FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

天丸山 北尾根
恒例、春のツツジの山へ

2018年4月21日(土)

0003_2018042213413422a.jpg

今年は、季節の前倒し感が強く
桜の開花が半月程度早かった。

ならば
例年GW明けの週末に訪れている、西上州の
ヤシオツツジも早いのだろうと思い、会いに行ってみることにする。


ルート選択でいろいろと迷ったが、
5年以上前に訪れた、天丸山周辺のツツジが奇麗だったので
今回はプチ・バリエーションで北尾根を登った。

P4210002.jpg

国道299から野栗川右岸の林道を入り
民宿すりばち荘の脇を通過する。

この林道「上野、大滝線」は斜面からの落石が多く
アスファルト上に握りこぶし大の石がゴロゴロと転がっている。

ドライバー向けに「道路上の石は片付けてください!」
との立て看板があったのには笑えた。

天丸橋を左に見て更に進み、社壇乗越の路肩スペースに車を置く。
ここより、駐車した車の後ろの斜面を登り尾根に乗る。
0002_20180422134132605.jpg

このルートは天丸山の山火事以前には、正規ルートとして
歩かれていたようだ。
うっすらとトレースが見え隠れする。

20分ほど歩くと最初のP1の頭に出る。
P4210008.jpg

測量用のTP杭が無残にもかみ砕かれていた
P4210009.jpg
歯でも痒いのだろうか?熊はこういったものをよく噛み砕く。

やがてツツジがちらほらと姿を見せ始める
0006_201804221343054ed.jpg
この山域は、おおむねミツバツツジとヤシオツツジの植生のようだ。


P2の頭へ至る登り
0005_20180422134304871.jpg

傾斜は強いが木の根を掴みながら簡単に登れる。
P4210016.jpg


P2の頭付近ではヤシオツツジが咲き乱れていた。
P4210021.jpg

この花は紛れもなく西上州の春のシンボルですね。
P4210025.jpg

再び雑木林の尾根を進みP3への登りにかかる。
薄暗い斜面から岸壁を右のルンゼから巻き
再び尾根に乗るとP3。
0009_20180422143046c20.jpg
P3の下りでロープを出すことにして、ここでハーネスを装着する。

P3の頭から見た天丸山本峰。
0010_2018042213460591f.jpg


P3は西側を巻き気味に下りて、最後の岩稜フェースは懸垂で下りる。
0011_20180422134606f47.jpg

P4210046.jpg

尾根は再び、このようなたおやかな姿へと変わり
0014_20180422134608e81.jpg

いよいよ本峰への登りとなるが
どう取り付いていいか非常に苦慮する斜面と倒木帯。
P4210048.jpg
このような時は目線を上に上げずに地べたに張り付かせる。
大方、人が歩いたトレースというものは痕跡として残っている。

それを頼りに右へ左へと分け入ると
大きな倒木の下へ導かれた。
0015_20180422134611c89.jpg
倒木の下を潜ろうと姿勢を低くすると
腸内細菌によって分解された固形物の異臭が鼻を衝いた。
見ると、鼻先10センチに動物の黄金が…(泣)

まったく意地悪をされているとしか思えない
このトラップを避けて、左へ5mほど藪をかき分けて
倒木を跨ぐ。

大きなフェースに突き当たる。
0016_201804221346127f5.jpg
手がかりを探しながらこの壁をクリア。

P4210052.jpg

再び細くなった尾根に上がる。
0017_2018042213461435e.jpg

振り返ると先ほど居たP3と、遠くには新雪を纏った浅間が見えた。
P4210050.jpg

前に立ちはだかる馬酔木(あせび)の藪をかき分けると山頂に出た。
P4210059.jpg

山頂は四方が低木に囲まれていて展望が無いので
西側に張り出した岩棚の上でワンパターンのワンターンを楽しむ。
0019_20180422134719de6.jpg

天気予報では今日は下界は30度付近まで気温が上がると言っていた。
ここは標高が1500あるが、それでも暑い。
山頂からは八ヶ岳や北アルプスもうっすらと見えている。


下山は一般ルートで県境尾根に出て
西へ向かい、馬道のコルから馬道経由で社壇乗越まで戻ることにする。

前回訪れた時も悪い下りは懸垂で下りたので
今回もロープを使う。
くの字に曲がったフェースを2ピッチに切ってのラッペル
P4210065.jpg

P4210072.jpg

P4210075.jpg

この後ロープを仕舞い、春風に吹かれながらのんびりと歩く。
P4210081.jpg

0021_20180422134926747.jpg

馬道に入ってから芽吹きだした新緑にうっとりしながら歩くと
カモシカと遭遇する。

慌ててカメラのスイッチを入れるがシャッターを切った時には
カモシカは視界から消えていた。




今回、花の盛りを逃すまいと
慌てて来ましたが、満開には少し早かったみたいです。
この天候が続けばGW前半の頃が良いかも。

P4210077.jpg


天丸山北尾根

タイム:駐車地 8:00-P2手前8:35~8:50-P39:25~9:35-天丸山10:30~11:35-駐車地13:40
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 21:39:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する