■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

大芦渓谷
2015年11月14日(土)
しっとりとした鮮烈
PB140026_20151117223243496.jpg

今年のてくてく隊は登山らしい登山はしていませんが
山に対する想いは少しも衰えていませんです

雨の休日も家でじっとしていられなくて
blogを拝見している御影森さんが以前行って記録に載せていた
栃木の大芦渓谷へ出かけてみました


目的の渓谷までは車で入れるためハイクとは言えませんね
PB140029.jpg

鹿沼から古峰神社へ向けて車を走らせ
一の鳥居が見えたら直前の橋の手前を右折
大芦川の左岸を並走する林道を進みます

数キロ走ると
林道が右岸へ横断する橋を渡る
PB140030.jpg

そしてこの渓谷のベストビューポイントがこの橋の前後です
ここだけもの凄く美しいです
おそらく紅葉時期以外は何てことの無い里山風景なんでしょうけど
紅葉時期は鮮烈な赤が景色を別世界へと変化させます

風景がくすむ雨天でもこの鮮やかさですから
晴れていたら息を呑むような色合いでしょう

橋の上から大芦川を望む
PB140025.jpg

右岸に渡ってから
PB140021.jpg

右岸上部から河原に下りてみました
PB140033.jpg

河原下は堰堤になっていますが
コンクリートの堰堤床にポットホールがありました
PB140034.jpg

そのポットホールに、この渓の主であろう大山女が
PB140038.jpg

体長は40センチちかくありましたね

落ち葉の宝石
PB140036.jpg

上流方向
PB140039.jpg

ここの一画はオレンジと赤が主体です
何十万円もするような大きな望遠レンズを装着した
カメラを抱えた写真家の方が沢山いましたよ

※帰りは
 またしても御影森さんがべた褒めしていた名店「大越路」にて
 蕎麦を食して帰途につきました
関連記事
スポンサーサイト
栃木 | 22:32:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ