FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
198位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

裏妙義グルリップ
久々のアトラクションを楽しむ

2018年11月10日(土)

ここのところ、用事だの天候の悪さだので 以前のような充実した山から遠ざかってしまっている感が続いている。
天気も良さそうだし、久々にスリルを楽しめるところに行ってみますか。
裏妙義は、横川から丁須岩のグルリップをAは高校生の時と30年近く前と二度行った事があるが、赤岩~烏帽子ルートへはお初。
歳をとってきてバランスも悪くなってきたので 万全の用意をしてGO!

0001_2018111923252155b.jpg



駐車場となる国民宿舎跡には すでに何台も車もあり テント組もいた。
0002_20181119232522601.jpg

林道を少し行くと、丁須岩への登山口となる。
駐車場に着く直前、二頭の鹿が慌てて逃げたのを見て、Bが鹿がいるからヒルがいるかもしれないと言う。
先日日光で、思いがけずヒルにやられたので 今回は山ビルファイターを用意してきた。さっそく靴に吹き付ける。
以前Aが裏妙義に来た時、同行者がやはりヒルにやられた。この地域には昔からヒルがいるのだ。
0003_20181119232524e02.jpg

右手の方に、星穴のような岩が見えた。妙義の岩は穴が開きやすいのかな。
0004_20181119232525163.jpg

アトラクションの始まり。
この後、鎖の登りがでてくる
0005_2018111923262316d.jpg

しばらく行くと、紅葉が綺麗な場所が出てきた。やはり青空のもとの紅葉はいいですね。しばし休憩。
0006_20181119232625e1b.jpg

0007_20181119232626015.jpg

先行者が、落ち葉の中の鎖場を上がっていく
0008_20181119232627ba3.jpg

一旦、横川からのルートと合流しなおも進むと鎖場。
写真は登ってトラバースするルート。我々はこちらを登った。
もう一つ、少し先の泥っぽい湿ったルンゼを直登する鎖場もあった。以前来た時の記憶が全くなかった。
0009_20181119232629fe4.jpg

久々に丁須岩の直下に到着。
高校生の時は、鎖場に慣れていなくてここに来るまでとっても怖かった記憶がある。女子高生達がキャーキャー言いながら登っていた遠い昔を思い出す。
0010_20181119232717db0.jpg

丁須岩の肩まで登って一休み。肩に上がると、この方向からは丁型は見えない。
0011_20181119232718470.jpg

素晴らしい展望が開ける。これから行く烏帽子岩方面。奥には、数年前に北陵から登った谷急山。
0012_20181119232720b87.jpg

目を転じると、数年前に二度行ったことがある星穴岳。
射貫穴が見えたが、二回ともむすび穴にしか行っていない。
0013_20181119232721d65.jpg

その先を進みましょう。この先はまだ行ったことが無い所ですよ。
0014_20181119232723d90.jpg

ちょっとした鎖場を降りたりして進むと、高度感のある絶景ポイントに出た。
赤岩の絶壁や烏帽子が良く見える
0015_2018111923281131e.jpg

浅間山も雲の上に頭をだしていた
0016_20181119232813d01.jpg

今回の一番の危険地点と思われる20Mのルンゼ。
もちろん、鎖はかかっているが私はこういう垂直の所をゴボウで降りるのは絶対不可です。握力に自信が無いので。
てくてく隊は、安全第一をモットーにしているので当然ロープを使い懸垂しますよ。
0017_20181119232814acb.jpg

0018_2018111923281608b.jpg

ロープを使えば、安心安全で楽々降りられます。
我々を待っていた男性二人組は、鎖で降りてきました。女性の場合は、握力が弱いからロープ使った方が良い場所ですね。
0019_20181119232817313.jpg

尾根の感じがとっても秋っぽい
0020_2018111923290560c.jpg

真っ赤な葉っぱがあったり
0021_2018111923290680d.jpg

赤岩の看板のところで一休み。
スズメバチが飛んできました
0022_2018111923290864b.jpg

先程の看板の先に赤岩の岩壁があるのですが、見上げたらスズメバチの巣がありましたよ
0023_20181119232909005.jpg

よく写真で見る岩壁のトラバース
足場と鎖があるので、慎重に行けば大丈夫。慎重派の私は、鎖にバックアップとりながら通過しましたよ
0024_201811192329119c0.jpg

アトラクションもほぼ終わり、平和な秋山を感じる
0025_20181119233002493.jpg

烏帽子岩も基部を巻く感じで通過。振り返ると やっぱり烏帽子だな~
0026_2018111923300475f.jpg

ズームで丁須岩
0027_20181119233005982.jpg

三方境でしばらく休憩。国民宿舎跡へ向かう登山道が落ち葉の絨毯がとっても綺麗だった
0028_201811192330070df.jpg

最後に正面に見えた岩場。あのどこかを歩いたのかな~?と一生懸命見たが わからずじまいでした。
0029_20181119233008371.jpg

タイム:国民宿舎跡7:20ー丁須岩9:55~10:15-赤岩11:05~11:15-三方境12:40~13:05-河原14:10~14:20-国民宿舎跡14:30

久しぶりにバリっぽいルートに行きました。
たまには楽しいですね。充実します。そして、久々に鎖場を登ったりしたので肩回りに筋肉痛がでましたよ。
若い頃は、怖いと思わなかったところも年をとってきたら怖く感じるようになってきたなあ。
その分、安全対策をできるようになったので、それでカバーすればよい訳ですけどね。Bが安全第一のタイプなので助かります。
数年前に谷急山の帰りに寄ったらやっていなかった峠の湯は再開していて、寄ることができました。
なかなか「のめこい」タイプの良い温泉でしたよ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

群馬 | 00:41:50 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
いや~スリル満点ですね!
紅葉が美しい!

あの手首の傷跡 
まだ残っています…(^_^.)
2018-11-28 水 18:54:02 | URL | ショコラ [編集]
あの時は、怖かった〜デスネ。
O先輩の滑落とか😅
手首は、ここじゃなくて十二ヶ岳じゃありませんか?
昔の記憶は鮮明なのですが😅
2018-11-29 木 13:58:56 | URL | てくてくA [編集]
え~そうでしたっけ???
十二ヶ岳?
記憶にございません (@_@;)
2018-12-04 火 09:51:51 | URL | ショコラ [編集]
富士五湖の西湖から登って毛無山経由で降りた時の、覚えてませんか?
最近の記憶はめっきり・・・なんだけど、若かりし頃の記憶の方がハッキリしてるのよねえ(汗)
2018-12-05 水 13:29:26 | URL | てくてくA [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する