■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
287位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

伊豆ケ岳(東尾根~東南尾根)
奥武蔵の低山を登りも下りもバリルートで

2017年12月23日(土)

去年の今頃も伊豆ケ岳に登った。
今回は、かねてより気になっていた東尾根から登ってみましょう。
地形図を見ていると、東南に張り出した尾根を下ればグルリップが出来そうじゃないの。
0021_201712252329303b1.jpg



事前にストビューで、子の権現への道を分けるところに駐車スペースがある事を確認。
霜の降りた寒い中出発。
0001_201712252329565b5.jpg

霜の降りた道路を滑らないように5分強戻り、琴平神社の鳥居を目指し民家の横の細い道をあがる
0002_2017122523295724e.jpg

琴平神社の鳥居をくぐり、とっても急な階段を上がる
0003_20171225232958b9b.jpg

神社にお参りをして、左手の尾根にはいる
0004_20171225232959ada.jpg

奥武蔵らしい、植林の中のすごく急な滑りやすいところを登って行くと・・・
0005_2017122523300280b.jpg

ドラえもん貯金箱がお出まし!誰が置いたのかな?
0006_20171225233119ac6.jpg

右手が雑木林となり、明るくなってくる
0007_20171225233121387.jpg

670ピークあたりから、伊豆ケ岳の頂上方面が木の間からみえる
0008_20171225233121828.jpg

雑木林の明るい尾根だったり、またまたとても滑りやすい急登だったりをひたすら進む
0009_20171225233123b25.jpg

帰りに下る予定の東南尾根と合流し、東南尾根の出始めのところに寄ってみると赤テープがついているものの、その先は落ちている。ふむふむ。帰りはこの下を巻いた方が良いかも・・・
0010_20171225233125716.jpg

頂上方面へ進むが、さっそく急で滑りやすい登りが待っていた
0011_20171225233247986.jpg

その先は、頂上直下となり 真っ直ぐは直登コース、左手には巻道のような踏み跡があった。
まずは直登コースを行きましょう。
ロープがかかっているが、木の根の下がえぐれていたり 泥が崩れやすかったりと結構ビビる
0012_20171225233249688.jpg

更に上のロープの場所は、足場がより一層悪くなる。ビビるAはお助けをBにお願いする。
上のロープの所の方が下より立っているのに、ロープには結び目が無く滑りやすいので持っていた細引きでプルージックを作ってみたが、滑って食い付かないのでクレイムハイストを作り、手掛かりとする。これがとっても役にたちましたよ~
0013_20171225233249855.jpg

悪場を越え、落ち葉のトラバースを慎重に登ると 登山者のいる頂上にひょっこりと飛び出る。
30分程休憩をしている間にも、次から次へとハイカーがやってきましたよ。
0014_20171225233250ead.jpg

頂上直下のトラバースルートの出口が見つけられなかったので、とりあえずは一般登山道を下りはじめトラロープの付いた滑りやすい道を降りたあたりから、左手の植林地帯を東南尾根に向けてトラバースを開始する。
0015_201712252333462f0.jpg

登りの時に確認した東南尾根の始まりの場所が左上に見えたので そこを巻くべく更にトラバースをした。結構急で滑りやすかったです。そうこうして、やっと東南尾根に乗りましたよ。
0016_201712252333472e6.jpg

地形図を見て間違えないように植林の中のすっきりした尾根を下っていく。
この尾根も結構歩く人がいるのか、赤テープが付いていましたよ
0017_20171225233347286.jpg

こんな岩の所もあったり
0018_20171225233348f00.jpg

尾根の分岐さえ確認すれば、基本すっきりした尾根です
0019_2017122523334925d.jpg

大きな木だねえ!と思ったら 裏側には社がありましたよ。大きな木はご神体だったのかな?
0020_201712252334451be.jpg

最後は林道方面に降りました。民家に入らないように直接道に降りられそうなところを選んで
PC230038.jpg

タイム:駐車スペース7:20-8:15~8:30-伊豆ケ岳頂上10:00~10:25-11:10~11:25-道路12:10-駐車スペース12:15

登りに使った東尾根は、沢山の人が歩いているようですね。テープも付いているし踏み跡もちゃんとありましたよ。
頂上直下の直登コースは、ちょっとショッパイです。握力の無い人は手掛かりになるようなもの使った方が良いと思います。
下りに使った東南尾根も、それなりに歩いている人がいるようで 赤テープがいくつもついていました。尾根はわかりやすいです。
多くのハイカーで賑わう伊豆ケ岳ですが 登りも下りも誰にも会いませんでした。
てくてく隊好みの静かで地図読みも楽しめる山行ができましたよ。

(今回の地形図:クリックしてね)
伊豆ヶ岳higashi

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

埼玉 | 00:36:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ