FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
336位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

男体山トレーニング
何度目の正直?大展望!

2018年7月22日(日)

6月に遊歩道を歩いて以来、先週の連休に「なんちゃって沢」(記録アップするか未定)も殆ど歩いていないし 体調不調やら色んな用事やらに紛れて、すっかり山から遠ざかり状態。
これじゃいかん!と、トレーニングがてらに手近なところの日光男体山に行くことにしましたヨ。
もちろん、連日の猛暑なので できるだけ涼しいうちにピストンしてこようと、前夜に歌が浜の駐車場で車中泊。
下界ほどではないけど、大して涼しくはなかった。

0015_201808012234173b7.jpg



暑くならないうちに出発するため、神社下はまだこんな感じ。
門が開く前の入山なので、ちょいと脇から。
0001_20180801223445d6d.jpg

爽やかな鳥のさえずりを聞きながら、グリーンの中を登っていく。
0002_201808012234471ae.jpg

かったるい林道歩きを終え、四合目から登山道になり、ひたすら登りの一本調子を行くと七合目の小屋。
いつだったか、梅雨時にやはり歩荷訓練と称し 雨の中ここまで登った事を思い出す。
小屋の周りに落ちている石のいくつかは、その時持ち上げたものじゃないの?とBと話す。
このあたりで、後ろからトレランのお兄さんが上がってきてあっという間に抜我々を抜いていきました。
0003_201808012234498b2.jpg

振り返ると中禅寺湖が綺麗に見えてきた。
その先には、中倉山周辺のがれた山肌が見える。
0004_201808012234505e3.jpg

最近非常に登りで息苦しく、Bにどんどん距離をあけられてしまう。
やっと、頂上近くのザレ歩きの場所になってきましたよ。
ここを歩いていると、男体山が火山だとよくわかる。七千年前に最後の噴火をしたため活火山認定されたのは最近の事。
0005_20180801223452c6a.jpg

山頂の一角に到着。振り返ると素晴らしい光景!
男体山には、過去数回登っているが いつもガスってしまっていてこのような景色が丸見え状態はAにとって初めて!!
0006_20180801223556917.jpg

とりあえず、三角点のある剣の裏まで行ってみましたヨ。
0007_20180801223558384.jpg

日光白根方面もばっちり見えますよ。
.0008_20180801223559a23.jpg

軽く下って、太郎山神社の一角でランチタイムとします。
目の前がこの光景ですからね。日差しは暑いけど、爽やかで気持ちいいです。今頃、下界は灼熱地獄でしょう・・・
0009_201808012236018ec.jpg

日光白根をズーム!白根隠山も見えますね。
0010_201808012236024e2.jpg

パノラマで(クリックしてね)
0011_20180801223855de5.jpg

さーて、ずいぶんと休憩したので腰をあげます。
太郎山。ずいぶん前に行ったきりだなー
0012_20180801223856062.jpg

女峰には雲がかかっていた
0013_20180801223858908.jpg

さてと、灼熱地獄へ下山します。
下りでは、登ってくる人にたくさん会いましたヨ。この時間からじゃ、さぞかし暑いでしょう。
暑さに弱いてくてく隊(特にA)は、下りで暑くて暑くてフラフラしました。
昼前の下山だったため、やしおの湯も空いていました。が、冷房が壊れていたため 早々に車に戻りました。
0014_2018080122385933d.jpg

タイム:駐車場4:30-四合目5:35~5:50-七合目6:45~7:00-山頂8:05~9:20-七合目10:00~10:15-四合目10:50~11:00-駐車場11:40
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 18:02:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する