FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

阿武隈川・湯川
阿武隈川・湯川(安達太良)

2009年6月27日(土)

5月は、週末になると雨だったが梅雨に入った6月の週末は 逆に天気に恵まれている。
これで3週連続で沢に入る。今回は、初めて東北の沢に行ってみた。
4時に出発。ETC割引のおかげで 二本松まで1,450円だ!
安達太良山の塩沢スキー場の駐車場にて準備をし、安達太良山登山口よりスキー場の脇を通って行く。
何台かの車からも、登山者が歩き始めている。8時過ぎに出発する。
1_20121119231851.jpg




15分ほど歩いて分岐で右に入ると 入渓点がある。登山道は、丸木橋の向こうに続いている。
2_20121119231850.jpg

しばらくはゴーロが続く。緑が綺麗だ。30分ほどで最初の滝があった。左から簡単に越える。
3_20121119231850.jpg

次の滝には、釜があったが、右側をへつって右側を上がった。
4_20121119231849.jpg

左に滝を見ると、本日の核心の三階滝がでてきた。下段と中段しか見えない。
ここからロープをお願いする。左の苔っぽいところをあがる。思ったよりスタンスもしっかりしていた。
5_20121119231849.jpg

上から見る
6_20121119231849.jpg

写真は明るそうになっているが中段の滝は、しぶきが結構スゴイ。ヌメヌメした右壁をあがる。
途中に一箇所ピンを打った。飛沫を浴びた岩は 結構恐かった。
私的には、中段が一番厳しかったです。
7_20121119231928.jpg

上から見るとこのヌメヌメ感がわかる?
8_20121119231927.jpg

喉がすっかりカラカラしていたが、最後の上段が残っている。ここも右の壁を登った。ここも、途中一箇所ピンを打った。
9_20121119231927.jpg

緊張感から開放されると、小滝やナメ滝が続く。
10_20121119231926.jpg

綺麗だし、気持ちがいい。岩もあまり滑らず 登りやすい。
11_20121119231926.jpg

沢の中は、緑色の苔がいっぱい。非常にフカフカしていて ビロードの上を歩いているみたい。滑る苔ではない。
でも、このあたり なんとなくドブ臭い気がしたが 上流にくろがね小屋があるからか?
12_20121119231925.jpg

明るく傾斜の無い沢を歩いていると 左上に屏風岩が見えてくる。
13_20121119232010.jpg

8M滝は左側を越える。なかなか堂々としたナメ滝だ。
14_20121119232009.jpg

くろがね小屋方面からの沢との合流の二股に出る。
ここは、登山道が横切る八幡滝である。右側に古い鎖もかかっているが、階段状なので鎖は必要ない。
15_20121119232009.jpg

八幡滝をあがると、その上はナメナメ!東沢の千丈のナメの幅を狭くしたミニチュア版という感じ。
八幡滝を過ぎると 先ほどのドブ臭さは無くなった。(やっぱ、匂いは小屋のせい??)
16.jpg

ナメの延長上に 中の滝がある。階段状だが 微妙に滑る。
17.jpg

ウォータースライダーのような流れ。
こんな所で そうめん流しなんかしたら 水流が早すぎて一本も食べられないだろうなあ。。
18.jpg

先ほどからずっと続いていたナメナメに立ちふさがるように 霧降の滝が現れる。
ここで、武装解除し しばし休息。右側の登山道を上がることにする。
19.jpg

沢を離れると、急に暑くなる。急登を25分ほどで、僧悟台(?)登山者が休んでいた。
20.jpg

入渓地点まで下る登山道の途中には 石楠花が咲いていた。
21.jpg

下りは、約一時間で駐車場に着いた。
ナメナメはおなか一杯なほど楽しめるし、緊張感も味わえ、しかも藪コギ無し!入渓も下山もお手軽。
何拍子も揃った お得感いっぱいの沢でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

福島(沢) | 22:49:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する