■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
214位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

岩手山(馬返し口)
すっかり春でした

2017年5月5日(金)

鳥海山から一日はさんで、今度は岩手山に。
Aは、5年前の夏にaと一緒に登ったことがある。
この時は、お盆の高速渋滞にはまり登山口に着くのに9時間もかかってしまった。
一睡もできずに登ったため暑さと寝不足でかなりバテてしまった記憶がある。

0028_2017051823271578f.jpg
(下山時のキャンプ場から)


広い駐車場には、すでに何台も車があった。
事前情報で、GW前半の記録によると 雪がそこそこ固いとのことなので冬靴とアイゼンを準備していた。
爽やかな中、出発。
0001_2017051823273821a.jpg

駐車場から気持ちの良い林の中を歩いていくと、馬返しキャンプ場。
そこには、高校生らしき集団がいて、テントを見ると「盛岡四高」と書いてあるではないか。
三年前に、早池峰山に行った時 うすゆき山荘で一緒だった高校とまたもや遭遇した。
0002_20170518232739e0d.jpg

木々の間から、山頂方面が見えてくる。
0003_20170518232741fb4.jpg

夏に歩いた時は、新道を使ったが今回は旧道を選択。
少しずつ雪が出てくるが、旧道の露岩帯はざれていて冬靴では非常に歩きずらい。
夏靴でじゅうぶんだったなあ・・・と後悔する。
0004_20170518232742f5f.jpg

夏道から外れて、雪渓上にむかう。
0005_20170518232744e92.jpg

暑いし結構傾斜があるし、ゼイゼイ言いながら登って行く。
そうは言っても、ザレザレ露岩帯を歩くのに比べればずっといいけど。
0006_20170518232854b83.jpg

頂上方面が見えてきた。
なーんだ、雪べったりなんてないじゃん!
0007_201705182328557c7.jpg

七合目。
新道との合流地点、なんか思い出した。
0008_20170518232857e02.jpg

小屋の裏に出た。
冬季入口を開けようとして見たが開かなかった。
0009_20170518232858c01.jpg

上の方、全然雪ついてないなー。
事前情報と違うじゃん。一気に溶けちゃったのかなあ・・・・
0010_20170518232900465.jpg

お鉢のふちに出た。頂上はちょうど反対側になるのね。
0011_20170518233012465.jpg

展望が広がり、秋田駒方面
右の方をたどっていくと、白い平らなところは去年の夏 葛根田川に行った時に帰りに寄った大白森の湿原なんじゃない?
0029_20170519000911175.jpg

和賀のほうなのかな?鳥海山らしき白い山も うっすら見えたんだけど・・・
0012_20170518233013c7b.jpg

頂上までもう少し
0013_201705182330151de.jpg

こんな景色を堪能しながら
0014_20170518233016c83.jpg

パノラマです。クリックしてね
0015_20170518233018815.jpg

御苗代湖は、まだ白かった。
0016_2017051823311103b.jpg

頂上に到着。
結構風があり、休んでいると寒くなってくる。
それなのに、小虫がどんどんたかってくるのよねえ。ハッカスプレーを撒きまくりましたよ。
雲が上がってきはじめたけど、大展望を楽しみました。
0017_20170518233113c96.jpg

さーて、夏に来たときはバテてお鉢巡りをしなかったけど 今回はめぐってみましょう。
眼下に、八幡平温泉郷が見えますよ。
0018_20170518233115924.jpg

頂上を振り返る
0019_201705182331161d0.jpg

奥宮のところからは、噴煙(?)が出ているんですね。知りませんでしたよ。
御嶽の噴煙を思い出してしまいました。ここも爆発する可能性あるんでしょうね?
0020_20170518233117881.jpg

やっぱり火山ですね~
冬靴で歩くところじゃないわね。
0021_2017051823321889f.jpg

八合小屋のところで一休み。水場は雪の下ですね。
大事をとって、下りの雪渓用にアイゼンを装着。せっかく冬靴&アイゼン用意したんだからねえ。
0022_20170518233219233.jpg

プリンも見納め。またね~
0023_20170518233221981.jpg

雪渓のくだり、結構急だったんだね。高校生が雪の下りの練習をしてましたよ。
0024_201705182332226dc.jpg

駐車場が見えてる。あそこまで下るんだ。
ザレザレの下りで、冬靴なので歩きにくいのなんのって。
滑って転んでしまった。あー夏靴にするんだった。
0025_20170518233224a96.jpg

行きには気が付かなかったが、花が咲いていましたよ。
カタクリ
0026_20170518233312615.jpg

ショウジョウバカマ
0027_20170518233314025.jpg

タイム:駐車場5:50-八合小屋9:45-頂上10:35~11:00-八合小屋11:45~12:10-駐車場14:30

天候に恵まれました。暑かったですよ。
靴の選択を失敗しました。雪は十分に腐っているので夏靴で良かったです。
日焼け止めを鼻に塗り忘れたBは、赤鼻になってましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

岩手(雪) | 00:40:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ