FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
297位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

カメラ親父のうんちく
2015年6月28日
究極の山カメラとは
今回はカメラオタクのうんちくです
興味のない方はスルーしてください
P1070540.jpg
山登りをするようになり
フィルム時代の銀塩カメラから数えて十数台のカメラを使ってきた
レンジファインダー付のコンパクトカメラも
デジタル一眼レフも山で持ち歩いてみた

そんな中で出会った瞬間から手放せなくなったカメラが今回のテーマ


自分の山行の記録をblogなどにアップして
その情報を広く公開するのに画像(写真)は重要なファクターとなります

RICOHは現在はPENTAXとくっついて
主にコンパクトカメラ部門を担当しています

このGRという機種は何年も前から知っていましたが
手に取ってみたことは一度もありませんでした

昨年の暮れにヨドバシのカメラコーナーで
販売員がこの機種で撮影した作品を見て
性能の高さに驚き購入した次第で…
P1070554 (540x360)

決め手は
二年前の五月にモデルチェンジした際に
イメージサークルが大きくなったこと
GRはコンデジとしては異例のAPS-Cというフォーマットを搭載しています
フォーマットは銀塩写真で言うならフィルムにあたる部分で
これが大きいほど画質が豊かで滑らかな階調を写せますね

APS-Cはデジタル一眼の中級機に搭載されることが多く
今、流行りのミラーレス一眼でもAPS-C搭載機は少ないです


ちなみに大きさの比較をすると(単位mm)

35mmフルサイズ    36×24  デジイチの最上級機種
APS-C           23.4×15.7 デジイチ中級機 ミラーレス一眼の一部  GR  
M4/3(フィーサーズ等) 17.3×13 オリンパス全般  ミラーレス一眼 PanasonicLX100
1inch      12.8×9.6 ミラーレス一眼  コンパクト高級機
2/3inch      8.8×6.6 コンパクト
1/2inch      6.4×4.8 コンパクト スマホ タブレット等

細かく言うとこの中間にもあるのですが
こんな感じでイメージサークルは分けられています

よく勘違いがおきるのは画質の優劣は画素数で決まるということで
実際は画素数よりイメージサークルの大きさが優劣を左右します

一番の効果は主体を浮き上がらせるボケを得やすいことでしょうか
これはコンパクトデジカメでは中々難しいでしょう

実際の作例 ↓(Bが撮りました)
R0000799 (540x415)
主体と背景の距離が短いですが
マクロモードを使わなくても、解放で撮ってこの程度のボケが得られます

R0000839 (540x358)

そしてGRのレンズは解放F2.8から実にシャープです
普通は1~2段絞り込んでシャープネスを得るのですが
その必要はありません
薄暗い情景でも手持ち撮影を可能にしてくれています

使いやすいダイアル類と露出優先 シャッター速度優先 
ISO感度優先モードが使えるのも、拘りの写真を撮りたい人には必要不可欠ですね
P1070553 (540x360)

P1070552 (540x360)

敢えてウィークポイントを挙げるなら
35mm換算で28mmの単焦点レンズ(逆を言えば単焦点であるゆえの抜けの良さがある)
私は望遠が必要と感じたら最大サイズで撮影、トリミングで主体を引き寄せる手法で処理しています

今時、手振れ補正がついてない(これも解放F値が明るいのでフィールドでは何とか手持ちでいけるかと)

防水機能が欲しい(雨や沢の中では使えない)

最後に欲を言えばファインダーがあったらgood(次の新型から付いてくるかも 💦)


カメラに関しては
各々が様々な拘りをもって機材を選んで使っているのでしょうけど
ただ実際にweb上に載せるには制約がありサイズダウンを強いられるため
圧縮された写真からは遠近感や透明感などは伝わってこないことが多いですね


まとめ:
偉そうに講釈をしてきましたが
てくてくサイトも写真は決して綺麗ではありません
もっと勉強して奇麗な画像を載せなけりゃなぁ!

ここまで御清聴ありがとうございました

関連記事
スポンサーサイト
雑記帳 | 11:27:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
デジカメは・・・
お早うございます。
今時は超望遠のカメラが人気のようですが、そういうカメラは中に
レンズがいっぱい入りますから、結局写りは悪くなってしまいますね。
その点単焦点は良く写ります。私もリコーのコンデジは結構使いまし
た、あのレンズと機能を、ボディーから離して使うカメラも持っていま
したが、沢で濡らしてダメにしてしまいました。そのため沢や雨の日
の山に行く時は、防水コンデジを使っています。通常のコンデジは
フジのx-20というのを使っていますが、フジはフィルムメーカーだ
けあって色が良く気に入っています。
2015-06-29 月 09:29:16 | URL | インレッド [編集]
インレッド様

いつもインレッド様のサイトの写真が
綺麗なので関心しております

GRを選ぶときにもう一つ候補がありました
fujiのX100Tという機種で
少し大きいですがAPS-Cを搭載していました
こちらは35mm(35mm換算)単焦点であったのと
価格がGRの倍近くしていましたので
フィールドで使う目的からは外れました

fujiの発色はリバーサルフィルムのベルビアを基準に
作り上げていると何かの記事で読みました
故に抜けの良い鮮やかな色合いに写るのでしょうか?
私も好きなカメラです

沢では完全防水のカメラを使っています
水没させなくても濡れた手で触っているうちに
内部に水が入り込んでしまうので…
2015-06-29 月 11:50:40 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ