FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2942位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
201位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

虎毛山(山頂に至らず)
集中豪雨の爪痕

2018年8月12日(日)

0014_20180819185043451.jpg
(泥湯三山 高松岳から遠望する虎毛山)

8月5日にあった山形 秋田集中豪雨の影響は
一週間経っても色濃く残っていた。

11日の夕方、鳴子温泉に入り野営
翌朝は早めに登山口となる赤倉沢林道の虎毛山登山口に向かう。


国道108号線から役内川右岸の林道へ下りるも
アスファルトの上に土砂や灌木があり、流れる水も濁っている。
集中豪雨から一週間が経とうとしているのにだ。

これは、この沢の特徴なのかと思っていた。
0002_20180819090741cf1.jpg
車は役内川と赤倉沢の出合まで入れる。

河原の虻の猛攻を避けるべく、身支度は野営地で済ませてきたので
ザックを背負いすぐに出発。
林道入口には、車両通行止めの看板。登山ポストもここにあった。
0001_20180819090743573.jpg

赤倉沢林道へ分け入るが虻は出てこない。
異常なほど早かった梅雨明け、その後の猛暑が7月に訪れたために
例年なら、お盆の頃に一番活発になる虻の産卵期は、既に収束してしまったのだろうか?
20180812_055314.jpg

旧道108号の下を潜る。
0003_20180819090745337.jpg

所々、道路が削られて崩れている。
20180812_060550.jpg

最奥の駐車スペース。
今年の6月に歩かれた記録では、ここまで車で入っている。
0004_201808190907504cd.jpg

看板の左手ですぐに支沢を渡るが、ここには木製の橋がかかっていたはずだが…
0005_20180819090751a6b.jpg

その先、150mほど進むと
ご覧のように林道が分断されていた。
20180812_063542.jpg

2本のオレンジラインの内側が林道があったと思われる部分。
蛇行する沢のカーブの外側の部分がことごとくえぐられている。
ここでは増水の後、完全に水の流れが変わってしまっている。
0010_201808190907549cb.jpg

左岸の藪に逃げてグズグズの斜面を下りて振り返る。
こういうのを土庇というかは知らないが、オレンジ矢印の下はえぐられて空洞だ。
0006_201808190907560e4.jpg

水流カーブの外側に有ったと思しき直径30センチもあるブナの残骸。
20180812_063548.jpg

ここは。流れが変わって林道上が水線になっていた。
0007_20180819090759644.jpg

そして、今回我々が撤退を決めた倒壊地点。
20180812_062828.jpg

ここもカーブの外側に位置していて、擁壁の手前は全て流されている。

水線から林道までは2m弱あり赤い矢印の部分は上部が被っていて登れない。
突っ込むならオレンジ矢印だが、手前の水流を膝まで水没させていかなければならない。

擁壁の外側を巻くことも考えたが
その上のフェンスから林道へ下りるにはロープがいる。

散々考えたが、ここをクリアしても赤倉沢渡渉点まで、
あといくつ倒壊地が出てくるか分からないし、
そもそも赤倉沢を渡渉できるのかも怪しい状況なので引き返すことにした。
20180812_062556.jpg

この日は日曜日だったので
翌日に湯沢市役所の観光課に状況を伝えておいた。

秋の紅葉に間に合うように修復されればよいが無理かなぁ。

※8月17日付けで 湯沢市役所よりお知らせが出ていました。
湯沢市役所のお知らせ
被害状況のPDFを見ると、我々と同じ場所の写真が載っていますね。
当分復旧しなそうですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

秋田 | 21:05:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
豪雨後の林道
お久しぶりです。
 昨年秋に歩いた林道が、これほど荒れたとは・・・、途中撤退で正解ですよ。
 会津朝日の林道も全面復旧まで4年かかりましたし、本名御神楽の林道も昨年夏の土砂崩れから通行止めのまま、金城山の雲洞コースも土砂崩れで地形が変わって道筋もなくなって・・・。
 集中豪雨で登山ルート&林道に影響が出ることが、年々、増えそうな気がします。
2018-08-22 水 21:13:16 | URL | mikagemori [編集]
mikagemori 様

ご無沙汰しております。

本当に仰るとおりですね。
近年の日本は温暖化のために亜熱帯化しており
この傾向は年々大きくなっていくのでしょう。

好きな沢登りも、行こうとしているエリアの
渓相が荒れてしまっているとう情報が入るので、
足を向けていない状況です。

虎毛を下山している最中に
前日に神室山を登ったパーティーに会いましたが、
沢筋の西ノ又コースも、見るも無残に倒壊していて
怖い思いをしたと言ってました。

これから秋山のシーズンに入るのに
残念です。
2018-08-23 木 09:14:56 | URL | てくてくB [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ