FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

唐沢山ハイキング
10月なのに熱中症になりそう

2016年10月2日(日)

0021_20161003214002652.jpg

ちょっと遠出ができなかったので、近場を歩いておこうと調べたら「唐沢山ハイキングコース」というのがあった。
唐沢山は、何度も行っているがこのコースを歩いたことがなかったので、この時期ちょっと暑そうだけど行ってみましたよ。

道の駅どまんなかたぬまで、まずは野菜購入。ここに車を停めて歩き始める。
歩き始めからすぐに暑い・・・・
帽子もってくれば良かったと後悔。


ハイキングコースは、車道を進むようになっている。
林に入ったものの、なんか湿度は高いし風は無いしで汗がじわじわと出てくる
0001_20161003214029f9d.jpg

車道を上がっていき、少し展望が開けた
0002_20161003214031766.jpg

見晴小屋入口の看板に従い、やっと登山道風の道に入る
0003_201610032140321d7.jpg

途中、「初心者コース」と「山頂」という看板がある。
要は、ピークを踏むか巻道を行くかの違い。
全てピークを踏んで、大汗をかいてやっと3つ目のピークの見晴に到着。「見晴小屋」というが小屋は無い。
0004_20161003214033e40.jpg

展望が開ける。
車を置いてきた道の駅も見えた
0005_20161003214035e1a.jpg

歩いてきた尾根。見るからに暑そう
0006_20161003214144b8f.jpg

見晴小屋を過ぎた先にちょっとした岩場に寄り道。
唐沢山神社と一番奥の山並みは岩船山。
大震災で岩船山のキレットが大きく崩壊してしまったのを震災後に初めて見た時は驚いた
0007_20161003214205a68.jpg

じきに車道に出るが、そこが鏡岩だった。
車で通った時には気が付かなかったな。
0008_20161003214206d48.jpg

大きな岩に上がると、展望が開ける
既に暑すぎて立ちくらみがしていた
0009_20161003214208c26.jpg

道路を渡って登山道に入ったら、そこはレストハウスのすぐ下だった。な~んだ、ここに出るのか。
唐沢山には、猫が結構いるので 実はほんの10日程前にも猫を触りに来たんですよ~
ここで、しばらく猫を撫でまわしました
0010_20161003214209407.jpg

唐沢神社を通り抜けて、京路戸峠方面になおも進む。
湿気はあるし暑くてたまらん!
「道の駅で新鮮野菜買って、猫を触りまくる」って、我ながら良いプランだと思っていたが 時期が悪すぎたわ~
暑すぎて歩くのが億劫になってきた
0011_20161003214211d87.jpg

やっと京路戸峠。
ここから多田駅方面に下る。途中じめじめして虫に刺されそうなところがあった。
0012_20161003214300ff6.jpg

振り返り、今日歩いてきた稜線を眺める。
駅まで工業団地の中のカンカン照りの中を歩いていてクラクラしてしまった。熱中症一歩手前か?
余力があったら道の駅まで歩いて戻ろうと思っていたが、とてもそんな気力は無し。
電車が行ってしまったばかりだったので、次の電車を40分も待って吉水駅まで戻った。
0020_201610032138230b5.jpg

タイム:道の駅9:20-唐沢山11:00~11:30-京路戸峠12:45-多田駅13:20

いやはや、灼熱地獄でした。10月だというのに。
暑い秋は嫌です。
唐沢山ハイキングコースは大平山と同じ位置づけかと思っていましたが、大平山のようにたくさんの人が歩いている感じじゃないかも。
今回も、後ろから走って来たトレランの人に心臓が止まる思いをしました。
お・ね・が・い!!
トレランの人、鈴つけて~
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 22:35:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する