FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
134位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

三ツ頭(権現岳)
こんな素晴らしい展望台があったとは!

2016年12月29日(木)

年末の〆としてどこに行こうか。
泊りで行きたかったが、テントを持ち上げるには積雪量が微妙で悩む。
今シーズン初の雪山を味わいたいので、日帰りで展望も良さそうで天気も良さそうで人がわんさか来なそうという贅沢なコースを選びましたよ。
0001_20161230214830a04.jpg



前夜発をして、八ヶ岳Pで車中泊。
天女山入口の駐車スペースに車を停めて、ゲートから歩きだす。さすが、寒い。
0002_20161230214832e7b.jpg

全く雪のない道を進み階段を上がっていくと、天女山。
山頂というより、公園の雰囲気。今日これから行く三ツ頭方面が見える。やはり雪はあまりなさそうだなー
隣に駐車していた単独男性が追い越していった。
0003_20161230214833593.jpg

振り返ると、富士山がすっぽり雲を被っていた
0004_20161230214835110.jpg

冬季は閉鎖されている天女山の駐車場を突き切り霜を踏みながら上がっていくと天ノ河原。
雲がかかっているものの、甲斐駒が見えてくる
0005_201612302148367d2.jpg

空が青くなってきた。これから登る方がよくみえる。
0006_20161230214920941.jpg

やっと雪がでてくるようになる。
傾斜がきつくなり、トラロープが出てくる。
凍っているため歩くのに神経を使うようになってきたのでアイゼンを装着する。
0007_20161230214921aab.jpg

下から見ていた時、尾根の左側に剥げているところがあったが ちょうどその辺に差し掛かったら甲斐駒方面が良く見えるようになった。雪の付いた甲斐駒は、カッコイイ!
0008_201612302149232ab.jpg

この先のピークが前三つかな?
0009_20161230214924896.jpg

樹林の急登をゼーゼー言いながら登って行く
0010_20161230215013d2e.jpg

お!空が見えてきた
0011_201612302150144cd.jpg

前三つに到着。
風はビュービューしているが、何という展望!!
雲が少しついてはいるものの北岳も見えてきた
0012_20161230215016332.jpg

相変わらず、富士山は富士山型の雲の中だけど
風があるので、林の中に少し戻って休憩(パノラマ写真です。クリックしてね)
0013_20161230215017566.jpg

三ツ頭方面に進む。
ここはちょうど風の吹き抜ける場所で、風が強く脚を取られ寒いのでフードを被る
0014_201612302150199f2.jpg

再び樹林に入る手前で前三つを振り返る。
0015_2016123021512539f.jpg

富士山は富士山型の雲に覆われたままだ
0016_20161230215126928.jpg

良い傾向だ!
仙丈~甲斐駒~北岳の雲がとれてきた!
0017_20161230215128e51.jpg

木が鼻水を垂らしてるみたい
0018_20161230215130739.jpg

編笠、西岳の向こうに御嶽や乗鞍が見えてきた。その右手は北アだな
0019_20161230215131644.jpg

西岳の奥には諏訪湖が見えた
穂高~槍の稜線がはっきり見える
0020_20161230215255c52.jpg

パノラマ写真です。(クリックしてね)
0029_20161230235708338.jpg

三ツ頭まで15分の標識
0021_20161230215256863.jpg

おお!あそこが頂上だな~
0022_20161230215258e74.jpg

事前のネット情報通り、標識から5分で三ツ頭の頂上。
すごーい!
何という素晴らしい景色だ~
0023_20161230215259bf4.jpg

富士山の雲もすっかり取れていた
0024_201612302153017dc.jpg

甲斐駒~北岳方面もバッチリ
0025_201612302153487d1.jpg

いつの間にか、中央アルプス方面の雲も取れてバッチリ
0026_20161230215349fee.jpg

前後して歩いていた、赤岳方面への縦走の元気の良いお兄さんと、先程の分岐方面から上がって来た同じく縦走の男性を見送って、我々は今日はここまでなのでまたまたいつものようにお鍋でのんびりとしましたよ。
ちょっと寒かったけど、岩陰で風をよけながら。
(豚バラとチンゲン菜の中華雑煮です)
0027_2016123021535132d.jpg

いつまでも見飽きない景色。
以前Bは、このルートを泊りで権現まで行っているがその時は悪天で全く景色が見えなかったらしく ここがこんなに素晴らしい展望台だと初めて知ったそうな。
こんな晴天の時に来られて本当にラッキーだなあ。
名残惜しいけど、そろそろ下山しますか。1時間も頂上にいましたよ。
0028_2016123021535296b.jpg

登ってくる時より天候は良くなってきていた。
このルート、下りは正面に富士山を見ながらです。
0031_20161230215434f5a.jpg

登る時風が強かった前三つ上の場所も、随分と風が弱くなっていた。
相変わらず富士山を正面に見ての下り
0030_20161230215433e77.jpg

タイム:駐車場6:50-天女山7:15~7:25-ベンチ8:10~8:20-アイゼン装着8:20~8:30-前三ツ10:25~10:40-三つ頭11:40~12:40-アイゼンはずし13:55~14:05-駐車場15:20

いやはや、素晴らしい展望コースでした。
ヤツは西面ばかり行っていたので、東面から見えるヤツの主峰がこんなにカッコイイとは知りませんでしたよ。
南ア~中ア~御嶽~乗鞍~北アがこんなにも綺麗に見えるなんてそうそう滅多にある事じゃないと思うので、今年の締めくくりがこんな素敵な山行になってバンバンザイですね~。
万が一と思い、ピッケル・ワカンのフル装備で登りましたが、結局使う程の雪はありませんでした。
もう以前のように、12月の冬山って無くなっちゃうのかな。
帰りは、以前より気になっていた韮崎旭温泉まで足を延ばして寄りましたよ。ぬるめですが、炭酸泉なので非常に温まりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

山梨(雪) | 00:14:36 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
三つ頭
天候に恵まれ展望が開けて素晴らしかったようですね。
私も毎年テントを担いで登っています。前三ツへの登りに差し掛かる手前の展望が開けたところでの夜景を楽しみ翌日は権現に登って下山。
韮崎方面の夜景がすばらし。今年はまだ雪が少なく水がとれそうもないのでもう少し雪が降ったら出かけてみようかと思っています。
てくてくさんの記事を参考に、今年は西岳山頂泊でもよいかな?などとも。
雪がついて水がとれるようになるのを心待ちにしているのですが・・・・
 安田
2016-12-31 土 14:26:41 | URL | 安田 和弘 [編集]
安田さま
コメント、ありがとうございます。
そうですか!毎年行かれているのでしたか。
あのルートだと夜景と展望の両方を楽しめるのですね。
とても良いコースですよね。
近年の雪の少なさには参ります。
だんだんと冬山という時期が短くなってしまうようで、残念です。
次回は我々もテントを持ち上げて行きたいところです。
2017-01-02 月 21:08:55 | URL | てくてくA [編集]
東からの展望、見てみたいです。
標高差が大きそうですね。足が元気になれたら。
2017-01-03 火 14:51:40 | URL | さち [編集]
さちさん、こんにちは
その後足の調子はいかがですか?
東面の展望がこんなに素敵とは、私も知りませんでした。
おすすめです!
2017-01-04 水 11:17:11 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ