■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

裏那須  三倉山 大倉山
その場に立ったら
脚を踏み出さずにはいられなくなる尾根


2016年9月10日(土)

R0000461.jpg
観光地化された茶臼から三本槍にかけての
東面の表那須に対して
この裏那須エリアは自然が色濃く残る人気(ひとけ)の少ないエリアだ。

この稜線への一般的なコースは
福島県の会津下郷より林道大峠線を詰めるルートだ。

表側から三斗小屋温泉経由や三本槍経由で
大峠に至るルートもあるが日帰りとしてはあまりにも長い。



林道がダートになって数キロ地点にある駐車場に7時に入ると
既に6台の車が止まっていた。
R0000415.jpg

身支度を整えると林道終点へ向けてバリケードを跨ぐ。
しばらくの間、床下の高い四輪駆動車のみが通行できる
荒れた林道を進む。
R0000417.jpg

10分ほどで林道終点に到着。
ここからもしばらくは幅の広い道を進む。R0000418.jpg

鏡ヶ沼へのトレースを分けると
R0000420.jpg

一里塚票石が出てくるが
「左へ拾米」と書いてある。
R0000422.jpg
票石の左の笹薮を10m程進んだ場所に一里塚があるらしいが
何で道に面してないの??

大峠に至るこの道は「松川街道」といい
煙草の葉の産地であった会津地方から江戸へ
鮮度を保つ期限5日で運びこむために
時の会津藩によって開道された、江戸への最短ルートだ。

途中、道は新旧の2本に別れ大峠直前で再び合流する。
R0000428.jpg

R0000427.jpg

これから登る裏那須の尾根
R0000423.jpg
長い急坂の登りに備えて靴ひもを締めなおす。

先週の茂倉岳での筋肉痛に鞭打つようにジリジリと登っていく
R0000432.jpg

途中で振り返ると
三本槍へ向かうトレース
R0000429.jpg

茶臼岳の牛ヶ首からの噴煙と、三斗小屋温泉からの噴煙
R0000433.jpg

三本槍岳(中央)
R0000431.jpg

いつものことながら急登は厳しいが
振り返ると目に飛び込んでくる絶景が苦しさを和らげてくれる。

ひいひい言いながら尾根に乗ると
一投足で流石(ながれいし)山のピークに到着、一本。
R0000438.jpg

尾根の上は冷たい風が吹き抜けて実に気持ちが良い。
そしてこれから進むプロムナード
R0000439.jpg

尾根の南側から突き上げてくる「井戸沢
R0000467.jpg
井戸沢は終始上部が開けた明るい沢で
なんとこの登山道に藪漕ぎ無しで到達できる。

気持ちの良い尾根
0010_20160912215817806.jpg


尾根上には所々に池塘が点在します(後ろの湖沼は深山湖)
R0000442.jpg

五葉の泉
R0000443.jpg

池の中には?確認できますか??
これオタマジャクシじゃないですよ。
黒サンショウウオです。
R0000444.jpg

先に進んで、一段上がった場所から五葉の泉を振り返る
R0000460.jpg

この後、少しずつ灌木が増えて視界をさえぎるようになると
0014_2016091208270693c.jpg
大倉山のピークに着いた。

ここから一度大きく下り、登り返すと
0018_20160912212057489.jpg

360度大展望!のはずの三倉山に。
0019_201609120827073c3.jpg
でも、ちょうどこの頃にガスが上がってきて
周りの展望はちょっと残念。

風も弱く暑かったが腹が減っていたので
ここでランチとする。

そのうちにガスが晴れて秋空が見えた。
R0000455.jpg
下層の積雲(夏雲)と上層の巻雲(秋雲)があり
9月に入って空が高くなってきたことが分かる。

大亀の木?の実
R0000452.jpg

R0000453.jpg

秋は青紫の花が増えますね。
エゾリンドウ
R0000466.jpg

復路の途中から表那須連山
0022_201609120827108c9.jpg

click please
0020_20160912082709564.jpg


一ヶ月後のこの稜線上は
目を見張るような鮮やかな三原色の紅葉になることが
植生を見ていて分った。


タイム:林道駐車場7:25ー大峠8:15~8:20-流石山9:20~9:30-大倉山10:25~10:35-三倉山11:05~11:45-大峠13:50~14:00-林道駐車場14:40







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島 | 22:05:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
実は昨年に三斗小屋温泉に宿泊しました。
宿から見えていた一際高い稜線だったのですね。
温泉に入る目的で訪れましたが宿泊を余儀なくされました。
でも、とても趣のある旅館で寛げましたけど。

てくてくさん達は本当に良い場所を選んで歩かれますね。
2016-09-14 水 22:13:01 | URL | 爺親 [編集]
爺親さま。

なるほど
稜線から建物が確認できたのですから
温泉からも稜線が見えていたわけですね。

私は訪れたことがないのですが
昔は登山者の日帰り入浴ができたらしいですね。

本来
井戸沢からの帰りに通過する場所なのですが
ついついショートカットして沢の中を下ってしまうので
未だ実現していません。
2016-09-15 木 12:57:36 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ