■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
277位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

赤水沢散歩
何度来ても素晴らしい~!

2017年10月9日(月)

キャンプ場に来ていた真夜中過ぎ1時になってもいつまでも騒いでいる輩のせいで、あまり眠れなかった(怒!!)
騒ぎたいならこういう静かなキャンプ場に来てほしくないものだ。

今日は、また10時間かけて帰らなければならないので、赤水沢の紅葉だけをサクッと見にいきましょう。
今回は、長靴で行きますよー
0014_20171020221525b92.jpg




三年ぶりの鳥獣センター。
Bは二年ぶりか。すでに数台の車が停まっていた。
0001_2017102022161209d.jpg

黄葉には、すこしだけ早いが 相変わらずのブナの美林。
ここに来るたび、この美しい林には感動する。
0002_20171020221614f51.jpg

桃洞沢への分岐から、沢を渡りしばらく赤水沢沿いの歩道を歩きトラロープのところから沢に降りる。
早速の紅葉の素晴らしさに二人して声を上げる。
0003_20171020221616afb.jpg

長靴で歩を進めると、次々と美しい光景が広がっていく~
0004_201710202216164a4.jpg

前回と違い、今日は生憎の曇り空。
せっかくの紅葉が青空に映えていないのが残念だけど それでもスラブの彩りにはついつい顔もほころぶ
0005_201710202216185bf.jpg

冠水道路のような沢に落ち込むスラブは、赤や黄色に彩られている
0006_201710202217100ff.jpg

Bがスラブの紅葉を写真に収めているようだ。スラブの大きさがわかるでしょ?
0007_201710202217127f6.jpg

前を見ても後ろを振り返ってもこういう景色。
たまらんっすね~
0008_20171020221713c06.jpg

最初は九階の滝まで見に行こうかとも思っていたが、今日中に帰京するためにもあまりのんびりとはできないので、引き返すことに。
途中にあった枝沢をちょっとだけ見学してみましょうかね。
0009_2017102022171561c.jpg

本流と同様の冠水道路的な沢が続いていたが、少し行くと藪っぽくなっていたので引き返しましたよ。
0010_201710202218007cd.jpg

帰る途中。名残惜しく写真を撮ったり ぼんやりと眺めたりと、思う存分赤水沢の美しさに浸る。
0011_20171020221802e57.jpg

赤水沢の紅葉は、本当に素晴らしい。
0012_201710202218031e1.jpg

曇っていても、じゅうぶん満足出来ましたよ。また晴れた時に来たいな。
0013_2017102022180410f.jpg

ブナの美林の中を、余韻に浸りながら戻りましたよ。
0015_20171020221918dc9.jpg

タイム:鳥獣センター6:45-桃洞沢分岐7:25-赤水沢散歩ー桃洞沢分岐9:25-鳥獣センター10:05

帰りに鳥獣センターの方と少しお話をしました。
訪れる人があまりに少ないと、環境省の予算が付かなくなってしまうそうです。
こちらに来られたら、是非とも寄ると良いですよ。展示物も綺麗なトイレもありますよ。

紅葉時期、二度目の赤水沢は 期待を裏切らない美しさでした。
ますます森吉周辺が大好きになりましたよ。
またまた叫んじゃいます。
秋田バンザイ!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田(沢) | 22:57:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ