FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

大源太山
大源太山
2008年6月28日(土)

梅雨時の天候が良さそうな地方を天気予報で探し、以前より気になっていた新潟の大源太山を訪れた。
4時半に出発し、いつものようにETC割引の裏技を使用して湯沢I.C.を降りる。
7時半には登山口のある林道終点に到着。すでに7台ほど車が止まっている。
歩き始めてしばらくすると、しっかりした金属製の橋を渡る。登山口から25分ほどで渡渉点。トラロープが渡してある。
tosyou.jpg




沢を渡ると 急登が待っていた。ひたすら登る。今日は湿気があり、樹林の中は風も無く 非常に汗をかかされる。
nobori.jpg

尾根に上がると、気持ちの良い風が吹いてくる。写真で見た大源太山の頂上が見える。
振り返ると湯沢の町のマンション群も見えた。何箇所か鎖のついた岩場があるが 心配するような場所では無い。
cyoujyou.jpg

最後のひと登りをするとひょっこりと頂上に出た。朝日岳方面も見える。日も出て暑い。
当初は、大源太山だけピストンするつもりだったのだが、登山地図の時間がかなり多めに書いてある事が分かったので 七ツ小屋山を回って行く事にする。
daicyou.jpg

頂上直下には 何箇所か鎖の付いた岩場がある。ちょっとズルズルするところもあった。
七ツ小屋山への登りの途中、振り返ると「上越のマッターホルン」と言われる 大源太山の姿がなかなかカッコ良く見える。見る方向により、形が全く違う山である。
hurikaeri.jpg

馬蹄形の縦走路の分岐を過ぎると 七ツ小屋山頂上だ。大源太頂上から1時間弱。
ここで休憩していると汗をびっしょりかいた 水だけしか背負っていなそうな「トレイルランナー」のお兄さんがやって来た。彼は、簡単なパンフレットのようなものしか持っていないようで、しかも、自分が何という山を越えてきたのかも良くわかっていない様子だった。
nanatu.jpg

お兄さんは、あっという間に 笹原を下って走って行ってしまった。(写真真ん中辺の稜線上の黒い点がお兄さん)
ryousen.jpg

七ツ小屋山から分岐までの草原は とっても気持ちの良いところだった。しかも、色々な花が咲いていた。珍しく花を撮影しまくった。
ハクサンチドリ(だと思う)
chidori.jpg

ミヤマリンドウ(だと思う)
rindou.jpg

池塘は かえるの卵で埋め尽くされていた。キモチワリー!!
kaeru.jpg

七ツ小屋山から分岐までの笹原の道。
sasahara.jpg

うつぎ。つぼみのピンク色がとってもかわいい。
utugi.jpg

あかもの。秋になると赤い実がなり 食べられるそうだ。
akamono.jpg

蓬峠小屋への道を分けて 分岐を「謙信ゆかりの道」へ入る。なだらかな下りには ニッコウキスゲやハクサンシャクナゲが咲いている。
kisugemichi.jpg

七ツ小屋山から1時間ほどで シシゴヤノ頭。ここからは樹林の下りに入る為 最後の展望を楽しむ。古い地図を見ると このシシゴヤの頭から足拍子方面への道がついているが すっかり廃道になっているようだ。
sisigoya.jpg

あとは 樹林の中のジグザグ道を1時間程下り、最初の金属製の橋のところに出る。ここの沢でしばらく休憩して顔を洗ったり涼んだ。
ここから駐車場までは10分もかからない。

たっぷりかいた汗を流す為、湯沢の「駒子の湯」に寄り 駅前のラーメン屋で またまた「酢」を大量に摂取して帰路に着いた。
コース変更により、思いがけず かわいい花をたくさん見られた 楽しい山行だった。
女性二人組の方に 花の名前を教えてもらったおかげで 今回の写真に解説が付けられました。ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

新潟 | 21:44:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ