FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
326位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

磐梯山東稜
積雪期限定ルートで南東北の頂へ

2018年3月17日(土)

P3170080.jpg

二月三月と山に入れない日々が続いた。
一度入山するも雪崩に遭遇、撤退させられる羽目になる。


Aの繁忙期も落ち着き
雪床も硬く締まる頃となったので、前から歩いてみたいと思っていた
磐梯山の雪ルートへ行ってみた。


この土日が今冬最終営業となる、
猪苗代スキー場ミネロゲレンデのリフトを使って
比高600mを稼ぐ。

ミネロ第4リフト終点から歩きだす。
P3170001.jpg

ここは既に最初に踏む赤埴山の山頂の一角だ。

P3170004.jpg


木々を避け避け30分で赤埴山のピークに達する。

P3170007.jpg

ここで前方を歩いていた女性二人組に追いつく。
ゲレンデ下から登ってきたとのことで
ここまで二時間半はかかっただろう。

沼ノ平と磐梯山の全様が姿を現すが
ガスが取り巻いていてハッキリとしない。
P3170010.jpg

東稜への取りつきは鏡ヶ池まで下りてからのルート取りとなるが
我々は手前からショートカットして尾根に乗る。
0006_2018032108531284b.jpg

天気図的には、列島は大陸高気圧の右端に位置するので、
好天のはずなのだが、雪もちらついて視界が悪い。

右側には東壁が急峻に立ち上がり
ダイレクトルンゼの入り口が見えている。
P3170013.jpg
今日は誰も取り付いていないようだ。

気持ちの良い雪稜が続く。
0007_201803210853141e0.jpg

P3170021.jpg


一瞬のガスの晴れ間を狙って
P3170029.jpg

樹林限界の1650m下でストックからピッケルに持ち替える。
ここからは傾斜がきつくなり、南尾根に突きあげる直下では雪壁となる。
東稜は山頂直下で南尾根から派生する支尾根だ。

急傾斜にさしかかり、抜きつ抜かれつしていた女性二人組に追いつく。
0008_2018032108531575e.jpg

乳白色の中、幻想的な雪の情景が続く。
P3170037.jpg

P3170035.jpg

0009_2018032108531798f.jpg


JPでは下山時に南尾根に引き込まれないように
赤布の目印を付けた。

P3170038.jpg

分厚い雪庇が大きく割れて口を開けている。
P3170039.jpg

山頂直下、右の雪庇と左のシュルントに落ちないように足を置く場所を選ぶ。
0011_2018032108531889f.jpg

白い幕の先に突然山頂が現れる。
P3170054.jpg



P3170040.jpg

裏磐梯方面から上がってきた登山者で賑わっていた。

P3170048.jpg

せっかく南東北の展望台に上がってきたのだから
ガスが晴れるのを待ってみることにする。

一段下りた所でザックを下ろし、ツェルトを被ってモグモグタイム(笑)
時折、ナイロン幕が明るくなり日が差してきたことが判るが
外でワァ~とかキャ~とか言わないので
未だ視界は無いのだろう。

しかし、ツェルトの中は暖かい。
外とはまるで別世界。
猛吹雪でのビバークでも、これを被っていたら一晩は死ぬことはない。

外を覗くと
0004_201803210853119a3.jpg

撤収準備をして再びピーク上。
西側からは次々とガスが上がってきて
上越方面は視界がない。

それでも一瞬だけのガスの切れ間にパチリ!
うっすらと檜原湖も見えている。
0003_201803210853109ef.jpg

さてさて下山しましょうか。
P3170070.jpg

P3170075.jpg

登りに視界が無かった分、帰路は写真を撮りまくる。
P3170071.jpg

JP直下の雪壁のクライムダウン
P3170085.jpg

猪苗代湖と那須連山
P3170101.jpg

安達太良連山遠望  右から和尚山 本峰 鉄山 箕輪山
P3170082.jpg

P3170105.jpg

南尾根の北斜面は雪が切れている。
このルートも来週には藪が出てしまうかな。
P3170106.jpg

P3170109.jpg

0012_20180321085320c4e.jpg

P3170113.jpg

P3170116.jpg

赤埴山から
帰りはスッキリと見えました。
P3170120.jpg

こぶこぶ斜面のゲレンデ横をヘロヘロしながら下る。

下山後のミネロゲレンデの駐車場から。
ゲレンデトップのもっこりしているピークが赤埴山。
0013_20180321085321e2d.jpg

タイム:ゲレンデトップ9:15-赤埴山9:40~9:50-磐梯山頂11:50~12:50-赤埴山14:15~14:25-駐車場15:45
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

福島(雪) | 23:12:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ