FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

福島 吾妻連峰 前川 大滝沢
2010年8月28日
歓声が止まない美しい渓
P1020193.jpg

難しくなく、危険も少なく、楽しさ満点

好天の一日に子供に帰って水と戯れる
そんな形容がピタリとはまる開けた明るい沢です


東北には豪雪によって磨かれた長大なスラブが多い
吾妻連峰は、そのたおやかな山様から
また沢筋もスラブと化した、一枚岩の廊下が発達しているエリアだ

入渓は滑川温泉の福島屋旅館手前の橋から沢床に下りる
0001_20150628205248de7.jpg
二段になった滝を水流左から超えると
その先は
0003ootaki.jpg
一枚岩の水の道路が永遠と続く
岩床が赤いのは苔ではなく
過去に上流に鉱山があったための
鉄分の付着によるものだ

所々にある大きなポット・ホール
深いものは10mを超える穴もある
(パノラマです crick please)
0002ootaki.jpg
冷泉はいかがですか?

「テルメ大滝 露天」効能:のぼせ 火照り
P1020171.jpg
こんな感じのロケーションを小一時間も進むと
沢床はいったん河原になり
P1020177.jpg


その先に登場するは
0004ootaki.jpg
沢名の由来である滑川大滝(名瀑百選)だ

比較対象が無いので分かりづらいが
落ち口から滝下まで120mほどある
この滝の登攀記録はほとんど御目にかかったことが無い

メンバーはあまりのスケールの大きさに
皆、あんぐり口を開けて見上げていた

この滝は右岸にある急なルンゼを登り
細い草付のバンドをトラバースして落ち口に出る
泥のルンゼが渓流シューズでは滑るので
初心者がいる場合には、ロープ確保をした方が良いかもしれない
この高巻には30分以上かかった

大滝上からは再び気持ちの良い滑床が続く
0006ootaki.jpg
日が燦々と照り、暑くなってきたので
局ジュニアが釜を泳いで進んだ
P1020190.jpg

Aの赤い滝登攀
鉄分の付着のせいか苔がまったく生えておらず
水流は滑ることは無かった
P1020183.jpg

この滝は亀の頭岩の奥の細い水流を跨ぎ
そのまま中央のリッジをバランスで越える
0007ootaki.jpg

ここは右側にあるクラック沿いに登れば楽勝
0008ootaki.jpg


唯一、ルートどりに難儀した滝
滝下がゴルジュとなるために
滝に取りつくまでが核心
垂直の左壁をヘツルが、ひじょうに細かい
数名は泳いで滝に取りついていた
0009ootaki.jpg

この辺りから水流も細くなり傾斜が急になってくる
0010ootaki.jpg

顕著な滝のフィナーレ、潜滝
この上は藪が濃く遡行価値が薄れるので
ここで遡行を打ち切り、靴を履き替えて登山道経由で滑川温泉へ下山した
潜滝のある場所は滑川温泉から東大巓へ至る登山道の渡渉点になっている
P1020204.jpg

潜滝も10mを超える深い釜
P1020205.jpg

下りは、温泉まで約一時間です
大勢でワイワイと遊ぶには良い沢でした
ただし、一度悪天になると増水した際には逃げ場がないので
天候には十分注意して入渓してください


タイム:入渓から終了点までは4時間弱ですが
     水の中でついつい遊んでしまうので
     トータル7時間くらいは割いた方が良いかと…

参加者: Fの局とジュニア×2  A&B
関連記事
スポンサーサイト



福島(沢) | 09:02:17 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
てくてくA&Bさん

ここ。ここ。ここ。

初心者に沢の楽しみを教えるのに最適な場所。
大滝に打たれる写真も撮ったりします。
すぐに温泉に入れるのも魅力です。

混浴の方に行ったら、おばさんに

出てけっ!

と追い出されました。
2015-07-07 火 07:14:25 | URL | 目目連 [編集]
目目連さま

アハハハハッ!
混浴なのに出てけはないですよね
それに若い女性から言われるならまだしも
オバちゃんじゃねぇ!

昔、夫婦渕温泉の混浴に入ろうとしたら
湯船一面、所狭しとオバちゃんが居て
入るの躊躇してたんですよ

そしたらオバちゃんの一人が
「お兄さん!!こっちおいで!こっちにおいでよぉ!!」
結果私は
若くは無いギャル6~7人に囲まれて小さくなっていたのでした

沢登り初体験者を天気の良い日に連れてきたら
その後は高確率で沢登にはまるロケーションを持った渓ですね
2015-07-07 火 08:29:35 | URL | てくてくB [編集]
吾妻連峰のあたりですと、雪が多い所ですか、水は冷
たくないですか??。
長ーいナメ床歩きがあって、大きなスラブもあり面白そ
うですね、今週末あたりに井戸沢から上の山にと思って
いますが、まだ雪があるとの事で、沢は止めて直接山に
登り、ニッコウキスゲでも楽しもうかな と思っています。
2015-07-07 火 22:19:40 | URL | インレッド [編集]
インレッド様

是非、出かけてみてください
例年ですと7月の今頃は雪は消えています
深いV字谷ではないので雪解けは早いです
その気になれば日帰りも十分可能です
前夜発の場合なら峠駅での野営がお勧めです

今頃は雄国沼や駒止湿原あたりでもキスゲのシーズンで
咲き乱れているかもしれませんね
2015-07-08 水 06:29:54 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する