FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
134位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

帳付山(西上州)
西上州らしさを持った展望台

2016年12月3日(土)

12月に入って、雪山に足慣らしに行きたいところだったが近場だとまだまだ積雪量が少ないようだ。
雪山じゃなくこの時期に行く山といったら、やっぱ西上州でしょう。
前回行きそびれていた帳付山に行ってみましょう。それも、軟弱な社壇乗越からのピストンというお手軽コース。

0023_20161204230734487.jpg



4月に宗四郎に行った時車を停めた天丸橋から林道をさらにあがった社壇乗越に車を停める。
国道を走っていた時、気温マイナスの表示があっただけに結構寒い。0001_20161204230958c4d.jpg

カーブのところが登山口になるが、そこから浅間山の白い姿が良く見える。
0024_20161205225519d7c.jpg

冬枯れの寒々しい林の中、幅広の道が続いている
0002_20161204230959d1d.jpg

途中、天丸山のピークがみえる。
今度は、北陵から行ってみましょうかね。
0003_20161204231001f2a.jpg

以前来たときは、新緑のとても綺麗だったあたりだとおもうが、この時期はすっかり色が無くなっている。
0004_20161204231002ecf.jpg

ずっと日陰の寒々しいみちから馬道のコルにでると、暖かな日差しが当たっていた。
0005_2016120423100406a.jpg

3年前くらいの写真には、矢印の看板がしっかり付いていたのに 矢印は杭から落ちており杭は熊がかじったような跡があり熊の毛らしいものも付いていた。
0006_20161204231142eaa.jpg

PC030029.jpg


これから向かう、帳付山方面への尾根
0007_201612042311447b0.jpg

尾根上に岩場があると、直上コースと巻道とがあったりするので お好きな方にどうぞ~
0008_20161204231146eb2.jpg

ちょっとした岩場の上にでたら、帳付山頂が望めた。
この写真だと分かりにくいが、頂上の手前側は岩の屏風のようになっている
0009_201612042311476bd.jpg

PC030028.jpg


すぐ横がすっぱり切れていたりして、なかなか高度感を感じる
0010_20161204231246b08.jpg

急斜面と岩場。う~ん、西上州らしいですな~
0011_20161204231247348.jpg

ロープの付いた木をまたぐ箇所。
このコース一番の難所かも
0012_20161204231249e33.jpg

PC030012.jpg


天丸山の頂上や春に行った大山の頂上が見える。身を乗り出したら宗四郎も見えた
西上州らしい、トンガリがたくさん
0013_20161204231250fd1.jpg



登りが続いて、もうそろそろかな?
右側は、のぞき込むとかなりの断崖絶壁なんですよ。落ちたらもちろん助からないでしょう。
0014_201612042312523a9.jpg

帳付山山頂。
ここは木に囲まれて、展望は無い
0015_2016120423135373c.jpg

その先の西側の岩場が展望台らしいのでそこまで行きましょう
0016_20161204231354c57.jpg

おお!確かに!
左側のプリンは蓼科山。その右に白く見えているのは北アの穂高~槍方面だとおもうが 穂先を確認できなかった
0017_2016120423135681c.jpg

八ヶ岳も白く輝き、赤岳もはっきりと確認できる
0018_20161204231357275.jpg

浅間山
0019_20161204231359dcd.jpg

北アの後立方面。
鹿島槍の特徴的な双耳峰や五竜もはっきり確認できた。
0020_20161204231440cd0.jpg

これらの素晴らしい景色を眺めながら 下をのぞき込むと結構断崖になっている岩場の上で Bがみぞれ汁を作ってくれ いつものようにたっぷり一時間はランチタイムとなりました。
そろそろ腰を上げようという頃に、本日初めて会う登山者がやってきました。

もどる途中、大ナゲシ方面
0021_20161204231441c42.jpg

冬枯れの落ち葉の積もったこういう尾根、大好きです
0022_201612042314434e1.jpg

タイム:登山口7:35-馬道のコル8:50~9:05-帳付山10:30~11:30-馬道のコル12:40~12:50-登山口13:50

社壇乗越からのピストンだと、とってもお手軽(最近、こんなのばかり・・・汗)
冬枯れの時期の西上州は、やはり良いですね~静かだしそれでいてアトラクションもあったりして。
思いがけず、北アの銀嶺が見えてお得気分でした。
ヴィラせせらぎに寄って帰りました。ここのお湯は、見た目水道水のようですが非常に温まる温泉ですよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 23:45:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
またまた渋い・・・
今晩は。
渋い山がお好きなようですね。この界隈は最近は
2年前に登った宗四朗以来登っていません、天丸から
そちらに行ったのが最後です。
2016-12-06 火 20:05:42 | URL | インレッド [編集]
インレッドさん、こんばんは

そうなんです、渋いというか静かな所へつい足が向いてしまいます。冬枯れの時期の西上州は、まさにピッタリなのですよね。
とは言うものの、上野村は遠いのが難点です。
地味ですが、楽しい山が多いですよね。
2016-12-06 火 23:11:50 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ