■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

牛ノ寝通り
緩やかな雑木林の散歩道

2017年11月19日(日)

0007_20171124103433435.jpg
かなり前に、小菅川の本谷を遡行した際に
下山に使った小菅大菩薩道から、右に見えていた長大な牛ノ寝に目が留まった。

何時か歩いてみたいと思っていたが
落葉後のこの時期が展望が効きそうなので出かけてみた。




小菅の湯に車を置かせていただき
小菅川の支流、山沢沿いの集落を抜けて尾根にとりつく。
0002_20171124103406d93.jpg
林業用のよく整備された急坂をジグザグを切りながら登っていく。
とにかく気温が低く手が冷たい。
車の車外温度計は−5度を示していた。

やがて国道139号から上がってくる道と合流する。
(こちらが本線)
0003_201711241034087a3.jpg

尾根に乗ると傾斜は緩み、落葉樹はほぼ葉を落とし切っている。
時折、足首がスッポリと潜るほどの落ち葉の吹き溜まりを
サクサク!と歩く。
0005_201711241034117d4.jpg

キ~ンと張り詰めた空気と枯葉の匂いが心地良い。
PB190003.jpg

小菅村役場から上がってくる道と合流する。
PB190006.jpg

今日は未だ人に会わないが、沢山のハイカーに歩かれていると見えて
トレースは物凄く良い道。
PB190007.jpg

林道かと思えるようなしっかりとした道は
名もないピークは全て巻いてつけられている。

おそらく昔は塩の道だったのかもしれない。
トレランやMTBなどの絶好のコースだ。
PB190021.jpg

などと話ながら進むと
ムッ!?何やら自然物で無い違和感のあるものが横たわっているぞ!
PB190009.jpg

近づいてみると
なんと、ホンダ・スーパーカブの残骸。
PB190010.jpg

誰が、何のために?
確かにバイクで上がってこられる道ではあるが
では、何でここで乗り捨てて行ったのか?

峠越えに挑戦したものの
この地でガス欠、又はオーバーヒートだったのかな?
いづれにしても乗っていた人の表情が想像できて笑ってしまった(笑)

寒い寒い北側のトラバースを進むとやっと日の当たる大ダワに着いた。
過去にこの地にあった小屋の残骸があった。
0012_2017112410345692e.jpg

日なただし、この先、石丸峠や大菩薩まで足を延ばす気は無いので
ここでランチにする。
間伐材と切り株がベンチとテーブルになっているので利用する。

今冬初の鍋焼きランチ
PB190012.jpg
時折、冷たい風が吹き抜けるが、やはり日なたは暖かだ。

木々の隙間から「雲取山」を垣間見る。
0009_20171124103436166.jpg

上日川方面からのハイカー数名がやってきた。
食後の腹ごなしに石丸峠方向へ少しだけ行ってみる。

歩きだすと、こういった根元に祠のような空洞がある高木が点在する。
0013_20171124103458a5f.jpg

意味の解らない「ショナメ」なる地を通過して
トレースを外して尾根を北へ上がると「狩場山」の山頂がある。
0015_20171124103501270.jpg

展望は利かないので写真だけ撮って踵を返す。
再び大ダワを通り過ぎ、鶴寝山方向へ進む。

こちらも縦走路を外した「大マテイ山」へは20分程度で着いた。
0016_20171124103502e9f.jpg
何の展望もないのに、こちらの山頂には10名くらいのハイカーが
思い思いに寛いだり、食事をしていたりした。

縦走路に戻り、東に進む。
ここは大マテイから派生したダイギリ尾根を跨ぐところ。
PB190018.jpg
大マテイ山からはダイギリ尾根 山口尾根 ヒロヨシ尾根を南面に伸ばすが
その末端は、いづれも松姫湖に落ち込んでいる。

「山沢入りのヌタ」という分岐までやってきた。
0018_20171124103524c14.jpg

この先の鶴寝山方向へは「巨樹の道」と書いてあり
この地に多いトチの木の高木があるみたいだが
小菅の湯へ帰れなくなるので、ここは北へ向かうトラバースに入る。

ここからはグングンと高度を下げながら
山腹を巻いていく。

すると!?
0019_201711241035535de.jpg
前方に一際大きな木が見えた。

近づいてみると
で、でかい!💦
PB190024_20171127140631d61.jpg
身長165のAとの対比

精霊のようなこの木の中心も
大きな空洞になっている。
PB190023_20171127140633cc1.jpg
この空洞は、私が中に入って体育座りができるくらいの広さがある。
フォースト・ビバークの際には雨風が100%凌げる
極上物件だ。

PB190028.jpg

この後は落ち葉に隠れた岩や木の根に注意を払いながら
急坂を下りてワサビ田を抜け林道へ出た。

ワサビ田上の滝
a_20171124103559e60.jpg

林道へ出てから小菅の湯までは25分で戻れた。

タイム:小菅の湯8:00-大ダワ10:05~10:55-狩場山11:20~11:25-大マテイ12:00-林道13:20-小菅の湯13:45
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

山梨 | 23:23:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ