■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ
■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
214位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

カバアの頭
シャクナゲのトンネルをくぐって

2017年6月10日(土)

アカヤシオの花見も今一つだったこの春。
季節の花が見たいものだと、まだシャクナゲが咲いていそうなとこ無いかなあ・・・などと考えていたら 昨年秋に行った西仙波~東仙波付近にシャクナゲのトンネルがあったことを思い出した。
おまけに、カバアの頭は静かだし 一粒で二度おいしいルートに再度行きましょう~!

0025_20170611213113316.jpg





青梅街道のおいらん渕淵からの一ノ瀬林道は、落石のため通行止めだったので落合橋から作場平経由で三瀬へ。
前回同様、民宿みはらしの駐車場へ。すでにほぼ満車状態。
0001_2017061121200670e.jpg

秋に来たときはイマイチの天気で紅葉もまだまだという感じだったが、今回は爽やかな晴れの中 カラマツ林の緑がとっても綺麗。
0002_20170611212007ee7.jpg

奥秩父縦走路と一旦合流し、山の神土で和名倉山方面への道に入る。
樹林を抜けると、リンの峰を望む開けた所に出る。前回は、ガスがかかって幻想的ではあったが展望のあまりなかったところだ。
0003_20170611212009d51.jpg

新緑のまぶしいグリーンに心が和む。
縦走路の向こうには、大菩薩方面?が見える。また、うっすらと富士山も見えた。
0004_20170611212010fa9.jpg

リンノ峰をまく辺りからシャクナゲがお目見え。
西仙波手前あたりのシャクナゲのトンネル。
0005_20170611212012ce7.jpg

シャクナゲは咲き始めはピンクの色が濃いが、だんだんと薄くなっていくようだ。
白くなってしまった花もかなりあった。
0006_201706112121093d8.jpg

一つ一つはツツジのようだな
0012_201706112119379f4.jpg

シャクナゲのトンネルを進む
数名とすれ違うが、みなさん和名倉山のピストン組。
0007_20170611212111d62.jpg

可愛いね~綺麗だね~と、岩合さんが猫に語り掛けるのと同じく シャクナゲに語り掛けながら歩いた
0008_20170611212112089.jpg

トンネルを抜けると開けてきて、東仙波が見えてきた
0009_201706112121140d4.jpg

ここからは見晴らしがよい。
0010_20170611212115a58.jpg

一旦急坂を降り、登り返すと東仙波。
0011_20170611212206915.jpg

鮮やかなダケカンバのグリーンの向こうに見えるカバアの頭に向かいましょう。
0013_201706112122325f7.jpg

鹿の糞が沢山落ちている踏み跡をどんどん下っていきますよ
0014_2017061121223353d.jpg

気持ちよく草原を進む
0015_201706112122357d8.jpg

東仙波を振り返って
0016_20170611212236a97.jpg

あともう少し。
途中に、伐採をしていた頃の名残のワイヤーや索道跡がありますよ
0017_201706112122388db.jpg

カバアノ頭の三角点
0018_20170611212355b1d.jpg

前回は風があるしガスってるし寒いので樹林の中でランチしましたが、今日は多少風はあるけど天気が良いので頂上の展望を楽しみながらランチしました。下に見える尾根を、鹿が走って逃げていくのが見えました。
奥秩父縦走路方面の山並み。飛竜かな。
0019_201706112123578fc.jpg

雲取山。
左の肩に、雲取山荘の赤い屋根が見えましたよ。
0020_201706112123588a3.jpg

だ~れも来ない山頂で、いつのまにか1時間ものんびりしちゃったので戻りましょう。
東仙波から和名倉山への稜線が見えますね
0021_20170611212400a8f.jpg

東仙波から唐松尾山方面へのの稜線
0022_2017061121245575c.jpg

東仙波から一旦下り、登り返した展望のあるピーク
0023_201706112124571a1.jpg

ここから見えるギザギザはどこかな??と思ったら、赤岩尾根や大ナゲシ方面なんですね~
なんだか意外な気がしたのですが、ここは奥秩父なわけだからね。
登山口は離れているけど、山は近いんだな・・・って納得。
0024_201706112124585ad.jpg

ちょっと雲が多くなってきましたが、またまたシャクナゲのトンネルをくぐって来た道を戻りましたよ。

タイム:登山口7:30-西仙波9:55~10:05-カバアの頭10:45~11:45-リンの峰の先の開けたところ12:55~13:10-登山口14:30

前回、天気がイマイチだったけど 今回は梅雨とは思えない爽やかな晴れ間となりました。
シャクナゲはとっても綺麗だし、途中で会った登山者のみなさんは和名倉山目的なのでカバアの頭は独占できるしと、言う事無しの大満足コースでしたよ。
帰りはのめこい湯で汗を流しました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

山梨 | 22:52:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ