5Mナメ滝の次の5M滝は 濡れる事を頑なに嫌がり 巻いてしまったBに 確保してもらい登ってみることにする。
0008_20150611222046fd2.jpg

長い手足を駆使して 軽快に登るN君
0009_20150611222046fa7.jpg

N君のようには手足が伸びず、最後はシャワーの洗礼を受けるが 楽しく登る。一度濡れたら こっちのものなのだ!
0007_20150611222047e86.jpg

6Mナメ滝は、寒天のようなヌルヌルが付いていたので 一応確保してもらう。

細長い淵は 右側をへつる。この写真の後 N君ドボン!
0025_201506112306144fd.jpg

10Mナメは、直登せず 右を巻いた。
0026_20150611230945f95.jpg

次第に水は枯れてきて、二股を右にしばらく行くと チョックストン滝がある。
0012_20150611222044936.jpg

水流がある方を選んで行くと、落ち葉のじゅうたんを登るようになる。
0015_2015061122291939e.jpg

最後の、ヌルヌルした泥坂を登ると、三国峠に飛び出る。ここで、装備解除する。
流行ってますなあ。チューブ水筒(?)を背負ったトレイルランナーが 何人か通り過ぎていった。
0016_20150611222919284.jpg

三国峠から、ひと登りで生藤山の山頂だ。
無題

山頂から下り、三国峠からの巻き道と合流し しばらくすると左手に分ける道に入る。矢沢林道に降りる道だ。
何を隠そう ここからが、本日の本当の核心部なのだ!
とにかく、道を両側から藪が覆っている。それも 棘付きなのだ!!野生の山椒やら 何やら。棘、とげ、トゲ・・・
痛い!痛い!といいながら 途中、休憩所のところを通り、沢に出る。

前回来た時に、知らずにウッカリ イラクサを掴んでしまい 丸一日ズキズキが治らなかった経験があるだけに
今回は、絶対に触るまいと みんな、軍手を用意してきたのは 大正解だ。
群生している場所が やはりあった。軟らかそうなトゲなのに、もう 痛いの何のって・・・・
ここへ行く方は、下山時 気をつけたほうが良いですよ!(ちょっと 写真がボケてますが コイツです。イラクサ)
0018_20150611222918f64.jpg

トゲを払い、イラクサにドキドキしながら 矢沢林道にでた。
車が入れないせいで、林道はすっかり 草ボーボーだった。
0019_201506112229174b1.jpg

車に戻ったら、1時半を回っていた。
この沢は、水も綺麗だし ヘッポコなAでも滝で結構遊べるし 楽しいところだ。人気があるのもうなずける。
沢デビューのN君も、楽しめたようだし めでたしめでたし、ってことですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

東京(沢) | 11:40:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ