FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
134位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

獅子ケ鼻山
楽チンで静寂の山

2018年1月20日(土)

先週の日光で踏み固められた雪面を歩いたせいか、Aはかかとに盛大な靴擦れを作ってしまった(泣)
しかし二週連続で珍しく冬の晴天が続くのに、行かないわけにはいかない。
ってなことで、完治していないかかとの皮に優しい登りの少ない山で勘弁して~とBに泣きつき 獅子ケ鼻山へ玉原スキー場のリフトを使っての楽チンコースを提案。
0001_201801222311558ef.jpg



リフトの開始は8時半なので、ゆっくりと玉原スキー場の駐車場へ。
年末に来た時と大違いで、我々が苦労して歩いたセンターハウスへの車道が除雪されているのにはショック!
今日は鉄板の晴天との事のはずが、雪がちらついている。

リフト乗り場で計画書を提出し、リフトを二本乗り継いですぐ上の尾根に取り付く。
我々がワカンを履いていると、単独の男性がスノーシューで追い抜いて行った。
0002_20180122231156fa4.jpg

雲が流れて青空が見えてくると、鹿俣山頂への斜面。
急登の手前右側に、下りに使う夏道の道標が埋もれていたので少し掘り出す。
0003_20180122231158964.jpg

歩き始めて20分ほどで鹿俣山頂。
以前、6月くらいに来たときは 虫が飛んでいるし周りがボサボサした感じであまり良い印象が無い場所だ。
0004_20180122231159f42.jpg

先行者のトレースを追っていく。
途中に、童話の挿絵に出てきそうな木があった。
0005_20180122231201536.jpg

右手に雪庇がでてくる
0006_20180122231253fe5.jpg

だんだんと青空が出て来て、雲が切れ始め剣ヶ峰がうっすらと見えてくる
0007_2018012223125494b.jpg

獅子ケ鼻山頂が見えた~!と思ったら、その左手には武尊の山頂も見えてきましたよ~
0008_20180122231256165.jpg

だんだんと山頂が近づくんだけど 手前の樹林は踏み抜いてしまうので左斜面を回り込むためちょっとてこずりました
0009_201801222312577dd.jpg

回り込んで、尾根に復帰
0010_20180122231354699.jpg

あともう少し・・・なんだけど、久々の急登に牛歩戦術
0011_20180122231355fda.jpg

登って来た尾根を振り返る。
0012_20180122231357fad.jpg

ひたすら牛歩・・・・
0013_20180122231359fee.jpg

やっと頂上だ~
先行者がいましたよ。目の前に武尊がどーんと構えてます
0014_20180122231400ee2.jpg

獅子ケ鼻山のピーク。
両側が結構切れてます。
0015_20180122231450b21.jpg

まずはパノラマで。(クリックしてね)
武尊から剣ヶ峰。以前歩いたコースが良く見える。
0016_2018012223145144c.jpg

剣ヶ峰をズームしてみると、何人もが良く見えた。
0017_20180122231453523.jpg

武尊山。
Bの持ってきた双眼鏡を覗いたら 山頂には沢山の人が見えた。
今日は、川場スキー場からのコースはかなりの人が入ったんじゃないかな。
0018_20180122231454689.jpg

谷川方面や新潟方面は雲の上に少しだけ頭をのぞかせてた。
0019_20180122231456711.jpg



山頂を整地して、今回も鍋をやりましょう。
今日は風もなく非常に穏やかでツエルトを被る必要がまったくありませんでした。
0020_20180122231546462.jpg

茄子のすいとんをBが作ってくれましたよ。美味しかったです。
0021_20180122231548730.jpg

なんだかんだと山頂に一時間以上いました。
この時期にツエルトも被らずのんびりできるなんて、驚きです。なんたって、歩いていると暑くてたまりませんでしたから。
さあ、いいかげん重い腰をあげましょう。
0022_201801222315493bf.jpg

下っていく尾根の先には玉原湖がみえる
0023_20180122231551aa9.jpg

じゅうぶん楽しんだ山頂をあとに、どんどん下りますよ。
0024_20180122231552d36.jpg

鹿俣山を越えたところで、夏道方面に下り右手にスキー場を見ながら林の中を行きます。
0025_20180122231642a36.jpg

タイム:リフト降り場9:17-鹿俣山9:35-10:10~10:20-獅子ケ鼻山11:35~12:50-鹿俣山13:53~14:10-駐車場15:20

積雪期限定の獅子ケ鼻山へ、リフトを使うというちょっと軟弱ではありましたがなかなか良いコースでした。
結局この日は、我々と先行者の男性一人の計三人だけでした。
天気にも恵まれ、冬の山頂に1時間以上も滞在するなんてめったにないような事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 00:20:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ