FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
297位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

マツオ(西上州)
ピンクに染まる静かな尾根

2016年4月23日(土)

先週の宗四郎では、時期が早すぎたためアカヤシオの蕾しか見ることができなかった。
今週なら、きっと咲いてるね。ぜひとも今年もお花見したいんだけど、とBに持ち掛けると「人の沢山来ない場所ならね」と条件を付けられてしまった。
う~む、、、このアカヤシオの時期には、いつもは静かな西上州の山も花見の登山客が沢山くるだろうに 難しい注文だ。
しばし登山地図とにらめっこ。
そうか、登山地図に登山道が書いていないところなら、Bの条件をクリアできそう!ってことで、誰かの苗字のような「マツオ」ってのに決めましたよ。

P4230133.jpg



塩ノ沢峠を目指し林道を上がっていく途中、天狗岩の駐車場には沢山の車が停まっていた。やはり、この時期は花見客がおおいんだな。御荷鉾スーパー林道に入り、上南トンネルの入り口手前に駐車。
いつもなら、往来も少ないだろうに 笠丸山への迂回ルートとなっているため 何台もの車が通過する中準備をする。
晴れると思っていたのに霧雨っぽいのよね。
0001_201604242331545a2.jpg

どこから登ろうか?と地形図をじっと見る。
とりあえず少し戻ったところから樹林の中を登って行くと 巡視路のような踏み跡に合流した。
0002_2016042423315313f.jpg

ちょっと進んだところに、鹿の角が落ちていた。
0003_20160424233153faf.jpg

踏み跡をたどっていく。ガスってますなあ・・・
0004_20160424233152fcd.jpg

途中から、枝の刈り払いがそのまま踏み跡を隠すようになり、歩きにくい事この上ない。
尾根の上に上がり、そのまま尾根上を歩いて行った。
0005_20160424233152f7f.jpg

ガスの中を登って行く
0006_2016042423315233b.jpg

わ~い!!アカヤシオのお出ましだ~!
0007_20160424233231e95.jpg

ガスっているのが、チト残念
0008_2016042423323118a.jpg

でも、水滴をつけているのもなかなか
P4230103.jpg

尾根に岩っぽいところがでてきた
0009_20160424233230f40.jpg

右の斜面は、ピンクがいっぱい
0010_2016042423323031c.jpg

岩の先端に行ってみると、前方もピンクでとっても綺麗な光景。
この先も尾根どおしに行きたいのだけど、ルートは?Bが、岩を抱くように回り込めば行かれそうだと言うが ビビリのAが、先程の少し戻ったところの右下斜面から回り込めるのでは?と主張。
岩場を回り込むことを尻込みしたため 右手斜面を降りていくことに。
0011_20160424233229cf7.jpg

ところが、この斜面もかなりの急斜面でグズグズ。
西上州お約束の、木の枝もいきなりポッキリ折れたりと信用できないし、足元もズルズル滑るし。
結局、林道に出てしまった。
0012_201604242332296d1.jpg

尾根を降りてしまったため、林道を進む。
0013_20160424233301132.jpg

楢沢峠の石灯籠
ホントは、尾根通しにここに出るはずだったんだけど
0014_20160424233301fd7.jpg

それにしても、林道ってよくわからないな。地形図には全く載っていないので どちらに向いているのか再度確認。
林道を少し進み、左手の踏み跡から再度尾根を目指す
0015_2016042423330166d.jpg

階段がでてくる
0016_20160424233300a3b.jpg

なかなかいい感じの尾根にのる。
地形図を見て、マツオに向かう尾根である事を確認
0017_20160424233300a08.jpg

途中、看板があるところを見ると ここも登山道なのかな?
林の中からか グルル・・・という音が聞こえたりして もしかして熊?とビビる。(後にこの音、猛禽類系の鳥の羽音だとわかった)
0018_20160424233259f0e.jpg

熊が竹箒で枯葉を掃除したかのような、なかなか綺麗な尾根が続く
0019_20160424233343f38.jpg

ちょっとしたアカヤシオのトンネルっぽいところがあったりして
0020_201604242333426ba.jpg

途中、マツオへの尾根を右に分けるが、この写真の古い階段の丸太がいきなりはずれ 丸太と共に滑落してしまった。
おかげで、お尻がドロドロ(泣)
0050.jpg

ミツバツツジ(?)もあったりして
0021_20160424233342e40.jpg

お!ピンクに着飾ったトンガリはマツオさんじゃありませんか~
0022_201604242333416d4.jpg

トンガリにあがるための梯子がかかってますよ
0023_201604242333411e8.jpg

梯子というか、急な階段です
0024_20160424233340e4e.jpg

祠のあるマツオの頂上。山名板なんかは ありませんでしたね。
我々を出迎えるかのように いつのまにか青空に
0025_20160424233432e0d.jpg

頂上は狭く、日が照って暑いので 日陰でランチにしましょう。
今日は、そうめんをジャージャー麺のタレでいただきましたよ。
0026_201604242334311d7.jpg

さっきまで霧雨やガスガスだったので 展望は諦めていたんだけど、赤岳が見えましたよ~ラッキー!
0027_201604242334316f7.jpg


0028_2016042423343044b.jpg

ピンクに彩られた笠丸山方面からは、にぎやかな声が聞こえてきた。さぞかし、沢山の人がいることでしょう。
単独男性が通過して行ったが、マツオには、我々だけ。
どう?私の山選びのセンスは。Bの我儘を満たしてあげましたよ。
0029_20160424233430b56.jpg

0030_20160424233429683.jpg

静かな花に囲まれた頂上で、しこたまのんびりと1時間以上もいましたよ。
さーて、腰をあげましょうか。
0031_201604242335164d7.jpg

帰りは、途中の横道に入ったり 青空に映える花を撮影したり
0032_20160424233515deb.jpg

0033_2016042423351568d.jpg

来る時に、林道から上がって来た踏み跡は左だが 帰りは尾根通しに行くため、直進
0034_20160424233514e70.jpg

尾根通しを行くと、岩場が出てくる。
0035_20160424233514071.jpg

左下にテープがあり、岩を巻くように踏み跡が付いていた
0036_20160424233513d22.jpg

そして、岩場を回り込んで上がると 来る時にAがビビった岩場に到着した。
結局、よく見ると岩をへつって通過するか 来る時に右斜面を降りてしまったが、左に岩を小さく巻く踏み跡もあった。
0037_20160424233600229.jpg

この岩場で、しばらく休憩。
先週歩いた、大山北尾根や焼山方面が 雲が取れて良く見えましたよ。
0038.jpg

1248ピークへの登りに、右に巻道があったのでたどってみました。正真正銘の巻道でしたよ。
0039.jpg

帰りは、トンネルの上に出てみようという事で、ずっと尾根通しに進み NTTの施設(?)の横を進む。
0040_20160424233559d60.jpg

地形図を見て、ちょうどトンネルの真上のコルから トンネル出口の方向を定めて降りていく。
0041_201604242335598cc.jpg

ドンピシャ、トンネル出口の駐車場所に出られました。
0042.jpg


タイム:駐車場所8:45-1248Mの次のピーク9:35~9:50-マツオ10:55~12:05-間違えた岩場12:50~13:10-駐車場所13:50

思っていた以上に、ツツジも咲いて綺麗な尾根でしたよ。
笠丸山にとても近いのに、たった1名にあっただけの静かな山です。
地形図に林道が書いていないので、ちょっと分かりにくいところもあったけど。
楢沢峠から尾根に乗ったあたりから、看板があったり 階段(古い)があったりしたので、昔はメジャーな登山道だったのかなあ?
とはいうものの、Aも踏み抜いてしまったように階段の丸太の段は信用しない方が良いですね。かなり古いので腐ってて抜けます。
西上州は、木の枝も、岩も、階段も、信用しちゃ ダメヨ~ダメダメ(古ッ!)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 22:28:21 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
初コメです。

毎年必ず西上州のお花時期に訪れます。
今年は何時だろうと探っていましたが
そろそろ盛りのようですね。
私も人気のない山が好きです。
2016-04-26 火 13:36:04 | URL | hana [編集]
hanaさん、お越し下さりありがとうございます。

今回は、当たりでした!
この時期の西上州は、山がピンクに彩られて とても綺麗ですよね。人気のル―トを外すと、静かだしツツジを独り占めしたようで、大変気分が良いですね。
2016-04-27 水 09:48:29 | URL | てくてくA [編集]
今晩は。
またまた西上州でしたか、ここは一度だけ歩いたことがありますが
帰りにうっかりしてトンネルを見過ごして先まで行ってしまいました。
楢原よりも神流町寄りの中里から入る山に「ヤシャノヨウラク」と言う
山があります。昭文社の西上州の地図にヤシオツツジの咲く山と
書いてあると思います。機会がありましたら登って見て下さい。
登山者はほとんど居ませんが、時々熊さんが歩いています。
2016-04-27 水 21:07:43 | URL | インレッド [編集]
インレッドさん、こんにちは!
一週間前のインレッドさんの笠丸の記事を拝見して、赤ヤシオが良さそうかも?と思い、このル―トをえらびました。
そうそう、そのヨウラクの場所も候補だったのですが、開花状況がわからなかったのでマツオにしました。来年以降、そこもぜひ行ってみたいと思います。
インレッドさんは、色々な良いル―トをご存知なので、これからも参考にさせていただきますね🙇
2016-04-28 木 09:19:24 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ