FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

浅貝スキー場跡から大源太山
同時期とは思えない積雪量の差!

2018年3月31日(土)

久々の泊りの雪山に行こうと、意気込んで金曜の夜発。
途中のS.Aにて車中泊の準備でBがエアマットを膨らましているのを見て ガ~ン!!「持ってくるのを忘れた」事に初めて気付く。
雪のテント泊で銀マットだけで寝るのもなあ・・・ザックの上に乗って寝るのもなあ・・・と すっかり気力が萎えてしまう。
Bも本調子でないので、日帰りの転進には反対しなかった。
ただ、地形図も持ってないので知っている場所の案を出し合う。 
前回は頂上まで行かれなかったから、今回リベンジって事で昨年の同時期に行った浅貝スキー場跡から大源太山。


0001_20180402235319225.jpg



国道脇のスペースに駐車し、今回は別荘地ではなくスキー場跡から行ってみる。
しょっぱなから、昨年に比べはるかに雪が少ない事がわかる。
(昨年の記事)
0002_20180402235321b88.jpg

適当に登って、夏道の登山口に合流
0003_20180402235322dfd.jpg

尾根に乗ってしばらくしてやっと雪が出てくる。
とは言うものの、結構夏道がでている
0004_20180402235324f98.jpg

前回と違って晴天!これから登る尾根が良く見えるが 前回雪庇が凄かったのに こんな程度とは・・・
0005_20180402235325ced.jpg

鉄塔の向こうに平標が見えてくる。
0006_20180402235414c04.jpg

一旦軽く下る
0007_20180402235415497.jpg

尾根の上から展望が開け、稲包山、浅間山が見える。富士山も頭が見えたが写真には写らなかった
0008_20180402235417b99.jpg

前回は大きな雪庇が出来ていた尾根も、この通り
0009_20180402235418f95.jpg

三角山への最後の急登
昨年は、ワカンを付けても笹の踏み抜きに苦労したところだ。
今回は雪が硬く締まっているので、アイゼン歩行で歩きやすいが ふくらはぎパンパンの牛歩戦術
0010_20180402235515136.jpg

三角山到着
そうか、こんなに展望が良かったのか~
0011_20180402235517895.jpg

前回掘りだしたプレートは掘らないでもでている
0012_2018040223551899b.jpg

大源太山頂は、こんなに近かったのね。
夏道と違って、三角山から直登出来るのが積雪期の良い所
0013_201804022355209d1.jpg

割れた雪庇
0014_20180402235521af3.jpg

ときどき踏み抜きながら頂上へ向かう
0015_201804022356111dc.jpg

三週間前にBが大源太を遠望した時 真っ白だったらしいがかなり木が出ている
0016_201804022356125ea.jpg

苗場スキー場をバックに
平標方面から単独男性がやって来た
0017_20180402235614ec7.jpg

夏と違って頂上はすっきりとして展望抜群
平標~仙ノ倉の素晴らしい姿
0019_20180402235617f4e.jpg

パノラマ写真(クリックしてね)
0018_201804022356157c7.jpg

谷川も先週は真っ白だったのに、すっかり黒い部分が増えたな
0020_20180402235711db0.jpg

苗場山の平らな姿
0021_20180402235713187.jpg

三角山から三国山への稜線
0022_2018040223571451b.jpg

上州武尊の奥には日光白根が見えた。やはり随分と黒っぽくなっている
0023_20180402235716f60.jpg

谷川方面からどど~ん、と雪崩の音が響いていた
0024_20180402235717324.jpg

皇海山の三角も確認できた
0025_20180402235812ba6.jpg

鍋もやっていないのに、あまりの展望の良さと暖かさで またもや1時間ほど頂上に滞在。
さて、いい加減降りましょうか
0026_2018040223581364c.jpg

気温も高く、汗をたくさんかきました。鉄塔のあたりも昨年とは打って変わって木がでていましたよ
0027_20180402235815c3a.jpg

タイム:駐車スペース7:25-三角山10:20~10:40-大源太山11:05~12:00-駐車スペース14:00

今年は大雪だったと思っていましたが、その後の降りが少なかったのか 最近の暖かさが続きすぎているのか残雪が非常に少ないようですね。
今年は、GWにはもうどこも夏道になっちゃっているんじゃないかなあ。
大汗をかいたので 猿ヶ京のまんてんの湯で汗を流しました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

新潟(雪) | 00:10:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する