■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

博士山
みどり豊かな静かな山

2016年6月24日(金)

今年は、各地で熊の出没が多い。
そんな時に、しかも熊の多い会津地方に登山者の少ない平日に足を踏み入れた。
会津の山は、自然豊かで山の木々が美しく大好きなのだが、そうそう簡単に来られる距離でもないのが残念。

数年前の残雪期に登山口まで行ったものの、雨が止みそうもないのでドタキャンした博士山に、やっと行かれましたよ。

0001_20160629222537699.jpg
熊の顔やら血しぶきがリアルというか、怖さを引き立てるような看板。



前夜泊のため、道の駅からむしへ向かう道中 道端にいる鹿に何度か遭遇。
明るくなってから支度をして、大成沢登山口の駐車場へ。
0002_201606292225384fe.jpg

博士山登山口には、例の熊の看板。
当然、今日は熊鈴はもちろん、パフパフラッパ、クマ除けスプレーのフル装備。
0003_20160629222540686.jpg

パフパフ鳴らしながら登山道に入ると、案の定 グリーンの清々しい空気に包まれる。
0004_20160629222703f76.jpg



小沢を越えたりしていると、道海泣き尾根の取り付きに到着。
0006_20160627234726812.jpg

ブナの美しい木々の中を進んで行くと・・・
0007_201606272349268c2.jpg

どんどん急登になってきて、梯子なんかも出てくる。
0008_20160627234927b0e.jpg

岩を抱くように根が張っているところを越えたり
0009_20160627234929190.jpg

歩き始めて約1時間。
急登をゼイゼイ登って行くと「シャクナゲ洞門」がありましたよ。
0010_20160627234930584.jpg

トラロープが張られて、通行禁止になっているので通過時に横から撮影
0011_20160627235015a44.jpg

この木は死んでいるのだろうか?
結構な大きい木が、このように立っているのも非常に不思議な光景
0012_20160627235016cdd.jpg

ゼイゼイの急登が、少し緩んできたなと思ったら やっと博士山からの尾根に乗った。
ここは、近洞寺コースの分岐。
大きな木々の中で、しばし休息。
0013_2016062723501856b.jpg

山頂方面に進みだすと、稜線の木々の間から残雪を付けた山並みが見えた。飯豊だと思うけど
0014_201606272350199e5.jpg

尾根上には、非常に大きな木が多い。
0015_2016062723502148f.jpg

ヤマツツジが咲いていた。
稜線上、灌木が生えていて分かりにくいが すっぱりと切れ落ちている場所なんぞもあった。
トラロープが張られていたが、横から見ると雪庇ならぬ「土庇(どっぴ)」(てくてく造語ですよん!)になっていて、地面の下がえぐれてるじゃん!ってところもありましたよ。
0016_20160627235116cf3.jpg

山頂手前の社峰という小さいピーク。
看板の文字は読めなかったけど
0017_201606272351170f7.jpg

ブナの綺麗な林の中を 最後のひと登り
0018_2016062723511949f.jpg

博士山山頂。
周りに木が茂っているのと ガスが湧いてきたのとで 展望は得られなかった。
ランチタイムとしたが、この時ブユやらヌカカらしきものが沢山いて 虫よけをスプレーしまくっていたのに何か所も刺されてしまい、今現在も痒みと跡が残ってしまっている(怒!!)
ほんと、コイツら頭にきますな。吸血させてやっているんだから、お礼されて当たり前なのに 痒みの置き土産をするとは!!
0019_20160627235121980.jpg

花はこれくらい
0041_20160629222934086.jpg

0042_201606292229352ac.jpg

下山は近洞寺コースを行く。
ガスっている稜線上に 大木が並んでいるのがなんだかとても奇妙な光景
不思議と登山道わきに大木が多い
0043.jpg

近洞寺跡というとこで一休み。
いったいどこに寺があったのだろう?
0020_201606272351223a6.jpg

下山途中の木に大ナメクジがいた。
0021_2016062723535664c.jpg

下山も途中急坂が続くが、高度が下がってくると大木も姿を消してくる
0022_2016062723535734a.jpg

この辺も、なかなか美林でしたよ
0023_20160627235359448.jpg

林道が見えてきた。
0024_20160627235400139.jpg

林道を歩いている途中、綺麗な色のアジサイが
0044.jpg

駐車場までの15分の歩きが長く感じたのは やはりアスファルトのせいですかね?
0045.jpg

幸い熊の気配はまったくありませんでした。
もちろん人にも会いませんでした。
ガイドブックによるとクロベの樹齢何百年という大木とありますが そのような木がごく当たり前のように尾根に続いているという光景が、とても珍しく感じましたよ。
虫に喰われたのが腹立たしいけど、静かで美林を堪能できる会津の山は やはり良いですね~

タイム:駐車場6:45-近洞分岐8:10~8:30-博士山9:15~10:00-近洞寺跡10:50~11:00-林道12:00-駐車場12:15
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

福島 | 00:02:23 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
しっとり感が伝わってくる森ですね。
この山の名前の由来は何なのでしょうか?
2016-06-30 木 08:11:47 | URL | 爺親 [編集]
爺親さん、こんばんは。
晴天じゃなかったので、よけいしっとり感があったのかもしれませんね。
そうですね、博士山って どこからきた名前なんでしょうね?
2016-06-30 木 19:54:34 | URL | てくてくA [編集]
てくてくさん

今はどこに行っても人だらけなので、静かな山は貴重ですね。
ナメちゃんの2つ上の写真なんか、とってもいい雰囲気で素敵です。

やっぱし環境がいいせいか、山のナメクジは巨大化するんですね。
2016-07-03 日 21:10:30 | URL | 目目連 [編集]
目目連さま、お久しぶりです!
大変静かでしたよ。
特に尾根に沿ってるかのように、くろべ(針葉樹)の大木が並んでいる光景が不思議でした。
今までそういう植生見たことが無かったような。
2016-07-04 月 09:35:39 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ