FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
206位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

日留賀岳&鶏頂山
日留賀岳&鶏頂山 雪山ハイク
2008年11月22日(土)

早朝を3時に出発。途中、道の駅で少し仮眠して 登山口となる塩原の木の葉化石園奥の登山口に。
この登山口にある小山さん宅の駐車場に車を置かせてもらう。天気は、風もあり雲がかかっている。雪もちらちら舞っているので 冬山支度をして7時15分に出発する。お宅の脇の林の中を登っていく。落葉したカエデの葉がきれいな模様をつくり楽しませてくれる。
鉄塔のところから、林道になる。雪の積もった林道には 動物の足跡が。登山口から1時間20分ほどで林道終点。
tozanguchi.jpg




この先、トレースも全くなく 吹き溜まりがあるのでワカンをつける。
林の中は、静かで綺麗だった。この頃は、ちょっと日差しが差し込んだりしていた。
yukimichi.jpg

だんだんと、登りがキツクなってきて ルート修正しながら登る。木を跨いだりして結構時間がかかる。林道終点から2時間ほどかかり、やっと日留賀岳神社の鳥居に。天気は良くない。
torii.jpg

風も強く寒い。しばらく休憩するも まだ先は長い。登山地図だとここから山頂まで一時間半。ってことは二時間はかかるだろう。
この先、ビュービューと風に吹かれ、結構歩きにくいところだったりトラバースだったり 膝くらいまでのラッセル三昧である。
しかし、パウダースノーだ。時間も結構かかっているので弱気になったりしていた。
お気軽 スノーハイク、なんて気持ちでいたら すっかり雪山なんだもんなー。
ガンガンラッセル登りし、一応1時を目安に 引き返そうか、などと話して やっと頂上方面が見えた。
PB220014.jpg

頂上の一角に乗っているのだが、どこが頂上だ?と思っていたら やっと着いた。時間制限のちょうど1時だった。
登りに6時間もかかった。どうりで、疲れるわけだ~
hokora_20121119222955.jpg

事前にネットで見た頂上写真だと 展望が良いらしいが、今日はなーんにも見えない!周りの山すら見えない!
hyousiki_20121119222955.jpg

風もあり、寒いので すぐに頂上から退散して しばらく下ったところで休憩する。その間にも 手袋が凍る。
この男鹿山塊は 会津方面との境のためか、天候があまり良くないらしく 塩原方面の下界は 日がさしている。雲の境目のようだ。
PB220015.jpg

ここで、ワカンをはずし 軽アイゼンを装着し ガンガン下る。下ってみると 登ってきた道が結構急登だったことがわかる。
下るにつれ、天候がよくなってきた。半日早く回復してくれていればなあ。。。
車を小山さん宅に置かせてもらっているので あまり遅くなって心配させてはいかんと、休息もそこそこにどんどん下る。
林道に出たらすっかり雪も溶けて地面が出ていた。鉄塔のところから 最後の針葉樹林に入ったら 真っ暗!懐電チカチカで
5時に駐車場に戻った。10時間行動だあ!疲れるわけだなあ。
小山さんにお礼を言って 装備を解き、一路 塩原温泉の日帰り湯で体を温め 今夜の宿の道の駅に向かう。


11月23日(日)
日塩もみじラインを登る途中、昨日の日留賀岳が見えた。真ん中の一番奥の台形の山が頂上。遠いなあ、、、
PB230020r.jpg

今日は、お手軽ハイクの鶏頂山。天気も青空の絶好の登山日和だ。
登山口の鳥居の反対側の駐車場に車を入れると もうひとパーティーも来た。
tori.jpg

スキー場だった場所の中を上がっていくと 富士山も見えた。登山口から1時間10分で弁天池。
ここは、信仰の山なので鳥居がある。鐘があったので つい、叩いてしまう。
kane_20121119222954.jpg

おもしろい看板もあった。
kan_20121119222954.jpg

ここから稜線にでたところから、急なところをしばらく登ると山頂だ。立派な社務所がある。
kei_20121119222954.jpg

頂上からは、反対側に釈迦が岳が目の前だ。昨日と違って 陽だまりはポカポカだ。日光方面も良く見えた。
syaka_20121119222953.jpg

来た道をそのまま引き返し、一時ごろには駐車場に戻った。今日のコースは 雪上ハイクにはもってこいの場所だ。
その後、鬼怒川に降りる途中 ところどころ紅葉が残っているところもあった。
鬼怒川でも日帰り温泉に入り、5時頃には帰宅した。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

栃木(雪) | 22:18:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する