FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
282位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

六角牛山(ろっこうしさん)
遠野の街を見渡す山頂からは何も見えず

2018年5月5日(土)

0011_20180509095008ff0.jpg
後半のGW
天候が悪いのは判っていたが、毎度のこと「てくてく隊」は東北を目指す。

現地で最新の天気図を入手するも、奥羽山脈から日本海側は何処も全滅。
ならば、幾分低気圧や前線の影響を受けない太平洋側へと逃げることにする。




早池峰山と共に、柳田国男の「遠野物語」にも登場する六角牛山は、
山に囲まれた遠野の街を一望できる展望台だ。

5日の早朝、峠登山口に入る。
駐車している車は無く、本日一番乗りだ。
P5050007.jpg

駐車スペースから六角牛の山頂が見えるはずなのだが
ガスの中で確認できない。

朝方まで降雨があったため
レインパンツを履いて、スパッツまで装着する念の入れようで歩きだす。結構寒い。
P5050008.jpg

東北地方にありながら、この山域はブナの木が少なく
ダケカンバやアスナロが多い植生。

休石(四合目)
P5050010.jpg

苔の生えた岩がゴロゴロとしていて歩きにくく
北八ヶ岳の樹林の中みたいだ。
0004_20180509094821d46.jpg

いよいよガスが雨粒に変わったので合羽も着こで先へ進む。
樹林限界が近づき高木の背が下がってきた。
0005_201805090948239e9.jpg

稜線に乗ると間もなく朽ちた避難小屋。
笹が生い茂り入口に近づけない。
P5050011.jpg

この先に残雪を見ながら進むと山頂に上がった。
P5050017.jpg

山頂にも朽ちた避難小屋がある。
目線の先には遠野の街並みの広がりと
早池峰山の遠望が約束されているはずなのだが、ご覧の通り。
P5050018.jpg

冷たい北東からの風が吹き、寒いので写真だけ撮って下山にかかる。
P5050014.jpg

P5050019.jpg

稜線から樹林帯へ入る直前で、一瞬ガスが晴れた。
(遠野の街並み)
P5050023.jpg

下山時に3組のハイカーとすれ違う。
比高600m、3時間に満たない行動時間の山は
登山者の繰り出しも遅めのようだ。

タイム:駐車スペース6:55-七合目7:40~7:50-六角牛頂上8:25~8:40-駐車スペース9:35
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

岩手 | 23:44:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ