FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
220位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

長七郎山周辺(赤城)
せっかくの連休だけど

2016年9月17日(土)

大行沢に行った時にBが足を痛めてそのまま放置していたが、整形に行って理由が判明。
せっかくの三連休の案も、秋雨前線のため決行できないしBの足の具合も様子見した方が良いだろう。
連休初日の晴れ間を見計らって赤城山でのんびりハイクでもしてみましょう。

0001_20160918232156103.jpg
おとぎの森


赤城への道路は赤城ヒルクライムとやらのレースの一週間前のせいか やたら自転車が多い。
小沼の駐車場に車を停めて、まずは小地蔵に行ってみましょう。
さすが、秋の気配の漂う気持ちの良い空気の中を歩き始めると駒ヶ岳が望め大沼が眼下に
0002_20160918232157be4.jpg

ハイキング道を、まずは小地蔵へ。
看板のある頂上は、樹木に囲まれ展望はない。
0003_20160918232200d6f.jpg

長七郎へのなだらかな道を登って行くと日光白根が見えた。
0004_20160918232201c95.jpg

すぐに、長七郎山。だだっ広い
まだほとんど歩いていないというのに、お腹が空いてきていたのでさっそくランチタイムにしちゃいました。
0005_201609182322026f1.jpg

ランチをとっているあいだに、みるみる雲がでてきてしまい展望もなくなってきた。
地蔵岳の上には、厚い雲がかかって来た
0006_20160918232256c0f.jpg

ところどころ開けた場所から、雲海のかなたにちょっと山並みが見えたんだけど、どこだろ?
0007_201609182322588af.jpg

銚子の伽藍方面に進む
道が次第に笹のボサボサかかるようになってくる
0008_2016091823225913a.jpg

右下の沢をのぞき込んでみたら、滝がみえた
0009_201609182323019d7.jpg

途中、右下の崖方面に分ける踏み跡があったのが銚子の伽藍への道だと気が付かず、気が付いたら「おとぎの森」に到着してしまった。
0010_20160918232321998.jpg

温泉掘削跡だとかいう看板があったから、かつて伐採とかがあったのだろう。
ちょっとした広場になっていて、なかなか良い感じの林が広がっていた
0011_2016091823232392e.jpg

おとぎの森の先を進み、分岐の看板を小沼方面へ
0012_201609182323245cf.jpg

一旦小沼湖畔で休憩の後、血の池へ向かった。
赤い池を想像していたら、看板の通り。紅葉の時に来ないと血の池にならないんだね~
0013_2016091823232630f.jpg

まだまだ全く紅葉してませんでした
0014_20160918232327edd.jpg

タイム:駐車場9:35-長七郎山10:15~10:55-駐車場13:00
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 00:33:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する