FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

黒岩(日光)
女峰山への直登ルートを途中まで

2018年10月6日(土)

今年も体育の日の連休に、秋田の森吉に行く計画だったが またもや台風が来るという何とも腹立たしい天気予報のためあえなく計画は中止となった。
中日の日曜日が、台風の影響がでそうだという事なので とりあえず土曜日に近場で様子見しようという事になった。
このルートは、6月に一度計画したのだが 登りはじめでAが膝の痛みを訴えて中止となってしまっていたのでリベンジという事ですよ。

0001_20181011231304e66.jpg



東照宮裏の滝尾神社手前の駐車場に着くと、周りはしっとりと秋の感じがしていた。
0002_20181011231306495.jpg

行者堂の横から登山道が始まる。
0003_20181011231307c07.jpg

「女峰山」という標識の横には、東照宮の一角だからだろうか とても立派な木があったりする
0004_2018101123130846c.jpg

植林ぽい中をユルユルと登って行くと、一旦林道に出会う。さらに針葉樹の中を登って行く
0005_201810112314107f3.jpg

やっと空が開けてきた。イイ感じに青空が広がっている。
一休みして、ふとBが足を見ると、なんとヒルにやられて靴下に流血しているではないか!!
まさか、このルートにヒルがいるとは・・・・
0006_201810112314129c7.jpg

気を取り直して、笹原の中を進んで行く。進みながらも ヒルがくっついていないかとたえず足元をチェックしながら。
0007_20181011231413a40.jpg

稚児ケ墓というのがあった。石仏はあったが 地図には書いてある祠はどこにあるのかな?
0008_20181011231415baa.jpg

こんな感じの笹の中をダラダラと行きますよ
0009_201810112314165ff.jpg

振り返ってみると、雲海が広がっていた。
0010_20181011231514905.jpg

標識の所が水場入口。水場にはいかなかったがちょいと一休み。
明るい笹原なので、心も晴れ晴れ~ってはずなのだが ヒルの洗礼を受けてしまったために ちょっと気分が晴れない
0011_20181011231516166.jpg

顔を左に向けると男体山も見えてきた
0024_20181015234530988.jpg

笹原から樹林の中に入っていくと、白樺金剛の看板。でも、周りには白樺らしいき木は無いようなのだが・・・・なぜ??
0012_20181011231517167.jpg

樹林の中は、結構笹が深くズボンもびしょ濡れになった。
再度、樹林が切れて秋らしい木々の色づきが始まって来た
0013_201810112315190e8.jpg

男体山をバックに、色づいた木々。
0025_2018101523542355f.jpg

途中、トレランの3人に抜かされ岩っぽいところがでてきて上がったところが「八風」という看板のある展望台。
ちょっとガスが上がってきちゃったじゃないの・・・
0014_20181011231520f88.jpg

赤薙山方面。どんどんガスが上がって来た~
0015_201810112316185b9.jpg

その先のガラ場。
もう、すっかりガスに包まれてしまった(泣)
0016_20181011231620423.jpg

看板は、トラバースを指示していたのでピークを巻いて遥拝岩に到着。
う~ん、ガスガスで何も見えん!対岸の雲竜渓谷見たいと思っていたんだけどな・・・・
この場所、ちょうど風の通り道なので一段上がったところでBがカレーうどんをふるまってくれた。
Bが再度チェックすると、先程と反対の足も流血。やられた~
試しにAも、スパッツをとってみたら ズボンにヒルが付いていた(怒)幸い流血にはなっていなかったが、Bの敵とばかりに火あぶりの刑に処した。
0017_20181011231621cd1.jpg

一時間以上も頑張ったが、結局ガスは晴れないので帰りは黒岩のピーク経由で。
0018_201810112316221f3.jpg

良く言えば、幻想的
0019_2018101123162463c.jpg

落葉松金剛。って何でしょうか?
0020_2018101123172388a.jpg

少し降りると、ガスが切れて来た
0021_20181011231724c27.jpg

色づいてはいるのだが、発色が今一つですね。なんか、茶色く枯れちゃっている木が多い感じで
0022_20181011231726325.jpg

男体側はそこそこ晴れていたけど、赤薙側はすっかりガスってました
0023_20181011231727217.jpg

タイム:駐車場6:30-水場8:25~8:30-黒岩10:20~11:35-白樺金剛12:25~12:40-駐車場14:00

まさかのヒルロードとは!
鹿のせいなのでしょうかね。笹原の続く気持ちの良いルトなのに、ヒルがいるんじゃ楽しめないですね。
ヒル対策を怠らない方が良さそうですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 23:45:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ