FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

雪の浅間山
浅間山

2008年4月27日(日)

4月27日(日)
どんよりと曇っている中、浅間山荘登山口を六時過ぎに出発する。
しばらくは川沿いの林道を歩く。途中から少し雪が出てくる。だらだらとした登りで一の鳥居、二の鳥居を越えていく。
1_20121121213550.jpg




温泉のキツイ匂いがする場所を通り、赤茶色の沢を渡ったすぐ上が火山館だ。管理人さんが雪かきをしていた。
ここには綺麗なトイレがある。
2_20121121213550.jpg

この先、本当なら左右に火山特有の岸壁が見えるはずなのに ガスがかかっていて何も見えない。ひと月前に登った黒斑山もガスの中だ。
林の中に入ると、風も収まって静かだ。森林限界に近づく頃 ガスが切れ始め浅間山が見えてきた。やっと、青空が覗いてきた。
待ってました~!!アイゼンを装着する。

3_20121121213549.jpg

風がビュービュー吹く中、ひたすら雪面を登っていく。ガスはどんどん無くなり、青と白のコントラストが素敵!!
アタシが待っていたのは こ・れ・な・の・よ!石が出ていなければ スキーで滑ってみたいなあ。
10_20121127212613.jpg

ヒィヒィしながらも、周りの景色が見ながら楽しく苦しく登る。鬼押し出しも見える。
7_20121121214013.jpg

夏道どおりに登り、外輪山の肩に出る。
4_20121121213549.jpg

浅間山の本峰は噴煙を上げている。
5_20121121213548.jpg

頂上をピストンして、シェルターで休憩。昨年の夏来たときには 半分潰れた鉄板のシェルターがあったが、それは撤去され 厚さが30センチ近いコンクリート製の新しいシェルターに替わっていた。
独立峰だけあり、風も強いので下山する。といっても、風には冬のような冷たさはもう無いですね。日が出てきたので雪もだいぶ腐ってきている。
途中ですれ違った人達は アイゼンもピッケルも持っていないようだった。登るのはいいけど、下り大丈夫なんだろうか?しかも布靴だし。
滑落する事とかって 想定しないんだろうか?

登りの時には見えなかった黒斑山も全て見えている。先月黒斑山に登った時 浅間のすだれが一瞬見えた!と喜んでいたトーミの頭も
今日は下から良く見えている。
6_20121121213548.jpg

標高差1000メートル程あるので、それなりに疲れてしまったが、浅間山荘で赤茶色の温泉に入って体をほぐし 家路についた。
夏の浅間山も、思いがけず静かで良かったが 雪の浅間山もなかなか美しく良かったですよ。
山は、季節により色々な表情を見せてくれるんだな。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

群馬(雪) | 21:18:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する