FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

四郎沢
やっとの沢始めは、思いっきりなまっちょろく~

2016年7月10日(日)

今年も諸般の事情もあり なかなか沢始めができなかった。
おまけにAが6月半ばから体調が悪く、ますます沢から遠ざかってしまっていた。
体調不良でも高温の下界にいるより山に行く方がマシだろう。
ひと月前に四郎岳に行った時、登山道脇の四郎沢のナメが良さげだったので 水遊びがてらに偵察することにした。
ネット情報によると、稜線に出るのに それなりの藪漕ぎがあるらしい。
体調不良もあるので、はなっから稜線に出るつもりなんて無い、フニャフニャ沢遊びでいこー!

0001_20160712223442767.jpg



ひと月ぶりの丸沼温泉の駐車場。沢装備で出発。
高校生の集団がうろうろしていた。写生合宿らしい。
登山道を進むと、途中に絵を描いている生徒が数名いた。
0002_201607122234442b1.jpg

ナメが出てくるまでは登山道を行く。
30分ほどで、ナメが出てきましたよ~
0003_201607122234460de.jpg

ひたひたと進む。
Aとしては、昨年の怪我以来なので ゴーロはビビルが こういうヒタヒタはウェルカムなのだ
0004_20160712223447b98.jpg

登山道が尾根を上がる先も、しばらく続くナメ
0005_2016071222344936e.jpg

いいじゃないの~
と、ニコニコ進んでいたら・・・・
0006_201607122235420ba.jpg

倒木帯が出てきましたよ~
しばらく、ジャングルジム状態を進む
もう、二度と怪我したくないので どうしても足元に細心の注意を払うため ますますノロノロとなる
0007_20160712223544433.jpg

ジャングルジムをやっと抜けると、二段の滝が見えてきた
0008_201607122235450b5.jpg

う~ん、どうしますかね?
今日は、詰めあげるつもりがないので この滝上がってもまた降りなければならないわけで。
みたところ、ヌメッとしていてクライムダウンできそうもない。
懸垂の支点も あまりなさそうだし・・・とAがうだうだ言っているので、Bが上を偵察に行ってくれた。

・・・が、上も二俣になっているものの 両方とも倒木帯とのこと。
じゃあ、登っても意味ないなあ・・・ということで、今日はここでおしまい!

出発時、非常に体調も悪く気分も悪かったのだが 自然の力か、滝のマイナスイオンを浴びているせいか かなり気分が良くなっていた。
0009_20160712223546a05.jpg

もう一度ジャングルジムを戻り、ナメがでてきたところで40分くらいのんびり。
今日は、沢始めというより水遊びってとこですな。
でも、体調も良くなってきたし涼しいし じゅうぶん気分転換になりました。
0010_20160712223624a10.jpg

ナメも上の方は白っぽくて、下の方はこの写真のように赤っぽかったのは 苔のせいでしょうかね?
0011_201607122236264f9.jpg

タイム:駐車場8:25-ナメが始まる8:55~9:10-二段滝9:35~10:00ー10:10~10:50-ナメの終わり11:10~11:25-駐車場11:55

思っていたより ナメの距離が短いですね。実質数百メートルってとこです。のんびり歩いても10~15分で終わってしまいます。
もしかしたら、昔は滝のところまでナメが続いていたのでしょうか?
すっかりジャングルジムで覆われてしまっていました。
ここ数年、各地でのゲリラ豪雨により 倒木で荒れてしまった沢が多いのかもしれません。残念ですね。

帰りに前回と同じく、鎌田のほっこりの湯(550円)に寄って帰りました。時間が早かったので お風呂は貸し切り状態でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬(沢) | 23:35:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する