FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
297位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

荷鞍山~白尾山(尾瀬)
人気の尾瀬にありながら 誰にも会わないコース

2015年6月13日(土)

梅雨入り宣言の後の最初の週末。
なんとか、天気が持ちそうなのでどこかに行きたいね。できたら、あんまり人が多くないところ・・・
どこに行こうかと、地形図を見ていると 尾瀬に綺麗なピークを持っているものの聞いたことのない山名があった。
その名は「荷鞍山」
ちょうど、富士見峠への林道も歩いたことないし そこ行ってみよう!
0100.jpg



早朝3時に出発し 富士見下駐車場へ。
すでに、何台も車が止まっていた。尾瀬の中で唯一の無料駐車場だが、ここからは林道歩きが長いので登山者は少ないかと思っていたが、案外来ているんだな。
0001_20150615221019040.jpg

早朝の林道歩き。田代原という付近は なかなか気持ちのいい場所。
0002_20150615221019f55.jpg

7キロほどの林道歩きだが、ダートであることと 尾瀬ならではの林の美しさ また、花が咲いていたりしていて案外気持ちよく歩ける。
コブシ(?)
0003_201506152210188fd.jpg

ムラサキヤシオツツジ(?)
R0000791.jpg

ミネザクラ(?)
R0000790.jpg

富士見小屋に着く寸前に、小屋主の軽トラに抜かれる。
ここは、宿泊小屋ではなくなってしまったようだ。かれこれ数十年前に来た時の犬の話をしてみたら おばちゃんが「そう、柴犬ね」と答えてくれた。良かった、私の記憶は正しかった(笑)
0004_201506152210175d8.jpg

小屋から、尾瀬沼方面へ向かう。立派な林道が続いているが、雪が残っている。
足跡も付いていないところを見ると、富士見小屋からこちら側は あまり人は来ないようだ。
0005_201506152210179e9.jpg

小屋から20分程で、マイクロウェーブ反射板。
そうか、これがあるからここまでの道が立派なんだな。ここから登山道っぽくなる。
0006_20150615221016ed5.jpg

すぐに、木道のある湿原。雲が多いが 燧ケ岳が望める なかなかイイ感じ。
0007_2015061522104673b.jpg

ショジョウバカマがたくさん咲いていた。
0008_2015061522104581d.jpg

アップダウンをしていくと荷鞍山が見えてくる。
0009_2015061522104557a.jpg

荷鞍山への尾根は この辺りかな・・・と言いながら歩いていると、お!ありましたよ、踏み跡が!
入口は、笹に覆われているが 踏み跡があるので何とか入口はわかる って場所ですよ。
0010_201506152210442c5.jpg

笹薮をほんの数メートル漕ぐと いきなり刈り払いのトラバース道になりますよ。
0011_20150615221044d88.jpg

荷鞍山への尾根へは、一旦下り 多少のアップダウン。残雪がところどころありましたよ。
でも、なかなか静かな道ですよ。
0012_20150615221121ab4.jpg

途中、シャクナゲが咲いていました。
0013_20150615221120409.jpg

R0000810.jpg

最後の急登を上り詰めると、荷鞍山の狭い頂上に出ましたよ。
ここには、看板が二つありました。撤去族は来ていないようですね。
0014_20150615221119401.jpg

このピークが、頂上です。狭いね~
0015_2015061522111819a.jpg

至仏から笠ヶ岳の稜線。
0016_2015061522111864a.jpg

パノラマ(クリックしてね)
日光白根やら上州武尊も見えている(水蒸気が多くて、ハッキリした景色は見えませんでした~)
0017_20150615221117132.jpg


頂上で40分近くのんびりした後、引き返しましょう。
荷鞍山を振り返る。
R0000823.jpg

こんな感じのところを戻りますよ。
R0000825.jpg

ほんの数メートルの笹薮を漕いで 再度登山道に出ましたよ。
R0000829.jpg

せっかくなので、白尾山のピークへ向かいます。
この道、タテヤマリンドウ(ですよね?)が 道端に たくさん咲いていましたよ。
この花、色といい形といい 可愛くて大好き!
0019_201506152212002db.jpg

途中、結構雪が残っていた。
我々が、荷鞍山へと横道をそれている間に どなたか歩いていたようですね。
R0000837.jpg

白尾山。
この間の、白笹山頂や この先の皿伏山と同様、登山道の途中みたいな山頂ですな。
0020_20150615221159add.jpg

展望も無いので、少しもどった木道のところで休憩しましょう。
風が通り抜ける、とても気持ちの良い場所でした。
富士見峠~尾瀬沼は あまり人が来ないところなので 木道でのんびりできるんですよね。
0101.jpg

パノラマ(クリックしてね)
特徴ある四郎岳や日光白根が良く見えましたよ。
0018_20150615221200b8b.jpg

来た時より、燧が良く見えました。
0021_20150615221159bf9.jpg

富士見小屋への林道の途中から、小屋とその奥は景鶴、更にその奥は平が岳?
0022_201506152211582cb.jpg

朝、林道を上がってくるときは涼しいくらいだったけど、帰りに下るときは 暑いのと、疲れてきたので途中結構休んじゃいましたよ。

タイム:駐車場6:30-富士見小屋8:20~8:35-分岐9:20-荷鞍山10:05~10:45-登山道11:25-白尾山11:40-駐車場14:00

思っていた通り、富士見小屋から先は だ~れにも会いませんでした。
静かな山が好きな方はいかがですか?なかなか良いところですよ。
尾瀬周辺は、緑も綺麗だし花や湿原もあるので とても楽しいですね。
帰りは、玉城屋のフロで汗を流しました。ここは、ぷらり館と違って 空いていてイイんですよね~

荷鞍山頂上で見ていたら ヘリが尾瀬ヶ原方面へ低空飛行していて林道方面からはサイレンが聞こえてました。そんなのを2回くらい見ました。
お風呂に入っている時も、救急車の音が2度。
尾瀬で誰か急病人や怪我人が出たのでしょう。
地元の消防の方々は、さぞや忙しくて大変だった事と思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 00:07:14 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
初コメです。

同じ日に鳩町から尾瀬沼へ向けて歩きました。
多分、てくてく様の少し後ろを歩いていたと思います。
アンテナから先の登山道で分かれ道みたいなのは
無かったのでちょっと不思議でした。
富士見小屋からのルートにも
登山対象の山がすぐ近くにあったのですね。
2015-06-16 火 14:49:05 | URL | マーロン [編集]
マーロンさま

お越し下さり、ありがとうございます!
あの足跡は、マーロンさまだったのですね~
尾瀬沼方面へ歩かれたとの事、やはり誰にも会いませんでしたか?

以前、センノ沢に行った際に 詰めあげた登山道から大清水平経由で尾瀬沼へ抜けましたが 人も少ないし木道の状態も悪いですよね。

人がいない湿原というのは、 何と言うか掘り出し物を見つけたようで 良い気分になるのは 私だけですかね?(笑)
2015-06-16 火 17:03:28 | URL | てくてくA [編集]
白尾山は・・
今晩は。
富士見峠へ行きましたか、長い道だったと思います。
白尾山は残雪の頃も良いですよ、スキーを持って行くと
帰りはスイスイです。
2015-06-16 火 22:00:03 | URL | インレッド [編集]
インレッドさん、こんばんは!

先週の、インレッドさんの尾瀬のレポ見てそれで、そうか 富士見峠ね~と地図を見ていたのですよ~(笑)
なるほど、残雪期だとあのボサボサ感が無くなるわけですね。
そうですね、スキーなら帰りは楽チンでしょうね。
でも、そうなると尾瀬戸倉スキー場から歩きって事でしょうか?

2015-06-16 火 23:15:25 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ