■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

経ヶ岳(中ア北部) その1
まるで黒戸尾根のような・・・

2016年3月20日(日)~21日(月)

今年は異常に雪が少ないので、4月に予定していた場所を前倒しにして三連休に行こうと思っていたが、またもや天候に邪魔されてしまった。
なら、天候が良さそうなのはどこ?
そうだ、かれこれ10年近く前に八合目まで行ったものの頂上を踏めなかった経ヶ岳にリベンジしてみましょうか。

その時は、中アを縦走しようと体育の日の連休に出かけたのだが、ロープウェーで千畳敷まであがり極楽平まで行ってみた.
ところが、稜線はすっかり冬山になってしまっているのに 我々はアイゼンすら持っていなかった。
装備不足のため急遽縦走を中止し、地図とにらめっこして 何の前知識もなく経ヶ岳に登ったのだった。
登り始めたのも昼くらいで、八合目でテント泊したものの 翌朝ガスガスですっかり頂上に行く気が失せてしまったという次第。

0026_201603222330240bf.jpg
木曽駒方面


一日目

仲仙寺下の公民館の駐車場に車を置かせてもらう。ここには、綺麗なトイレもありました。
天気はどんより。少し寒い程度。
0001_20160322232604dc0.jpg

久しぶりに泊りの荷物で出発。
0002_20160322232604448.jpg

仲仙寺は、なかなか立派なお寺だった。山行の無事を祈ってお参りしていく。
0003_20160322232603e86.jpg

林の中のトラバース風をだらだらと登って行く。
10年前の記憶が全く無いというのが二人の一致した意見。なんでだろう?
0004_201603222326038df.jpg

四合目の看板。
登山地図だと、近くに林道が上がってきているんだけど それらしいものは見えなかった。
0005_201603222326027fd.jpg

林の中のトラバース風を相変わらずダラダラと行くと今度は五合目の看板。
このダラダラ感は、鴨沢から雲取山へ行くときみたい。
0006_20160322232602ca6.jpg

尾根に乗っかったあたりから、急に積雪が出てくる。ここでスパッツを装着。
今回、下の方には雪が無いだろうという事で 冬靴で雪の無い所歩くのは嫌なので夏靴で来てますよ。
0007_20160322232745bcc.jpg

六合目の看板。ところどころ凍ったところもあるが まあ問題なく歩けます。
0008_2016032223274545b.jpg

だんだんと急登になってくる。
0009_20160322232744cb8.jpg

サルオガセが、まるでとろろ昆布のようにぶら下がっている。
ということは、霧の多い山なのかなあ?
0010_20160322232743339.jpg

七合目への急登になってくると 先行者のトレースでも踏み抜くようになってきたため、ワカンを装着。
それでも、結構踏み抜く。
0011_2016032223274312d.jpg

途中、下山する単独男性とすれ違う。トレースが無いので頂上は諦めたそうだ。
ゼーゼー言いながら、七合目に到着。
う~ん、、、記憶にあった七合目と全く違うのは 雪のせいなのだろうか?
0012_2016032223274206a.jpg

七合目から一旦少し下り、またまた急登を喘いで登って行くと 先行者の二人のいる八合目に出た。
一瞬雲の切れ間から木曽駒方面が見えた。
とりあえず、ここでテントを設営して頂上ピストンすることに。
先行者の二人組は、日帰り組なので ここで帰るそうだ。
0013_20160322232814839.jpg

八合目に来るまでに、結構疲れていたが 日も長いしテント泊なので、頂上ピストンは何とかなるでしょう。
空も青くて気持ち良さそうだし!
0014_2016032223281440a.jpg

伊那谷方面が良く見える。
0015_20160322232813e08.jpg

この看板の先の急登の手前で、トレースは終わっていた。
0016_20160322232813bb9.jpg

ノートレースの急登をエッチラオッチラ登って行ったら石碑があった。
その石碑の上に「9合目」の看板が置いてあったが 登山地図だと9合目ってここじゃないんだけどね。
0017_20160322232812719.jpg

石碑ピークを少し下り、ワカンを履いているもののズボズボ踏み抜きながら遅遅と登って行く。
日の当たった少し開けた感じのところに看板が見えたので、頂上か??と思ったら・・・違いました
う~ん、登山地図だと ここが九合目になっているみたいなんだけど・・・??
0018_20160322232812f4f.jpg

あら、頂上はあっちだわ・・・まだまだだ・・・
0019_20160322232851cf1.jpg

樺の綺麗な林の尾根を 相変わらずズボズボと踏み抜きながら・・・
0020_20160322232850f66.jpg

だんだん近づいてはいるんだよね。。。
0021_20160322232850dc1.jpg

最後の急登を登って行くと・・・あれ!?看板らしきものが!
0022_201603222328498bd.jpg

ほ~っ!
頂上ですよ~
聞いてた通りの、林に囲まれ何も見えない頂上。
行動食をとって、しばし休息。
さ~て、戻りますか。
0023_20160322232849226.jpg

木々の間から八合目の白禿が。
写真ではよくわからないけど、テントのグリーンがかすかに見えましたよ。
0024_20160322232848fca.jpg

八号目がもうすぐ、という場所が一番展望が良かった。
あの尾根を上がってきたんだな。
0025_20160322233024ab0.jpg

木曽駒方面も良く見える。
行きに見えていた御嶽は、まったく見えなくなっていた。
0035_2016032223553516d.jpg



テンバに戻る頃、雲が尾根をちょうど越える 美しい光景が見えた。
0027_20160322233023c95.jpg

今回、おニューのテント。
久々に長い登りを歩いたので、すっかり疲れてしまった。
0028_20160322233023a97.jpg

日も落ちてくると、さすがに寒くなってきたが 月と伊那の夜景がなかなか綺麗だった。
0029_20160322233023cf9.jpg

今回はめげる事無く頂上に行けて良かったね、とここ最近の「ま、いいか~」という流れやすい雰囲気を食い止められた事を
お互いにたたえ合う(大げさかな・・?)
まるで、黒戸尾根のような長い登りにすっかり疲れて 七時過ぎには寝てしまいました。弱くなったもんだ。

タイム:駐車場7:40-五合目10:10-七合目11:45-八合目13:10~13:55-頂上15:30~15:45-八合目16:50
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

長野(雪) | 23:01:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
先行2名の若い方です
こんにちは。
経ヶ岳で先行していました。

無事に山頂まで行けたようで何よりです。
6合目以降、手強い雪でしたね…。

我々は8合目で撤退しましたが、帰りは更にトレースがついて非常に歩きやすかったです。
ありがとうございました。

最後に、撤退記録となりますがヤマレコに記録を載せましたので、そのリンクを入れておきたいと思います。
お疲れ様でした!
2016-03-24 木 17:25:35 | URL | joe [編集]
その節は、トレ―スありがとうございました!
踏み抜き、本当に疲れますよね。
大変助かりました。
下りは、早い時間だったため踏み抜かないで歩けて
だいぶ楽でしたが、長い下りに足がフガフガになり、いまだに筋肉痛が治まってません(汗)
2016-03-24 木 18:04:12 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ