FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

星穴岳
2008年11月29日
とってもスリリングな岩稜歩き
hosiana 033

近年、妙義山塊では山ヒルの被害が報告されている
我々は連中が活動できなくなる
寒気の流入を待ってから入山した

今年は11月に入ってからもいつまでも暖かく
山に雪を降らす大寒波は最終週になって
ようやくやってきた


紅葉見物の観光客の訪れが一段落した11月下旬
「Fの局」(えふのつぼね)同行で表妙義の最西端
星穴岳の冒険をしてきましたよ
hosiana 002

早朝に中之嶽神社の駐車場に着くと
開閉を管理している叔母ちゃんは
寝坊して7時になっても門扉を開けに来なかった

装備点検を済ませると
8時に中之嶽神社の本殿で
形ばかりの参拝を済ませて表妙義の縦走路に上がる
右に進めば中之岳 左に進めば西岳のコル

ここで登攀装備をして
進入禁止のロープを跨いで西へ進む
hosiana 005

西岳へ向けて薄い踏み跡を進む
最初にぶち当たる壁は薄いバンドを拾って上へ抜ける
hosiana 006


次に現れたのは
ナイフリッジの深いキレットにロープが渡してある箇所
hosiana 007


「おいおい!まさかチロリアンブリッジで通過かよ!!」
と思いきや、ちゃんと足場がありました
とりあえずフィックスロープにカラビナを掛けて通過する
hosiana 008

ここから直ぐに西岳の山頂に着く
寒気で雪化粧した浅間山
hosiana 019

振り返ると相馬岳が見えている
hosiana 017

山頂からは再び西へ伸びる尾根を進むが
30mほどで断崖となる

ここは北側の岩と泥でグズグズの急斜面を懸垂で降りる
懸垂には50mロープが2本必要
hosiana 021

北側のバンドを伝って西の尾根へ復帰するが
そこいら中にある灌木の小枝に顔面パ~ンチを見舞われ
ヒィヒィ!と進む

尾根上から先ほど居た西岳を振り返る
断崖が見えている
hosiana 028

約20mほど続くバーチカルな壁の通過
hosiana 023

ホールド スタンスともに、しっかりしているので見た目ほどの恐怖感は無いが
落ちると大怪我では済まないのでフィックスロープにビナをかけて通過する
hosiana 024

hosiana 026

妙義山塊の岩場というのは
例えば北アルプスの著名なエリア(八峰やチンネなど)と比べると
登攀グレードは低いが危険因子の多さでは、こちらが群を抜いていると思う
これは、しっかりとした支点が取れない火山岩質の岩の脆さや
灌木の頼りなさが起因してるが、侮ると簡単に命を落とすことになる

星穴岳山頂直下の肩に乗ると
数人が休める岩屋がある
hosiana 029
岩屋の中は平らで雨風しのげるビバークポイントだ

ここから信じられないくらい細いバンドを拾って
ナイフリッジの上へ出ると
そこは居抜き穴の真上になる
垂直の岸壁の下にある穴は見ることはできないが
北側に映し出された影でそれと分かる
hosiana 034B


そして山頂へ至る最後のフェース
Aに確保してもらい頂上へとロープを伸ばす
hosiana 032
山頂は東西に50mくらいの長さの平らな場所だった

再びフェースを下りて北側を巻くが
ここも悪場のため灌木で支点をとり
懸垂で降りた

この後、西尾根へ復帰した場所が
星穴新道(現廃道)との合流点で
ここから50mフルピッチの懸垂で結穴へ下りる
P1030616.jpg


下降するにつれて大きな穴が口を開けて待っていた
hosiana 036

hosiana 037

Aの足元から下側は5mほどの空中懸垂になる
hosiana 044

hosiana 045

この大きな穴は上信越道からも確認できるほどの穴で
最大直径が15m弱あり、下は平で雨がしのげる
星降る夜に焚火でもして酒を酌み交わすのもロマンチックだと思った
hosiana 049

ここからの下りは穴の下を急降下
涸れ滝を懸垂で降りて
そこから中之嶽神社へコンパスを合せ
不安定な落ち葉の斜面をひたすらトラブァースしていく

hosiana 050

途中から振り返ると
hosiana 053
居抜き穴が見えていた

全行程 8時間30分(休憩含む)
関連記事
スポンサーサイト



群馬(岩) | 05:45:52 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
もろい岩場ですね
ここは本当に裏から見ると魔王が棒を持って睨んでいるよ
うな岩峰ですね。裏の登山禁止の所から下までは行った
ことがありますが、この秋ごろには、轟岩から行ってみよう
かなー と思っていますが???。
2015-06-19 金 20:04:09 | URL | インレッド [編集]
インレッドさま

いつもコメント有難うございます
行ったことはありませんが
轟岩からも厳しい登攀的要素は無いように思います

ただ下りで進退窮まるシチュエーションは
あるかもしれませんのでエスケープ用のロープは
携行したほうが良いかもしれません

インレッドさまにおかれましては心配無用に思いますが…
2015-06-19 金 20:40:22 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する