FC2ブログ
 
■最新記事
■カテゴリ
■最新コメント
■月別アーカイブ

■訪問者数

■現在訪問者数

■クリックしてね!
■プロフィール

てくてく

Author:てくてく
いらっしゃいませ!

思い切り深呼吸したり
針葉樹の芳香臭にうっとりしたり
水と戯れたり
時にはドキドキしたり

日々の生活で
ささくれ立った心を癒すべく
てくてくAとてくてくBで
自然の中を歩きまわっています

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
394位
アクセスランキングを見る>>

■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

アド山
2019年1月20日(日)
歴史を残すマイナー低山
0010_2019021523100683d.jpg

天候の安定しない降雪地の山は諦めて
お日様登山ができる低山ハイクと決め込んだ今週末。

地形図を見ていると佐野市の北東部に「アド山」と書かれた
400mに満たないピークに目が留まった。

仙波集落と大久保集落に点在する石灰鉱山に
囲まれるように座っている。

調べると山頂は、かつての城跡で
麓にある金蔵院という寺院に縁のある城だったようだ。

超マイナーなこの山は
おそらく地元のハイカー以外に訪れる者はいないような気がする。



縁寺の金蔵院に車を置かせていただき
境内の裏側に落ちてくる尾根の末端に取りつく。
P1200006.jpg

アド山山頂ではなく、アド山城跡へ至るとなっている道標。
P1200007.jpg

鹿避けのネットを開けてくぐり尾根を上がっていく。
0002_20190215230914373.jpg

P1200009.jpg

標高が標高なのでアッという間に山頂へ着いた。
P1200010.jpg

ここが山頂? このスペースに天守閣が建立されていたというのは無理がないかい??
P1200014.jpg

東西へ尾根は長いが幅はせいぜい5~10mの間ぐらい。
それでも、ここより高い場所は無いのでここが山頂なんでしょう。
P1200017.jpg

山頂から見下ろす大久保集落
P1200012.jpg

東側には削り取られた山肌が痛々しい三峰山が見えている。
P1200011.jpg

のんびりと休んだので腰をあげましょう。
北東の方向へ向かって細長い山頂を進むと
0004_20190215230917fae.jpg

何やらルートに巻道があるようだ。
0005_201902152309180ed.jpg

巻かずに下ったらこんな感じの鎖が下がっていた。
0006_201902152309208a0.jpg

実際は写真で見るよりはるかに急です。
P1200018.jpg

落ち葉の下に隠れている石車に乗らないように慎重に
0007_2019021523092125a.jpg

一旦下って次の小ピークがここ。
城に向かって狼煙でもあげていたのだろうか?
0009_20190215231003da4.jpg

振り返るとアド山の山頂が…
って、ここでAがアド山の山頂にポシェットを忘れてきたとカミングアウト
0008_2019021523092365f.jpg
急いで取りに戻るがこれのロス時間は30分だった。


下山に使うサブコースとやらの分岐までやてきた。
鏡岩すぐそこ!と書いてあるので
せっかくなので観に行ってみることにする。
0014_20190215231027e1b.jpg

こういうすぐそこ!という表記は個人の主観の素に書かれているので
実に当てにならない。というか自身のそれとマッチしないことが多い。
実際に鏡岩までは10分以上歩いた。

以前、初めて秋田の由利本荘側から鳥海山を目指した時に
イオン湯沢店すぐそこ25kmと書かれた道路案内を見た時のことを
思い出して笑ってしまった。

鏡岩までの間にもう一つのピーク(トップ画像)を跨いだが
ここにも狼煙場と書かれていて、そのいずれも南側にある。
江戸方向からの刺客を警戒していたのだろうか?
そもそもこの城の城主ってだれなんだろう。

そして鏡岩。
0011_2019021523100882c.jpg

確かに、ここからはよく見張れる。
0012_20190215231009b68.jpg

P1200025.jpg


0013_20190215231024997.jpg

先ほどの分岐まで戻り下山することにする。
尾根伝いに下りて行き、やがて広い雑木林となると
P1200027.jpg


間もなく金蔵院の広い境内地が見えてきた。
0015_201902152310361b5.jpg

用水路を渡りガードレールを跨ぐと
短い山旅は終わった。
P1200029.jpg



下山後に大久保集落にある「宇津野洞窟」を見学して帰路に着いた。



 駐車場10:45-アド山11:20~11:40-のろし台12:00(忘れ物に気づく)-
アド山12:17~12:36-見晴らし13:05~13:15-かがみ岩13:20~13:25-駐車場14:00
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

栃木 | 23:09:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ