■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

茂倉岳(茂倉新道からピストン)
久々の急坂で筋肉痛~

2016年9月3日(土)

八月の後半は、週末の天気が芳しくなく結局山に行かれなかった。
土曜の天気が良さそうなのは新潟方面だった。そうだ、久々に谷川周辺はどう?
地図を見ていたら「ブナの美林」とある、茂倉新道を行ってみましょう。

R0000397.jpg



土樽駅方面への魚野川道左岸の道を行くと、毛渡橋が通行止めになっていた。
再度引き返して、対岸の右岸の林道を誘導され登山口の駐車場へ。
だだっ広い草原の駐車場には、二台とまっているだけだった。
0001_201609042330149ea.jpg

茂倉新道へ入っていく。
0002_2016090423301562f.jpg

急坂をどんどん登って行く。粘土質の滑りやすい道には虎ロープが付いていたりする。
0003_201609042330173b4.jpg

地図に載っていたブナ林が出てきましたよ~
0004_201609042330197e2.jpg

登山道脇にクロベの木が出てくる。なんか、博士山に似ているなあ
0005_20160904233020f87.jpg

おぉ!久しぶりに見る「虫こぶ」
何度見ても、甘酸っぱい美味しそうな実に見えるんだけどなあ・・・
0006_20160904233108b48.jpg

樹林が開けて、万太郎が見えました
0007_201609042331098ec.jpg

ポッコリと特異な姿を見せるのは 大源太山
0008_20160904233111cd4.jpg

クロベの根っこが凄い!結構歩きにくかったりする
0009_20160904233112155.jpg

樹林帯から抜け出て視界が開けるのは良いが、さすがに暑い!
0010_201609042331497ad.jpg

ふ~!やっと矢場の頭。
日差しの中、一休み。既に汗びっしょり
0011_20160904233151b20.jpg

頂上方面は雲に覆われている。
風もかなり強くなってきて、どんどん雲が流れてきている
0012_20160904233152ac5.jpg

万太郎谷の方を覗いてみたら、関越トンネルの排気口の煙突が見える
0013_201609042331541b4.jpg

足拍子山が、すでに眼下の位置に
0014_20160904233155566.jpg

ふぅ~まだまだあんなに登るのか・・・
小屋が見える
0015_2016090423324464c.jpg

矢場の頭から小屋までの間、強風の中ゼーゼー言いながら登っていると、登山道わきに色々と花が咲いていた。
すっかり疲れてしまったのと、頂上の雲もとれなさそうなのでひとまず小屋の中でランチタイムとしましたよ。
小屋の中は、結構きれいでした
0016_201609042332460eb.jpg

ランチの後、ひと登りで茂倉岳の頂上。
0017_2016090423324833b.jpg

展望はこの程度。
しばらく風に吹かれて、すっかりクールダウンできました。
0018_2016090423324949f.jpg

さ~、来た道を戻りましょう
0019_201609042332504da.jpg

小屋のちょっと上から。
こうやってみると、結構急な道なんだなー
0020_20160904233340621.jpg

下りは花を愛でながらのんびりと。
ってか、けっこう急だし足元も悪かったりするので若かりし頃のようにバンバン下れないだけなんだけどね。
ハクサンフウロ
0021_20160904233341519.jpg

名前わかりません
0022_201609042333430bd.jpg

登りもゼーゼー言ったけど、下りもガクガク
でも、気持ちの良い展望
0023_20160904233344b96.jpg

名前わかりません
0024_20160904233346dc1.jpg

リンドウ?
0025_2016090423342977e.jpg

これは、わかる!トリカブト
0026_20160904233431058.jpg

下ってきたら、青空がまた出てきた。
風があるものの、でも暑い~
登山地図のコースタイムは、茂倉岳頂上から矢場の頭まで55分って書いてあるけど、1時間15分かかりましたよ。
ホントに55分なんかで下れるんだろうか??
実地調査省いて適当な時間書いたのか、我々の足が鈍足すぎるのか??
0027_20160904233432f3a.jpg

すっかりヘロヘロの足になり、最後の下り。
太いブナの木が慰めてくれた
0028_20160904233434902.jpg


タイム : 駐車場7:30-矢場の頭9:50~10:00-茂倉避難小屋11:15~11:50-茂倉岳12:05~12:30-矢場の頭13:45~14:05-駐車場15:50

大汗をかいて、駐車場に戻りました。いや~疲れた。
岩の湯により、やっと一息つけました。
久々の山だったせいなのか、急な道の登り下りをしたせいか 四郎岳以来の酷い筋肉痛になりましたよ。
標高差1,100程度(?)なのに、こんなに疲れちゃうなんてねえ。
デスクワークのせいなのか、歳のせいなのか・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

新潟 | 22:43:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ