FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

二子山 中央稜
2011 10月29日

関東在住のクライマーにとっては絶好の腕試し的場所の秩父二子山
もちろん天然の岩稜ルートだが
昨今はゲレンデにカテゴリーされているみたいだ

P1030542.jpg



P1030534.jpg

取りつきの岩相
足を乗せたら剥がれ落ちてきそうな石灰岩のフレークだが
岩は硬くしっかりと張り付いている

P1030536.jpg

1ピッチ目はフェースを10m程登り
ルートはそこから大きくせり出したフレークを巻きこむように
右に90度屈曲する
ここの通過は本ルート中2番目に難しい

振り返ると両神山のスカイラインが見渡せる

P1030537.jpg

2ピッチ目はフェース左を登り
途中からリッジを跨ぎ右のルンゼの中へ逃げ
その上の狭~いテラスでピッチを切る

P1030541.jpg

そして出ました核心のフレーク越え
7年前に登攀した際に、フットジャムで登っていて
ルートクラックにクレッターシューズがはまり込んで抜けなくなり
あたふたしたことを思いい出す

何人ものクライマーが落ちた場所なので
慎重に細かいムーブで抜けきる

P1030538.jpg

とんがりコーン・フレークを抜け出してきた”てくてくA”

P1030542.jpg

テラス間近では余裕のムーブ?

P1030544.jpg

3ピッチ目の終了点は大きな広場になっており
休憩するのに丁度良い場所だ。
行動食を採りながら30分程腰を下ろした

後続パーティーも続いているようだが
追いついてこない

ここから中央稜は上部登攀に入る
ルートは扇状のように左右に広がる
我々は最左のルートを選んで登った

4ピッチ目で確保中の”A”
左下に見えるのは3ピッチ終了点の広場

P1030545.jpg

5ピッチ目は右上するバンドのフェースを縫うように登りドームへ

P1030551.jpg

ドームの中のやや難易度の高いルンゼを抜ける

P1030552.jpg

ここを上がれば主稜線に乗り終了点も間近

P1030554.jpg

この後、登山道へ合流、3分で西岳の山頂へ
秋晴れで気持ちが良いので1時間ほど滞在した

P1030559.jpg
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

埼玉(岩) | 09:56:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ