FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
134位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

安達太良山(塩沢登山口グルリップ)
荒涼とした光景に目を見張る

2017年8月27日(日)

やっと週末に晴れマークがついた。
久々に女子会での山行に声をかけてもらい、姫とえふの局との3人で安達太良山に行ってきましたよ。

0001_2017082823142618f.jpg



超早朝発で、登山口の塩沢スキー場へ。
ここは、湯川遡行以来。すでに何台かの車が停まっていて 我々が支度をしていると2パーティーが出発をした。
0002_2017082823142747a.jpg

馬返し分岐を過ぎ、ぐちゃぐちゃの道を進み 右下から湯川の沢音を聞きながら歩く。
途中、頭上でギャーという声がしたので頭をあげると 猿が木の上から我々を威嚇していた。
屏風岩の標識があったので、ちょっと寄り道
0003_2017082823142843a.jpg

岩だなの上からは、三階滝が見えた。あそこは右岸登ったんだっけ?
0004_2017082823143011f.jpg

さらに進むと、今度は八幡滝が木の間から見えた。
湯川の遡行は、この二股で八幡滝の方に行ったんだっけな。
0005_20170828231431deb.jpg

ここから写真のような丸太橋が何回かでてきましたよ
0006_20170828231433822.jpg

このコースは、途中途中に岩壁が売り物のようで 〇〇岩という看板が出てくる。
天狗岩と書いてあるところには、ちょっとした岩壁がありましたよ。
この先、うっかり沢を渡るのを見落としてそのまま進んでしまい、沢の高巻きルートのような踏み跡になってしまい引き返しました。
結構ちゃんとした踏み跡がある所を見ると、間違える人がそれなりにいるのかも。
0007_20170828231535bcc.jpg

荒籠岩って、なんだかわかりませんでした。確かに岩壁ぽいのはあったけど。
途中、鎖がついた岩場のトラバースや、トラロープがあったりもします。濡れているので滑らないように慎重に。
0008_20170828231537034.jpg

次第に沢から離れ、人声が聞こえてきたと思ったら 半年前に歩いた道に出ましたよ。
0009_20170828231538b7a.jpg

今まで、ずっと沢沿いの視界の開けない樹林の中だったのが いきなり空が開けて小屋が見えましたよ
0010_201708282315402e0.jpg

小屋周辺は人が沢山いたので、ひと登りしたゴーロのところで一休み。
その後、半年前 雪の中をビュービュー吹かれて登ったのを思い出しながら歩いていると撤退地点だった峰の辻に到着。
あんときゃ、凄いビュービューだったなあ・・・などと感慨にふける
0011_201708282315418b8.jpg

殆どの登山者は、峰の辻から牛の背方面に上がって行くようだが我々は乳首を目指して一旦下って登り返した。
乳首頂上に上がる登山者の行列が見えましたよ。
0012_201708282316246f2.jpg

乳首の頂上にも人が沢山。記念撮影をする人がなかなか途切れないが チャンスをみて撮れました。
安達太良山頂上は30年ぶりくらいかなあ。殆ど覚えていない・・・
0013_20170828231626d95.jpg

思ったほど晴天にはならず、結構雲がかかっている。
肩にもたくさんの人がいるので、休憩はお預け。
0014_2017082823162784c.jpg

これから向かう、鉄山方面。牛の背を進む
火山ならではの光景ですね
0015_20170828231629c53.jpg

沼の平を見るのは初めてだったので、思わず息を飲んだ。採石場のような人工的に見える自然の光景というのが面白い。
これを見なくちゃ、安達太良山に来たとは言えなかったのだなあ・・・・
(パノラマ写真なのでクリックしてね)
0016_201708282316309d7.jpg

鉄山方面に登る。稜線は結構風が吹いていて すっかり寒くなってしまった。
0017_20170828231718119.jpg

鉄山には、三角点のみ。看板はなかった。
観測カメラのようなものが、沼の平に向けて設置してあった。ここも、いつか爆発することがあるのだろうか。
0018_201708282317198d4.jpg

奥にある箕輪山の手前の稜線に、鉄山避難小屋が建っている。中を覗いたが 結構綺麗そうだった。
0019_20170828231721ec3.jpg

避難小屋を越え、ブルーベリーをつまみ食いしながら進むと箕輪山がど~ん!と見えてくる。
なかなかイイ感じですな。下りきったところが分岐のはず。なんとなく看板みたいのが見えてるような。
0020_20170828231722c58.jpg

笹平分岐の看板には「植生保護のため、刈り払いや整備はしていません」のような記述があった。
0021_20170828231724303.jpg

とは言うものの、道は不明瞭な感じは無いなあ。グチャグチャしているところがあったりもするが それなりに整備している感じがありますけどね。シャクナゲが道の左右に沢山あるので 花の時期は素晴らしいかも。
0022_201708282318250aa.jpg

途中にあったシャクナゲ。
花の部分に、不気味な形の白っぽい塊が付いている株があった。ストックで突っついてみたが壊れなかった。
非常に不気味で気持ち悪く素手では触れなかった。
帰宅して調べてみたところ、これは虫こぶらしい。触らなくて良かった。
0023_20170828231826c31.jpg

僧悟台で一休み。何年ぶりかな。そういえば、湯川を遡行してここに上がって来た時にはシャクナゲが咲いていたな。
0024_20170828231828a6d.jpg

なだらかな尾根から、ジグザグの下りを続けると 湯川の入渓点でもある渡渉点の橋に到着。
泥の付いた靴を少し洗ったが、その後の馬返し分岐で朝来た道に合流すると 再度グチャグチャ道なのでまたもや靴が泥だらけになってしまった。
0025_2017082823182965a.jpg

タイム:駐車場7:10-安達太良山10:55-笹平分岐12:20-駐車場14:25

くろがね小屋から頂上~牛の背あたりまでは人が沢山いましたが、馬の背以降はだいぶ人が減りますね。
塩沢~くろがね小屋と笹平分岐~塩沢では ほぼ人に会いませんでしたよ。
このコースは、それほど大勢の人が来ないようなので静かな山を楽しめるようですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島 | 00:28:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
安達太良山、昨年行きました!
もちろんロープウエイ利用ですが…
田部井淳子さんを偲ぶ番組で
沼の平を見て感激して登山を始めたと
紹介されていましたよ~

4月に父が他界、母は大宮の施設にいます
2017-09-01 金 11:52:17 | URL | ショコラ [編集]
お久しぶりです。
昨年の安達太良の記事は拝見させてもらいましたよ~
今年は谷川とか。徐々に復活ですね!

そうですか、大変でしたね。
大宮には、ちょくちょく来られているのですか?
色々とお忙しい事でしょう。
2017-09-01 金 12:56:15 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ