FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

峰谷川 坊主谷(奥多摩)
奥多摩でも結構綺麗な林が

2012年7月15日(日)

今年の海の日の連休は、残念ながら梅雨明け前となってしまった。当初の予定の泊まりの沢はお預けとなり 日曜日帰りの近場の奥多摩の沢に転進となった。

0014_20150827222216a90.jpg



峰谷橋から街道から離れ、峰谷の先を更にダート林道を入る。
坊主谷の橋の横の駐車スペースには、既にワゴン車が駐車している。2台止められるスペースなのに、詰めて駐車してくれていないので止められないじゃないの!
なんとか、橋の反対側に、寄せて駐車する事ができた。
0001_20150827221321365.jpg


ここで武装して、スペース奥の踏み跡から7:45に入渓。
堰堤を越えしばらく行くと、チョックストンの滝がある。
0002_2015082722132018d.jpg


小さく巻くと、右岸のガレの上に ガードレールが見える。
0003_20150827221320dd9.jpg


その先の、幅広の滝。各自好きなルートを取る。へつって上がるもよし、水流を浴びて上がるもよし。
0004_2015082722131907f.jpg


その先の連爆帯。どれも楽しく登っていける。
0005_20150827221318a3f.jpg


0006_20150827221318c44.jpg


奥多摩なのに、意外に自然林が美しい
苔も結構綺麗だ。気持ち良く、どんどんと登って行く。
0007_20150827221356c3b.jpg


連爆帯の先に大滝が見えてくる。倒木が 景観を損なっているなあ・・・残念
0008_20150827221355e5a.jpg


右岸を巻いて、二段目の滝の上にでる。一段目の滝は登れそうもない。ガイドだと右岸を巻くとあるが 左岸を高巻く。
ここは、崩れやすく 結構嫌な場所だった。
0009_20150827221354cf1.jpg


懸垂で沢に戻り、この先は緊張する場所はないらしい。楽しく登って行く
0015_20150827224931838.jpg


中の谷の二股に到着。右の谷に入る。
中の谷のわさび田の石垣。もう、使われなくなって久しいのだろうな
0010_20150827221354928.jpg


この先、ちょっとゴルジュっぽいとこやらの苔むす谷間を行くと ナメ滝がでてくる。左端を登る
0013_20150827221842560.jpg


小滝やワサビ田が続き、右手に水道のパイプや、巡視路が見えてくると 取水槽がある。
この先、滝ももうないようなので ここで終了とし、武装解除する。
0011_20150827221353885.jpg



巡視路をたどって行くが、ここの桟道が途中へこんでたり、滑りそうだったり・・・ちょっと怖かったデス
途中、伐採作業中の場所を抜け 50分程で浅間尾根と合流する。
通って来た道です
0012_201508272213526e0.jpg


この合流点からの尾根が、林道への降り口だ。
結構急な尾根を、ひたすら下る。途中、順番このように 尻もちついたり・・・
それにしても、湿度100%のような尾根道は いつもなら顔汗をかかない女優体質の私でさえ汗をかく始末。

暑い暑い!!と言いながら 30分程で 林道に降り立ち、駐車場までは さらに10分強を林道を登る。
お疲れ様でした。
余りに汗びっしょりで、風呂は不可欠。
奥多摩湖畔の「鶴の湯」の食堂を兼ねた風呂に入る

タイム : 入渓 7:45 ~ 二股 10:00 ~ 取水槽 11:05 ~12:15 浅間尾根とぶつかる ~ 駐車地点 13:15

※ロープを出さずに登れる滝ばかりです。ロープ使用は、沢に戻る懸垂をした時のみでした。
  奥多摩の割には、林が綺麗でした。私のような、小心者でも楽しめるところでした。
  ただ、カエルがいるのがねぇ・・・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

東京(沢) | 23:05:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する