■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
261位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

鳥海山(出羽富士)
いつもの山に

2017年5月3日(水)

P1000339.jpg
毎年恒例になった春の鳥海山スキー。

出羽富士は昔は出羽三山の一つに数えられた。
現在の出羽三山は月山 湯殿山  羽黒山であるようだ。
宗教上の理由から外された鳥海山も
山体の大きさ 趣き 山頂の社のどれをとっても
今なお立派な出羽三山の一つだと思う。


いつものように秋田側の秡川ヒュッテ前から歩きだす。

このルートは登り一辺倒のため
下りをスキーで滑降する場合
登り返しが無いというのが毎年ここを選ぶ理由だ。

前夜、埼玉から8時間をかけて移動
秡川に到着したのは早朝3時となった。

僅かな仮眠時間をとり
身支度をして8時に歩きだす。

駐車場では各々が
自慢の板にシールを張り付けて準備に余念がない。
P1000280.jpg

昨年訪れた時には積雪の少なさから
滑降を諦めて登頂しなかったが
今年の雪は多い。

ヒュッテに計画書を投函
秡川神社前の平原を行く。
P1000285.jpg

かれこれ10年ほど前に
初めて雪を抱いた鳥海山に出会ってから
その優美な山体にほれ込んで
ほぼ毎年会いに来ている。

手つかずの自然が多く残る懐の大きな山と
人の少なさがこの山の魅力なのだろうか。

P1000281.jpg

今年は直登ルートを大きく左に外し
極力緩傾斜帯を登った。
距離は長くなるが時間的には早いように思う。

山頂まで指呼の間となるが
ここからが近づかない。
E.jpg
山体が大きく裾野が長いために
全体的には緩やかな斜面に見えるが
山頂からこの辺りまでは30度近い傾斜がある。

山頂からは過去のどの登頂日より
クリアで透明な視界があった。

新山
P1000311.jpg

P1000307.jpg

七高山
P1000319.jpg

P1000320.jpg

行者岳の奥に月山が見える
P1000314.jpg

日本海方面(パノラマ click please)
C.jpg


(パノラマ click please)
D.jpg

さて下るとしましょうか!
シールを外し靴のビンディングを締める。
B.jpg

秡川に向けてレッツゴー
A.jpg

登りは4.5時間も要するのに
スキーで下ると30分かからないで終わってしまう。

あまりにもったいないので
途中途中で休憩を入れて
のんびりと下った。

それでも一時間はかからない。

コースタイム:秡川ヒュッテ8:00~山頂12:30~秡川ヒュッテ14:40(休憩含む)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田(雪) | 01:13:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
スキーができて、羨ましいです。
昔、ちょっとやっていましたが、道具も捨ててしまいました。
スノーシューで下ったら、やっぱり5時間ですね!
2017-05-14 日 22:15:05 | URL | さち [編集]
さちさん

おはようございます

大丈夫です!!
徒歩組は尻制動で下ります

お尻の下に敷くプラ製のソリを
皆さんザックに括り付けて登ってます
ソリを使えば下りは一時間ですよ

重いスキーの負荷が無い分
登りは早いです

そろそろ我々もソリ派になろうかな!
などと考えています
2017-05-15 月 08:59:59 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ