FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

残雪の越後駒ヶ岳
2010年5月15日(土)~16日(日)

なんとなく行きそびれていた越後駒ケ岳。
天気予報が晴れを告げている残雪期の山はさぞかし楽しかろうと、駒の小屋で一泊するのんびりプラン。
小出I.C.を降りて、駒の湯に8時に到着。
何台か駐車している車は、どれも地元ナンバー。山菜採りかな
8時半に出発。登山道に入ると、すぐにつり橋を渡る。
turibasi.jpg




ブナ林の中を歩いて行くと水溜りの中に 何やら繭玉のようなものが
tamago.jpg

夏道の両脇には、椿、コブシ、石楠花、ツツジ等が咲いている。春だなあ。

イワウチワ(だと思う)
iwaicyou.jpg

ショウジョウバカマ(だと思う)
syoujyou.jpg

残雪とブナの林の新緑がステキ!下界でのささくれ立った心が癒されるなあ・・・
kontora.jpg

ひたすら急登を行く。小倉山手前のJ.P.の直前に鎖場がある。雪は無く、ぬめぬめしていた。
小倉山手前から、雪の上を歩くようになる。周りの山も随分と見えるようになる。
駒ケ岳山頂は、まだあんなに遠い。まあ、今日は上で泊まりなので のんびり行こう。
ogura.jpg

ここからは、太陽にさらされ歩く。いやあ、暑い!我々の前に一人のトレースが付いていた。
ところどころ、赤布のついた竿がさしてある。先行者が付けているのか?

暑さと今までの急登で、それなりに疲れてきたが、もくもくと登っていくと百草の池の標識があった。
雪の下の池がいったいどこにあるのかは、わからなかった。
なおも急登を行く。振り返ると、登ってきた尾根が見える。結構登ったなあ。
one.jpg

さらに急登を行くと、急に風が強くなってくる。ヤッケを着込み手袋をする。
見上げると、小屋の風見鶏が見える。トレースは上へいっているのに、山頂へのトレースが無いぞ?先行者は、小屋で寝てるのか?
koyanohou.jpg

小屋直下は急登。結構雪壁っぽくなっている。
3時に息を切らせて、小屋の前に飛び出る。
komakoya.jpg

おお!何と、先行者は 小屋番のおじさんでした。どうりで、山頂へのトレースないのね!
小屋番の方の話によると、数日前の寒波襲来で 2日間新雪が60センチ降ったそうな。
まあ、そのおかげで 5月半ばだというのに 新雪の上を歩けたんですがね。
一休みして、頂上へ向かう。誰も歩いていないところに 一本の道を付けるって気持ちいぃ!
toresu.jpg

見下ろすと小屋が
uekarakoya.jpg

頂上からは、360度の展望
komacyo.jpg

八海山方面
hakkai.jpg

中の岳方面
nakanodake.jpg

日本海まで見えた!
ihonkai.jpg

今晩の宿、駒の小屋は新しいわけではないらしいが 木の香がする綺麗な小屋だ。水も出ているし協力金2,000円の価値はある。今夜は、我々パーティーで独占だ。
その後小屋番の方にお酒をご馳走になり、色々な話を伺う。朝見た 水溜りの繭玉みたいなのは「黒サンショウウオ」の卵だそうだ。
ojisan.jpg

この方は、魚沼自然大学の顧問もされており 動植物の事に詳しく 以前荒沢岳や平が岳でも見た不思議な赤い実が「虫こぶ」である事を教えてくれた。食べなくて良かった・・(おいしそうに見えませんか?)
(虫こぶを検索すると、集合体恐怖症の方には背筋が凍るような写真が イッパイありますよ!)
happa.jpg

貴重な話しをたくさん伺え、とても楽しかった。それにもまして 御歳75才というのには驚いた。
自分がその歳になったときに、はたしてこのような標高差1600Mを登れるのだろうか??

5月16日(日)
今日は下るだけだが、モルゲンローテがみえるかも と思い、4時に起きたが 残念ながら赤くはならなかった。
6時に小屋番さんに別れを告げ、小屋直下の急坂を慎重に下る。
昨日登るのに、ひぃひぃ言っていたのに、下るのはなんて早いの!
kudari.jpg

百草の池付近から 登ってくる人に会う。熊の足跡があったと言っている人がいた。
話の通り、小倉山の直下に足跡を見つけた!熊って、雪の上にも来るんですなあ・・・
kumaasi.jpg

今日は日曜のせいか、登ってくる人が次々とやってくる。みんな日帰りらしい。10人以上すれ違った。
ひたすら夏道の急坂を下る。足がフガフガしてくるが ブナの緑に元気をもらう。10時に下山した。
buna.jpg

帰りにユピオでお風呂に入る。ちょうど「山菜まつり(?)」をやっていて 無料の山菜汁をいただき 地元のオバチャンが作ったゴマ和えなんぞを買って帰る。
時間も早かったので、高速も渋滞にはまることなく帰宅できた。

※GWウィーク後の上越って、穴場かも!しかも新雪直後だったため 静かで綺麗な残雪の山を楽しめました。
こんなに誰も来ていないなんて思っていなかったのと、思いがけない小屋番さんとのおしゃべりでとても思い出深い山行になりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

新潟(雪) | 21:20:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ