■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
261位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

水根から六ツ石山グルリップ
天気の悪い時は近場でトレーニング

2017年4月8日(土)

せっかくの残雪期の山を楽しめる時期だというのに、今週末の天気はどこも今一つ。
遠くまで足を運んでも、先週のように何も見えないような天気じゃねえ・・・と気持ちが乗らない。
なら、最初から天気を期待しない近場でトレーニングがてらの山でも良いよね。

Bはあまり奥多摩の山に行っていないが、Aはかつて電車山行をしていた時のホームグランドでもある。
Aにとって六ツ石山は、高校時代のボッカ訓練でも訪れ また高校卒業後、初めて単独行をした山でもあり、雪の時期に単独で登っていたらどこかの山岳会の人に勧誘されたという思い出の深い山でもある。
今まで5回は登っていると思うが、最後に行ったのはもう10年以上前だろうな。
久々に行ってみることにした。
0011_20170409222437934.jpg



家をでてからずっと雨が降っていたが、到着すると殆ど雨は上がっていた。
小河内ダムの入り口の駐車場に車を停める。
ここに停めるのも、水根沢以来だな。
0001_201704092224593bc.jpg

水根から林道を登って行き、便器で縁取られた敷地の先を右手にさらに登って行く。
標識に従い、とっても急な細い道を上がっていき、民家の軒先をかすめながら山道を進む。
0002_2017040922250176b.jpg

途中、祠をみて植林の中をひたすら登る。
小雨が降りだしてきたので、雨具を着込む。まさにトレーニングだな。右手が植林、左手が自然林の中を進む。
0003_20170409222502c6c.jpg

なーんだ、先週と同じで ガスの中に入っていきますよー
またまた植林の中
0004_2017040922250458a.jpg

ガスってるし、雨具なんて着ていてあまり良い状況ではないけれど、それでも周りが自然林になるとホッとする。
0005_20170409222505cd7.jpg

トオノクボ。
防火帯の尾根に到着。ここは覚えてるな。
0006_201704092226010e1.jpg

防火帯の広い尾根は 落ち葉が積もっていたり、泥がグチャグチャして滑りやすいところもあった。
なかなかふくらはぎに来る登りだ。下ってくるお兄さんとすれ違う。
0007_2017040922260303d.jpg

北側の斜面に 雪が残っているのが見えた。
0008_20170409222604677.jpg

登山地図だとトオノクボから1時間と書いてあるが、35分ほどで六ツ石山の頂上だった。
もちろん、誰もいないし何も見えない。ずいぶんと立派な石の標識ができたんだなあ・・・
0009_20170409222606f51.jpg

広い頂上を振り返る。
この頂上の石の中に、数十年前 高校のボッカ訓練でキスリング(!)で持ち上げた校庭から持ってきた石があるのかもしれないと思うと、しみじみとした感慨がある・・・(ボッカ訓練で持ち上げた石は、頂上で捨てて下山したんですね)
0010_20170409222607037.jpg

石尾根の縦走路にでると、雪が出てきた。
凍っているのでビクビク歩くのも嫌なので軽アイゼンを装着。先程すれ違ったお兄さんが 道を間違えたと言って戻って来た。
0012_20170409222720bf6.jpg

北斜面なので、さすがに雪が溶けていないんだな。
0013_20170409222722eaa.jpg

ガスと雪の幻想的な風景の中、アイゼンを履いているのでサクサクと進む。
この雪もコルの手前までで、その先なさそうなのでアイゼンを外し将門馬場へ向け登りにかかる。
0014_201704092227234fd.jpg

将門馬場手前くらいの広々したところでランチにしましたよ。
木の枝からポツポツ水滴が落ちてくるのが玉に瑕ですが、休んでいるうちにすっかり冷えてきた体に きつねそばはとてもおいしかったですよ。
0015_201704092227251c7.jpg

石尾根縦走路を進みます
0016_20170409222726268.jpg

尾根への道を分け、トラバース道を進みました。結構太いブナが生えていたりして、思いがけずイイ感じの道ですよ。
ガスがかかっているので、幻想的だし
0017_20170409222833e69.jpg

とっても大きな木もありました。種類はわからないけど。
0018_2017040922283422c.jpg

水根山への分岐。
こんな天気で何にも見えないので、鷹の巣山はもちろん水根山にも寄らないで下山します。
0019_20170409222836597.jpg

ところどころ、凍ったところを慎重に通過して榧ノ木山への分岐を分ける。水根沢方面に下りますよ
0020_2017040922283740c.jpg

途中、沢山の苔むした倒木があった。数年前の春の雪の重みで耐えられなくなって倒れた木だろうか?
0021_20170409222839fcc.jpg

沢がずっと下にみえるばかりだったが、やっと水根沢を対岸に渡る橋が出てきた。
木橋は濡れているので慎重に渡った。
0022_201704092229416b4.jpg

水根沢林道(といっても登山道)は、ところどころ滑りやすところがあったりして慎重に歩きましたよ。
枯葉に半分埋まった、タヌキ(?)の死体を踏みそうになってビックリしました。
水根沢を遡行して、どこでこの登山道にあがったんだっけ?なんてキョロキョロしながら歩いてましたが、はっきりわからなかったな。
今日も小雨が降ったりガスったりで最後まで晴れませんでした。

タイム:駐車場7:40-トオノクボ9:35~9:45-六ツ石山10:20~10:35-ランチタイム11:05~11:50-駐車場14:55
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

東京 | 23:58:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
今晩は。
本当にここの処私も天候に恵まれません。前回に登った浅貝から三角山
も実は3月末に行こうと思っていましたが、天気が悪くて、仕方がなく神立
スキー場のそばの名も無き山に登りました。その内天気がよければ行こう
かなと思っていますが・・・。
2017-04-10 月 20:05:03 | URL | インレッド [編集]
インレッドさん、お早うございます。
週末になると、天候が悪くなるのが残念です。
二週続けてガスの中でした。
残雪期の、白と青のコントラストが見たいんですけどね。
神立の奥の山に行かれたの読んで、あの周辺の地図見てて三角山のル―トに気がついたのですよね(笑)
2017-04-11 火 08:08:43 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ