■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

桂小場から木曽駒ヶ岳(後編)ピストン
短気起こして帰らなくて良かった~!!

2016年7月17日(日)~18日(月)二日目

小屋の悪いイメージ(消灯になってもウルサイとか、ヘッデンで人の顔を照らすとか・・・)も杞憂に終わり、思ったより良く眠れ 早朝出発の人達が屋根裏から降りて来る音で目覚める。
どうやら、外は天気が良さそう!!やったー!

さっそく、小屋のサンダルをつっかけて 小屋の前のピークに登る。
既に先客が何人もいて、日の出を待つ。
0001_201607262241016cf.jpg
(八ヶ岳から登る朝日)


槍ヶ岳から八ヶ岳、南アが雲海の上によ~く見える。
(パノラマ写真です。クリックしてね)
0025_201607262301064c8.jpg

今か今かと日の出を待ちつつ、久々の夏山の日の出前の荘厳な美しさにうっとりする。
(パノラマ写真です。クリックしてね)
0002_20160726224103d92.jpg

振り返ると、朝日を受ける宝剣や空木
0003_201607262241049ee.jpg

小屋も赤く染まっている
朝食の時間も迫っているので つっかけサンダルで慎重に戻る。
早朝発の人達が結構いたので、朝食は一回戦で食べる事ができた。そそくさと準備して、木曽駒へ出発する。
0004_2016072622410539f.jpg

登山道に惜しげもなく咲くコマクサ
0005_2016072622410755b.jpg

夏山JOYだね~
昨日帰らなくて良かった
0006_20160726224241623.jpg

聖職の碑
夕飯前に食堂で「聖職の碑」の映画を放映していたが、それを見ている若者グループが この実話を全然知らないようで 子供が事切れる場面をゲラゲラ笑って見ていたのには驚いた。
山を始めた高校の頃、むさぼるように新田次郎を読んだ私からすると 隔世の感がする。
0007_2016072622420975e.jpg

0008_20160726224211543.jpg

振り返る
0009_20160726224212bb6.jpg

濃ケ池が かなり干上がっていた
0026_20160726231956a82.jpg

あと少しで頂上ですよ
0010_2016072622432655b.jpg

頂上到着。
おお!素晴らしい展望ですよ~
前回来たときは、雨とガスで まったく何も見えなったからなあ
宝剣や三の沢岳、空木や南駒ヶ岳がこんなに見えるんだな。
0011_20160726224327f94.jpg

パノラマ写真です。クリックしてね
0012_201607262243292ea.jpg

空木への縦走路とその奥に大きく構える南駒
0013_20160726224330ec2.jpg

展望をたっぷり楽しんだので、戻りましょう
0014_2016072622433211e.jpg

帰りに、将棋頭山に寄りましたよ。ここも360度の大展望ですね~
奥には御嶽が見える
0015_20160726224428e54.jpg

木曽駒~宝剣~空木までもが良く見えます
0016_20160726224429716.jpg

3月に行った経ヶ岳が眼下に見える。
こうやってみると、目だったピークの山では無いですなあ。
0017_20160726224430383.jpg

伊那谷方面と八ヶ岳方面から南ア方面(クリックしてね)
さて、戻るとしますか。
0024_2016072622452395c.jpg


将棋頭山を振り返る。御嶽が奥に
0018_20160726224432c2d.jpg

登るときに 気が付かなかったが、天水岩
0019_20160726224434857.jpg

小屋に置いておいた荷物を整理し、さーて下山しましょう。
名残惜しく、木曽駒を振り返る
0020_201607262245173c6.jpg

来る時は風雨で何も見えなかったが、茶臼山と行者岩を見る事ができた
0021_20160726224519556.jpg

来る時は、湿度100%のような不快極まりない樹林帯だったが 帰りは晴れたおかげで それ程不快感はない。
0022_20160726224520c1a.jpg

イイ感じの林もあるんだけど、来たときも感じたダラダラと長い登山道に汗をびっしょりかきましたよ~

そうそう、下りの途中 後ろの方でガサゴソと音がしたので ふと振り返ったらトレランの人が迫っていました。
あまりに突然でビックリして声をあげてしまいましたよ。心臓が止まりそうでした。
ホント、今までも何度かありましたが こういうの勘弁して欲しいです。
早い人に抜かれるのは一向に構わないですが、突然音もなく迫って来て脅かされるのは 心臓に悪いですよ。
トレランされる方たち、鈴を付けるなり 事前に迫ってくることを知らせる手段をして下さいよ~!!
0023_20160726224522f0b.jpg

タイム:小屋5:30-木曽駒頂上7:10~7:35-将棋頭山9:05~9:20-小屋9:30~9:40-六合目10:30~10:40-野田場11:45~12:00-登山口12:45


経ヶ岳を下山した時にも寄った、みはらしの湯で汗を流して帰りました。
初日の悪天候と体調不良には参りましたが、大どんでん返し~のおかげで 久々の夏山本来の素晴らしさを味わう事ができましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

長野 | 11:32:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ