FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

伊豆ケ岳~武川岳~二子山
冬晴れのプチ縦走

2016年12月11日(日)

この週末は、寒気が入るが天気が良いそうだ。
Bが用事のため出かけられないので、A単独となるとノーマルタイヤで行かれるところから選ばざるを得ない。
近場の奥武蔵で、まだ行ったことのない二子山に行ってみようと思い地図を出す。
道の駅からのピストンだと、あまりに短すぎるなあ、と見ていたら そうだ!電車使えば良いじゃん!という事に気が付いた。

0036_2016121222322576c.jpg



まずは、道の駅芦ヶ久保に向かう。
車を停めて、すぐ上にある芦ヶ久保の駅へ向かう。西武線の無人駅だ。ひゃ~すごく寒いよ~
0001_20161212223243102.jpg

秩父から来る飯能行きの上り電車で一駅。
正丸駅に降り立つ。駅前に登山者が二人いた。
0002_20161212223245588.jpg

線路をくぐり、しばらくは民家を見ながら道路を進む。
社のある分岐から左手の山道が伊豆が岳への道だ。標識には、大蔵山コースとしか書いていないので再度地図を確認した。
0003_2016121222324656d.jpg

沢沿いに道は続いている。
途中、元気プラザへの看板があるが道はあくまで沢沿いを進む。
こういう里山に多いんだよね、肝心の行き先が書いていない看板しかなく、看板に書いてあるのはいったいどこのこと?ってのが。
まあ、地図を見れば道は沢沿いについているのだから間違えようがないのだけど、地図を見ないと間違えちゃうかも。
0004_201612122232472f6.jpg

沢沿いの植林のなかから、やっと明るい林に出てくる。滑りやすいここを登りきるとやっと尾根に乗る。
尾根に乗ったら、右手に尾根を登って行く。
0005_20161212223249da6.jpg

駅から1時間。小腹がへったのでちょっと休憩。
今日これから行く二子山方面が見えた。
0006_2016121222333246d.jpg

3年前リハビリで伊豆ケ岳に来た時通った五輪山のピークは巻いて、正丸峠からの道に合流。
今日も、男坂を行ってみましょう。
0007_20161212223333bda.jpg

手袋だと滑るので、素手で冷たい鎖を握る。今日は寒いので手がかじかむなあ。
0008_2016121222333518f.jpg

鎖の本数が多くなってくると、鎖場の終わりも近い。
0009_20161212223336c54.jpg

伊豆ケ岳に到着。先客が3名いた。
前回来たときはガスってたが、今日は晴天。だが、騒がしい人がいたのでゆっくりせずに先に進みましたよ。
0010_201612122234156ae.jpg

滑りやすい道を下り、山伏峠付近の道路に飛び出す。
気温2度の表示があった。どうりで寒い訳だな。
はて、武川岳の登り口は?ちょっと峠より下に出てしまったようなので右手に進む。
0011_20161212223417be8.jpg

本当は、こちらに降りるのですね。最後にあった祠から右手に行くのが正解だったのね。私は左に降りてしまったわ。
0012_20161212223418f0a.jpg

その向かい側に武川岳の登り口がありました。
0013_20161212223420895.jpg

植林の面白みに欠ける道を、霜柱を踏みながら淡々と登って行く。
0014_201612122234212d5.jpg

少し開けて来て、振り返ると伊豆ケ岳が
0015_20161212223505560.jpg

林道に飛び出す。
奥武蔵って、こういう人工物に必ず出くわすんだよねー。仕方ないけど、興ざめです。
0016_201612122235070e6.jpg

こういう尾根が続いていて、とても歩きやすいが 日なたがないので歩いていても寒かったです。
0017_20161212223508094.jpg

前武川岳にあった標識。名郷からの道は上級者向けとあったが、どんな道なのかな?
0018_2016121222351022f.jpg

前武川岳から15分ほどで武川岳。
武川岳に来たのは、何年ぶりだろう?たぶん、10数年ぶりかな?
二人組の男性とスライドしたが、彼らは私とちょうど逆に道の駅から歩いてきたそうだ。
さぞや頂上は混雑しているかと思いきや、誰もいないのにはビックリ!
日当たりも良く、ポカポカとしてるのでランチタイムにしましたよ。30分程休んでいる間に、3~4名の登山者が短い休息をとって通過してました。
0019_20161212223511169.jpg

さ~て、二子山方面に向かいましょう。
0020_2016121222355435a.jpg

日陰になると、とっても寒いのだが 日なたになるとポカポカ
0021_2016121222355697a.jpg

たぶん、スカイツリーじゃないかな?(真ん中あたりのトンガリ)
0022_20161212223557444.jpg

尾根から降りて、右下の林道に行くことを促す看板。
林道を歩きながら、なんで尾根歩かせないんだろう?って思っていたら・・・
0023_20161212223559e80.jpg

なるほど!
尾根を切っちゃって林道通しちゃったのね。さすが!興ざめの奥武蔵っぽいね。
武甲山の痛々しい姿が目の前にあった。
0024_20161212223600e4c.jpg

ひと登りして焼山に到着。ここは、このコース一番のなかなか素晴らしい展望台だ。
休んでいたら、ヘリが何度も妻坂峠付近を旋回していた。事故でもあったのだろうか?
武川岳で休んでいた時に、妻坂峠方面に降りて行った男性が二人ほどいたが もしかしてその人だったり?
0025_2016121222365077a.jpg

両神山が屏風のように
0026_201612122236514f7.jpg

この写真だとわからないかもしれないが・・・
秩父盆地の奥の山のその奥の平野にピンク色の高層ビルが見えたのだがもしかして前橋の群馬県庁なんじゃないかなあ・・・
右の奥の山は赤城だし、左奥は榛名だし、方向的には前橋なんですよね。
う~ん、この辺りから前橋が見えるんだろうか?どなたかわかりますか??
0027_201612122236530a7.jpg

さ~て、次の目的地 二子山へ向かいますよ。焼山から急降下です。
0028_201612122236549b8.jpg

秩父側から吹いてくる冷たい風に、思わず帽子をかぶり二子山への滑りやすい急登をふくらはぎパンパンになりながら登りますよ。
0029_201612122236562eb.jpg

ついついめげて右側の巻道っぽいところをたどったら、展望の良い岩場に出ましたよ。
武甲山の痛々しい姿が見えました。
0030_2016121222375005e.jpg

いつのまにか、5人ほどの人がいたので向かってみたら雄岳の頂上の看板がありました。展望は良くないです。
雄岳から、またまた急降下
0031_20161212223751e02.jpg

次の雌岳。ここも木に囲まれて、展望はありませんでした。ちょっと休憩。
以前、秩父警察の山岳救助隊の話を聞いたことがあるのですが この二子山で同じような道迷いで遭難があったとの事。
いったいどこだったのだろう?ときょろきょろしましたが、どこのことだかわかりませんでした。
0032_20161212223752b03.jpg

雌岳から道の駅までは岳の沢コースをチョイス。
いきなり、非常に滑りやすい急坂の下降です。ずーっとロープが張ってあります。
確かに、異常に滑りやすいので ここはロープ掴んでグングン降りちゃった方が早いですね。
0033_20161212223754220.jpg

尾根から標識通り左手に降りていき、沢沿いの道になってどんどんと下っていく。
0034_20161212223755355.jpg

道の駅の屋根が見えて来て、最後は西武線の線路をくぐって道の駅に到着です。
0035_20161212223834b63.jpg

タイム: 正丸駅7:20-伊豆が岳8:50~8:55-山伏峠9:20-武川岳10:40~11:10-焼山12:00~12:10-雄岳12:45-雌岳12:55~13:00-道の駅13:55

電車を使うと、プチ縦走ができますね。電車に先に乗るか後に乗るか迷いましたが、下山時に電車の待ち時間を調整しなくて良いので最初に乗る方をお勧めします。
それにしても、奥武蔵は滑りやすい急坂が多い気がしてなりませんな。歩く人が多くて地面が固まっちゃってる上にザラザラと砂が載っている感じですね。
奥武蔵は人工林や人工物が多かったり林道にかならず出くわしたりといささか興ざめすることが多いですが、お手軽なのが売りですね。
ただ、お手軽と言えども 標識の付き方が微妙だったり、滑りやすい急坂が多いので舐めてかかってはいけないですね。
地図をきちんと読んで、足元も気を付けないと 今回のヘリ騒動(?)や、道迷い遭難を起こしかねないのかもね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

埼玉 | 00:41:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
きれいな写真ですね。
冬の空気の透明感が伝わってきます
応援しておきました。ポチッ
2016-12-14 水 00:29:41 | URL | 矢田@医療職兼業トレーダー [編集]
矢田さま
お越しくださり、ありがとうございます!
冬になり、空気が澄んできたので余計に青空が映えるようになったようです。
夏場は暑くて歩くには不適な場所ですが、この時期には快適に歩けますね。
またのお越しをお待ちしてます!
2016-12-14 水 08:06:57 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する